ゼア・ウィル・ビー・ブラッド - 福本次郎

静謐な映像から一転して神経をかきむしるような高音を弦楽器が奏でる、それは主人公の満たされぬ強欲の象徴だ。映画は石油に取り付かれた男の前半生を通じて、欲望こそが人間をつき動かす一番重要な動機であることを描く。(60点)

 静謐な映像から一転して神経をかきむしるような高音を弦楽器が奏でる、それは主人公の満たされぬ強欲の象徴だ。小さな成功では飽き足らず、さらに大きな結果を望む。その見返りに得たものは究極の孤独。目的のためなら家族でさえ犠牲にし、価値がなくなったらあっさりと切り捨てるこの男の前では、神すら利用できる要素のひとつに過ぎない。映画は石油に取り付かれた男の前半生を通じて、欲望こそが人間をつき動かす重要な動機であることを描く。

この映画の批評を読む »

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド - 渡まち子

ダニエル・デイ=ルイスがド迫力の怪演。石油という権力を追い怪物になった男を描く暗い力作。(90点)

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

© 2007 by PARAMOUNT VANTAGE, a Division of PARAMOUNT PICTURES and MIRAMAX FILM CORP. All Rights Reserved.

 石油ブームに沸く20世紀初頭のカリフォルニア。一攫千金を狙うプレインビューは、幼い息子を連れて採掘を行いながら土地を安く買い占めていた。やがて石油を掘り当てるが、自らの欲望に囚われ常軌を逸していく…。

この映画の批評を読む »

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド - 岡本太陽

ダニエル・デイ=ルイス主演による映画史に残る恐るべき芸術作品(99点)

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

© 2007 by PARAMOUNT VANTAGE, a Division of PARAMOUNT PICTURES and MIRAMAX FILM CORP. All Rights Reserved.

 1996年に『ハード・エイト』で映画監督デビューしたポール・トーマス・アンダーソン。マーク・ウォルバーグ主演の『ブギーナイツ』が大ヒット、『マグノリア』をベルリン国際映画祭金熊賞受賞に導き、『パンチドランク・ラブ』ではカンヌ国際映画祭監督賞を受賞している。2002年公開の『パンチドランク・ラブ』以降は映画を発表していなかったが、2007年12月28日に彼の待望の第5作目の映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(原題:There Will Be Blood)』が公開された。ダニエル・デイ=ルイス主演で描く骨太の恐るべき作品である。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Idc1998.com
This domain has recently been listed in the marketplace. Please click here to inquire.
404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.