スターダスト - 福本次郎

◆若者は愛と勇気を証明するために冒険の旅に出る。困難を克服し、敵を倒すのは一人前になるための通過儀礼なのだ。しかし、魔法世界の登場人物の作りこみが甘い上ご都合主義に陥ることが多く、主人公に感情移入できない。(40点)

 若者は自分の愛と勇気を証明するために冒険の旅に出る。まだ己の力の限界を知らず、その無鉄砲さゆえに予想もしない力を発揮する。たとえそこが魔法の世界であっても、恐れとは無縁に使命を果たそうとする。そしてそれは定められた運命。困難を克服し、敵を倒すのは一人前なるための通過儀礼なのだ。しかし、映画は魔法世界の登場人物の作りこみが甘い上、設定がご都合主義に陥ることが多い。結果として主人公の愛と冒険になかなか感情移入できなかった。

この映画の批評を読む »

スターダスト - 渡まち子

一見、たわいないファンタジー。でも裏側には異才の英国人原作者の皮肉めいた視線がある。ベテランの脇役が豪華。(65点)

 イングランドのはずれにあるウォール村。青年トリスタンは村一番の美女に愛の証として流れ星を取ってくると約束する。落ちた場所に行くと、流れ星は美女イヴェインに姿を変えていた。同じ頃、村の外壁の向こうの魔法の国ストームホールドでは、不老を求める邪悪な魔女や、王位継承を狙う王子たちも流れ星を狙っていて…。

この映画の批評を読む »

スターダスト - 前田有一

現実の女の子もこうなら楽なのに(70点)

 ある日、流れ星が地上に落ちた。片思いの女の子にプレゼントすべく、流れ星のかけらを狙う主人公青年がそこにいくと、星は麗しきお姫様の姿に変わっていた。一方、悪の老魔女も、不老不死の効力をもつ彼女の心臓を虎視眈々と狙っていた。

この映画の批評を読む »

スターダスト - 岡本太陽

豪華キャスト出演ファンタジー映画(60点)

 今夏のファンタジー映画の代表作といえば、やはり『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』だが、豪華キャスト出演によるもう1つのファンタジー映画が先日公開された。イギリス人SF作家ニール・ゲイマン原作の『スターダスト』だ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (13)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.