ジェネラル・ルージュの凱旋 - スタッフ古庄

◆日本の医療(70点)

 前作「チームバチスタの栄光」に続き、海堂尊さんの医療ミステリー(白鳥&田口シリーズ)第二弾♪

この映画の批評を読む »

ジェネラル・ルージュの凱旋 - 福本次郎

医は仁術ではなく算術と考える病院経営者と幹部医師。一方で時に使命感ゆえに暴走してしまう医師。病院内の主導権争いをベースに、2人組の少しテンポのズレたやり取りを加えることで、コミカルなサスペンスの世界を構築する。(40点)

ジェネラル・ルージュの凱旋

© 2009 映画 「ジェネラル・ルージュの凱旋」製作委員会

 医は仁術ではなく算術、まるでそう言い切るかのような病院経営者と幹部医師。患者を際限なく受け入れ、高価な薬漬けにし、通院を長引かせる。一方で高邁な理想を持ちながら、時に使命感ゆえに暴走してしまう医師もいる。大学付属病院という巨大な魔窟に巣食う病巣はいったい誰なのか、映画は病院内の主導権争いの内幕をベースに、窓際医師と高飛車な役人が汚職疑惑と関係者の死因を調べる過程でさらなる陰謀に出会うミステリー、さらに2人の少しテンポのズレたやり取りを加え、コミカルなサスペンスといった独特の世界を構築する。

この映画の批評を読む »

ジェネラル・ルージュの凱旋 - 前田有一

専門家お墨付きの医療シーンが見所(60点)

ジェネラル・ルージュの凱旋

© 2009 映画 「ジェネラル・ルージュの凱旋」製作委員会

 『チーム・バチスタの栄光』の続編となる本作は、前作と同じ監督、同じメインキャスト、同じムードの作品として作られた。海堂尊の原作では男であるはずの狂言回しのキャラクターを、竹内結子に変更することで、でこぼこ男女ペアの楽しい謎解きモノにした点も、もちろん変わっていない。

この映画の批評を読む »

ジェネラル・ルージュの凱旋 - 渡まち子

堺雅人の存在感は抜群だ(70点)

ジェネラル・ルージュの凱旋

© 2009 映画 「ジェネラル・ルージュの凱旋」製作委員会

 切実な医療問題を分かりやすいエンタメとして提供するミステリー・シリーズ第2弾。おっとり型の窓際医師・田口公子と、口が悪い厚生労働省の役人・白鳥圭輔のにわか探偵コンビが、医療メーカーと病院の癒着にからむ事件の謎を追う。激務の救命救急センター長を演じる堺雅人の存在感は抜群だ。ヘリポートやキャンディなど、小道具が最後にちゃんと効いてくるのは上手い。贅沢を言えば、現実ではやむを得ず断る急患の対処に何か示唆がほしかった点と、田口は探偵役は2度目なので、もう少し彼女の成長が見たかったこと。ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)の名の本当の由来はちょっとキモいが、医療現場の過酷さを示すエピソードで、切迫感があった。

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (24)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.