デメキング - 渡まち子

基本は少年時代の小さな冒険(55点)

デメキング

© 2009「デメキング」製作委員会

 ショボい雰囲気、情けないキャラ、イケてない舞台。全てをくつがえしてくれるのがデメキングなのだろうか。70年代の瀬戸内の田舎町で、いじめられっ子の中学生・亀岡は小学生3人とツルんで無為な日々を過ごしていたが、孤独な高校生・蜂屋から「デメキングと戦うんや」と謎めいた言葉をかけられる。物語の基本は少年時代の小さな冒険。妄想の中でだけ猛々しいデメキングは、期待に反して世界や主人公を激変はさせないが、大人になったある時、ふとみつける古い玩具のような存在だ。格好良くもなく華やかでもない平凡な毎日を生きる諦念の中に、この作品の味わいがある。

デメキング - 福本次郎

変化の乏しい生活がこの先ずっと続いていくのではという不安を覚え、悶々とした日々を根底から覆してくれる物がやってこないかと期待する中学生と青年。いまだ将来の展望もなく進路も定まらない冴えない彼らの心情がリアルだ。(50点)

デメキング

© 2009「デメキング」製作委員会

 スポーツも勉強もイマイチの少年は、ただその日その日を暇つぶしのようにだらだらと過ごしている。そして、そのような生活がこの先ずっと続いていくのではという不安も覚え、悶々とした日々を根底から覆してくれる物がやってこないかと期待している。瀬戸内の田舎町を舞台に、いまだ将来の展望もなく進路も定まらない冴えない主人公の心情がリアルだ。事件などめったに起きない、そんな中、年長の友人にもらった冒険のヒントを読み解くうちに、好奇心忘れずに行動を起こすことの大切さを説く。その上で人生はそれほど甘くないときちんと諭しているところに好感が持てる。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (32)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.