ハプニング - 福本次郎

突然日常が凝固したかと思うと、人々は争うように自らの命を断っていく。形も色も臭気もない「何か」、その姿なき殺人者の不気味さはよく描かれているのだが、それが登場人物が感じる恐怖にまで昇華されておらず、中途半端だ。(40点)

© 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

 突然日常が凝固したかと思うと、人々は争うように自らの命を断っていく。毒ガスなのか空気感染するウイルスなのか正体は不明、そよいだ風に巻きこまれるだけで、人としての機能を停止してしまう。形も色も臭気もない「何か」に追われ襲われ、パニックに陥ることさえできずにそれが通り過ぎるのを待つしかない。ただ、その姿なき殺人者の不気味さはよく描かれているのだが、登場人物が感じる恐怖にまで昇華されておらず、中途半端な物足りなさしか伝わってこない。

この映画の批評を読む »

ハプニング - スタッフ古庄

◆地球からミツバチが姿を消したら、人間の寿命は4年!だそうです(驚)(68点)

 「シックス センス」で一躍有名となり、毎回ラストに大どんでん返しが用意されているということで、「アンブレイカブル」「サイン」「ヴィレッジ」と立て続けに、話題作を提供してくれたM・ナイト・シャマラン監督。

この映画の批評を読む »

ハプニング - 町田敦夫

◆低予算ながらもよくできたスリラー(65点)

 永井豪が70年代に発表した漫画「ススムちゃん大ショック」は、突如子育ての本能を失った大人たちが、次々と我が子を殺し始めるという不気味な物語だった。当時小学生だった筆者は、しばらく親に背中を向けられなかったのを覚えている。

この映画の批評を読む »

ハプニング - 渡まち子

シャマラン流のこけおどし映画。信仰への目配せも感じるが、世界の破滅の正体に苦笑するしかない。(20点)

© 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

 ある日突然、ミツバチが消えた。間もなく、NYのセントラル・パークで人々が突然倒れる異常現象が起こり、街では自殺者が続出する。科学教師エリオットは、家族や同僚と共に安全な場所を目指して避難するが…。

この映画の批評を読む »

ハプニング - 岡本太陽

人が何の前触れもなく突然死に始める。アメリカを震撼させる原因不明のハプニング!(65点)

© 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

 M・ナイト・シャマランは知る人ぞ知る『シックス・センス』の監督だ。『シックス・センス』があまりにも評判が良かったため、人々は彼の新作に期待し過ぎる傾向にあり、『アンブレイカブル』『サイン』はまぁまぁの評価だが、続く『ヴィレッジ』『レディ・イン・ザ・ウォーター』は散々な結果に終わっている。それでもなお新鮮なアイデアを出し続ける彼の新作映画がこの夏公開になった。『ハプニング(原題:THE HAPPENING)』と呼ばれるこの映画もまた彼の作品の流れを汲む深謀な作品となっている。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (12)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.