スピード・レーサー - 福本次郎

実写とCGを巧みに合成させ、ポップな映像と爆音とどろくサウンドで、目くるめくような加速感を観客に体感させようという試みは、薄っぺらな紙芝居のようで手に汗握る興奮とは程遠い。もっとリアルな臨場感を追求してほしかった。(30点)

© 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 実写とCGを巧みに合成させ、ポップな色調で彩られた映像と爆音とどろくサウンドで、目くるめくような加速感を観客に体感させようという試みは見事に失敗している。薄っぺらな紙芝居を見ているような奥行きのなさは、まだゲーセンのドライブマシンに乗っているほうがマシと思えるくらいのできばえで、手に汗握る興奮とは程遠い。もともとは日本の古いアニメを今頃中途半端に映画化した意図はどこにあるのだろう。どうせハリウッドで製作するのなら、もっとリアルな臨場感を追求して、他には絶対にまねのできないものを作ってほしかった。

この映画の批評を読む »

スピード・レーサー - 渡まち子

VFX全開で描く驚異の映像世界。俳優たちの戯画的なキャラがアニメを連想させ楽しめる。(60点)

© 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 愛車“マッハ5”を操るスピードは、怖いもの知らずの天才レーサー。かつてレース中の事故で命を落とした兄は目標であり誇りだ。だが、レース界の陰謀に巻き込まれたスピードは、兄の命を奪った超難関ラリーに挑むことに…。

この映画の批評を読む »

スピード・レーサー - 前田有一

日本アニメ「マッハGoGoGo」のハリウッド実写版(40点)

© 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 『スピード・レーサー』は、『マトリックス』三部作を作り上げたウォシャウスキー兄弟がアメリカでも人気がある日本アニメ「マッハGoGoGo」を実写化したもの。人物以外ほとんどデジタル処理された画面をみると、はたしてこれを"実写化"と呼んでいいのか疑問を感じなくはないが。

この映画の批評を読む »

スピード・レーサー - 岡本太陽

『マトリックス』三部作のウォシャウスキー兄弟が放つ待望の新作!(50点)

© 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 1967年放送のタツノコプロ制作アニメ「マッハGoGoGo」。わたしの親の世代のアニメで、わたし自身は再放送で数回観た事がある程度のアニメで、これといって特に思い入れのある作品というわけではなかった。この吉田竜夫原作のアニメはアメリカでも放映され人気を博し、あの有名な主題歌も歌詞を英語に換え、日本と同様つい口ずさんでしまうようなキャッチーなものになっている。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (7)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.