バビロンA.D. - 福本次郎

荒廃した街並み、岩山の修道院、死の灰に覆われた放射能汚染地域、ツインタワーが復活したニューヨーク。近未来の地球は、やや発達したテクノロジーの反面、道徳は地に堕ち、人間そのものの生きる力を試されているかのようだ。(50点)

バビロンA.D.

© 2008 Twentieth Century Fox

 ゴロツキどもがうようよする荒廃した街並み、人里離れた岩山に掘られた修道院、死の灰に覆われた放射能汚染地域、そしてツインタワーが復活したニューヨーク。舞台となる近未来の地球は、東欧からシベリアを経て米国に移動する過程で、暴力による混沌からより洗練された支配に変貌を遂げる。そこでは、現在よりはやや発達したテクノロジーの反面、道徳は地に堕ち、人間そのものの生きる力を試されているかのよう。そんな時代を自らの頭脳と肉体だけを頼りに生きてきた傭兵が、新たな任務で人類の行く末を予見するかのような事件に遭遇する。

この映画の批評を読む »

バビロンA.D. - 渡まち子

少女の特殊能力があまりにも取ってつけたようで絶句(40点)

バビロンA.D.

© 2008 Twentieth Century Fox

 壮大なネタのわりには、あっさりと90分で終わる近未来SFアクション。傭兵のトーロップが依頼された仕事は、特殊な能力を持つ少女をNYへ運ぶこと。危険な旅の果てに待つのは人類の未来を揺るがす陰謀だった。東欧、アジア、極北、NYとあっという間に旅してしまうが、着いた先に待つのはチャチな信仰宗教集団のような悪者では、がっかりしてしまう。さらに少女の特殊能力があまりにも取ってつけたようで絶句。スーパーコンピューターに処女懐妊ときては思わず「はぁ?」だ。一見ワルだが本当は心優しいマッチョマン。ヴィン・ディーゼルは永遠にこういうキャラを演じ続ける俳優である。飽きないのだろうかと余計な心配をしてしまいそうだ。名女優のランプリングが顔を見せるが、実はこの人は仕事を選ばないので要注意である。

バビロンA.D. - 前田有一

ハリウッドマッチョ対決(60点)

バビロンA.D.

© 2008 Twentieth Century Fox

 かねてから映画界に興味津々のK1の番長、ジェロム・レ・バンナは、今回なんと数少ないマッチョスターの生き残り、ヴィン・ディーゼルの主演作で共演し、格闘シーンまで演じるという話題性を提供してくれた。

この映画の批評を読む »

バビロンA.D. - 佐々木貴之

◆アウトローヒーローとして観る者に好意を抱かせる(75点)

 新世代アクションスターのヴィン・ディーゼルが久々に日本のスクリーンにやってきた。ジャンルはもちろんアクションで近未来を舞台にしたややSFテイストだ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (19)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.