バイオハザードIII - 福本次郎

◆地上はゾンビに支配され、ひとり悪と闘い続けるヒロイン。表現はよりクールに洗練され、ゾンビはより醜く不快になる。知恵を絞って斬新な映像を見せようとする作り手の熱意は伝わってくるが、B級ホラーの範疇を出ていない。(40点)

 荒涼とした砂漠の風景と人工的な地下実験施設。地上はゾンビに支配され、人間は彼らを避けて放浪するか地下にもぐるしかない。さらにゾンビの死肉を食べたカラスにも襲われる。もはや生き残った人類に希望はわずか、そんな中でひとり悪と闘い続けるヒロイン。表現はよりクールに洗練され、ゾンビはより醜く不快になる。そしてサウンドでおどろかせるというお決まりのパターンも踏襲される。しかし、知恵を絞って斬新な映像を見せようとする作り手の熱意は伝わってくるが、所詮はB級ホラーの範疇を出ていない。

この映画の批評を読む »

バイオハザードIII - 渡まち子

(60点)

 人気シリーズ第3弾の舞台は砂漠。次々に障害をクリアしながら進むゲーム的要素は健在だ。荒野をさまよう超人アリスは、生存者と出会うが、自分のDNAが悪用されていると知り、自らを犠牲にしても決着を付けようと覚悟する。ゾンビホラーとしての新味はないが、クローンの死体が山積みになった光景が心理的に怖い。ミラは、歩く、立ち止まるなどの何気ない動きが美しい。さすがは元スーパーモデルだ。

バイオハザードIII - 前田有一

人気シリーズもそろそろマンネリ(50点)

 この映画の配給会社であるソニーピクチャーズの試写室は最近新しくなったが、昼白色の蛍光灯で真っ白に照らされたそこのトイレの内装を見ると、私はポール・W・S・アンダーソン監督が『バイオハザード』で作り上げたあの独特の研究所を思い出してしまう。いつ壁からレーザーがでてくるかと冷や冷やしてから席に戻れば、気分も盛り上がる。

この映画の批評を読む »

バイオハザードIII - 岡本太陽

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のゾンビ映画第3弾(45点)

 ミラ・ジョヴォヴィッチ主演でゾンビ映画というと、『バイオハザード』が大分定着してきた。主人公アリスが活躍するそのシリーズの第3弾『Resident Evil: Extinction(バイオハザードIII)』が公開になった。第1作ではアンブレラ・コーポレーション内だけでのストーリーで、第2弾は地上で荒廃したラクーンシティ、そして今回の舞台はネバダ砂漠だ。ラスベガスが砂漠と化す。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (5)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.