ドロップ - スタッフ古庄

◆イケメンコンビのコントはいかが?(55点)

 私の記憶上「もののけ姫」以来でしょうか・・・

 映画館で「完売!」だなんて。

 驚きでした。

この映画の批評を読む »

ドロップ - 渡まち子

青春ものの定番(50点)

ドロップ

© 2009「ドロップ」製作委員会

 ケンカだけが彼らの自己主張の手段。だからケンカに理由はいらないと断言する。ヒロシは、不良に憧れ私立から公立の中学に転校、口の上手さで不良グループの仲間になるが、やがて友情や命がけの対決を経験し成長していく。日常茶飯事と化した暴力の中にある妙な間(マ)はまるでコントだ。それはヒロシが育ったきちんとした家庭の余裕が生み出すものだろう。原作者で監督の品川ヒロシの笑いの原点を見るようで興味深い。物語はグループの対立や、身近なものを亡くす悲しみ、淡い恋と、青春ものの定番の域を出ないが、ラストのヒロシの決心は大人への第一歩。思わず応援したくなる。中学生とはほど遠い年齢の俳優たちがマジで演じる不良っぷりが見ものだ。

ドロップ - 福本次郎

「ケンカするのに理由が必要か」と、ただ殴り蹴りバットを振り回す。迫力満点の暴力は痛みが伴うようなリアリティが貫く。それは、有り余るエネルギーを発散させ、生傷でしか生きていることを実感できない彼らの自己存在証明だ。(50点)

ドロップ

© 2009「ドロップ」製作委員会

 「ケンカするのに理由が必要か」と、ただ殴り蹴りバットを振り回す。迫力満点の暴力は痛みが伴うようなリアリティが貫き、20代の俳優が演じる老けた中学生という不自然さを凌駕する。さらに、力と力、どちらが強いかを確かめ合うかのように繰り返し拳を交わすうちに、不思議な友情まで芽生えてくる。ケンカは部活のようなものという先輩の言葉通り、登場人物の日常と化している。それは、有り余るエネルギーを発散させ、生傷でしか生きていることを実感できない彼らの自己存在証明。そこには小賢しさがない分、さわやかだ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (6)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.