ハルフウェイ - 渡まち子

胸がキュンとなる(70点)

ハルフウェイ

© 2009「ハルフウェイ」製作委員会(シネカノン/幻冬舎/ロックウェルアイズ)

 シンプルでみずみずしい作品だ。受験を控えて恋愛にとまどう高校生の男女のラブ・ストーリーは、大人たちに“あの頃”を思い出させて胸がキュンとなるだろう。ヒロは彼氏のシュウが北海道を離れて東京の大学へ行くと知り激しく動揺、わがままで矛盾した言動を繰り返してシュウを困らせる。淡い光を多用した色彩設計や微妙な距離感を保つ構図は、プロデューサーの岩井俊二の影響を強く感じさせるものだが、北川監督らしさは、コロコロと変わる女の子の気持ちを自然なセリフで見事にすくいとったこと。自分でももてあますほどの恋心を胸に、精一杯前を向く二人がまぶしい。

ハルフウェイ - 福本次郎

好きだけれどむかつく、一緒にいたいのに拘束したくない。頭では理解しても心では納得できない。矛盾した感情に、精一杯悩み、気持ちに折り合いをつけようとする少女。そんな大人になりきれないヒロインを北野きいが好演する。(60点)

ハルフウェイ

© 2009「ハルフウェイ」製作委員会(シネカノン/幻冬舎/ロックウェルアイズ)

 高校生の恋人たちが交わすとりとめもない会話が延々と続く。好きだけれどむかつく、ずっと一緒にいたいのに拘束したくないという、少女の移ろいがちな心理状態を象徴するような手持ちカメラの揺れが、彼女の気持ちをダイレクトに伝える。頭では理解しても心では納得できない。そんな矛盾した感情を抱えながらも、精一杯悩み、折り合いをつけようとする、大人になりきれないヒロインを北野きいが好演。映画は、誰もが経験するような通過儀礼を必死で乗り越えようとする姿を色濃い風景に焼き付ける。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=rld0ZAsyFqMVYHJOKU5DIlcF2En30qxfa%2BminpZmLnY7kKGeCxj%2F7pthVG6zzAz8ar9G0Za60G6Qp7g3eg90gw%3D%3D&prvtof=pDRT0hRGB%2Ffv866H4x7ubtpuoxy7OI31eD%2BohncF4ek%3D&poru=G1wvR8qrwNl9sLzb0tCk0f1pY4l7y%2FK5TVcmf7bSs1VgaeyI%2BpMB99gZlW74kb%2F2bd94jc7TvnSd74A21m7Cjg%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body> 404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.