ジェシー・ジェームズの暗殺 - 福本次郎

「天国の日々」を思わせるような詩的な映像と、絵画のように計算された室内シーンの構図。この作品の醸し出す叙情は、主人公を演じたケイシー・アフレックの含蓄豊かな演技によって深められ、稀有な芸術性に富む映画に昇華された。(70点)

 雪に覆われた荒野、枯れ木ばかりの林、凍りついた川、流れる雲・・・。陰鬱で荒涼とした米国中部の自然は、人間を寄せ付けない毅然とした美しさと厳しさを持つアウトローを象徴しているようだ。その、悪魔のように冷たい青い瞳は人の心を見透かすような魔力を持ち、見つめられた人間はすくみ上がりその狂気に抗うことはできない。物語はそれ以上に彼の感情に踏み込むことはせず、「何を考えているか分からない男」の描写の域を出ていないが、彼を間近で観察することになる主人公の心理が非常にリアルだ。

この映画の批評を読む »

ジェシー・ジェームズの暗殺 - 前田有一

ブラッド・ピットをストーキング(55点)

 ジェシー・ウッドソン・ジェイムズといえば、西部開拓時代を古きよき……と表現するようなアメリカ人の間で、一種のヒーローとして扱われる伝説のギャング。南北戦争の生き残りの荒くれ男たちをまとめ上げ、列車強盗や銀行強盗など華やかな犯罪を繰り返した無法者のリーダーだ。本作はその悲劇的な一生を、人気スター、ブラッド・ピット主演で描く伝記映画。

この映画の批評を読む »

ジェシー・ジェームズの暗殺 - 渡まち子

西部開拓時代の伝説の無法者と彼を殺した男の心理劇。ゆったりとした時間の中で叙情的な映像が流れてゆく。(65点)

 南北戦争終結後の米国。強盗ジェシー・ジェームズは、犯罪者ながら、世間からは義賊と崇められていた。カリスマ性を漂わせるジェシーに憧れる手下のロバートは、ジェシーの活躍をつづった大衆誌を宝物にするほど彼を崇拝していたのだが…。

この映画の批評を読む »

ジェシー・ジェームズの暗殺 - 岡本太陽

ブラッド・ピット主演最新作、伝説のアウトロー:ジェシー・ジェームズ映画(50点)

 アメリカの西部開拓時代にウッディ・ガスリーによりロビンフッドと比較され、伝説と化したあるアウトローがいる。彼の名前はジェシー・ジェームズ。名前を発音した時に、非常に名前と名字がしっくりくる名前だ。彼は銀行や列車強盗を繰り返す犯罪者集団を結成していた。彼には10,000ドルの懸賞金がかけられ、最終的には仲間のロバート・フォード(ボブ・フォード)に銃で頭を打ち抜かれて暗殺されてしまう。ロバートが強盗集団に入ってからの、ジェシーとロバートに焦点を当てた『ジェシー・ジェームズの暗殺』という映画が公開になった。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (14)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.