シャッター - 福本次郎

人間の怨念が写真に入り込む。デジカメと画像修正ソフトで誰でもそれらしい心霊写真を作れるようになった今では時代遅れの感がある。せめてデジタルデータに変換されたときに、あっと驚くような映像で怖がらせて欲しかった。(40点)

© 2008 Twentieth Century Fox

 人間の怨念が写真に入り込み無念を訴える。それはアナログフィルムの時代ならば説得力があったが、デジカメと画像修正ソフトの普及で誰でもそれらしい心霊写真を作れるようになった今ではもはや時代遅れの感がある。女の霊が、怨みを抱いた男の撮影した画像に侵入して、ビジネスの邪魔をする行動は理解できるが、物理的影響を与えることができるのならば心霊写真になる必要などない。せめてデジタルデータに変換されたときに、今まで誰も考え付かなかったような映像で怖がらせて欲しかった。背後例のように男の首の上に乗っかるというアイデアだけでは少し寂しい。

この映画の批評を読む »

シャッター - スタッフ古庄

◆心霊写真・・お持ちですか・・?(65点)

 本作品、8割は日本でのできごと♪でもハリウッド映画なんでもちろん主演カップル(ジョシュア・ジャクソン/レイチェル・テイラー)、主要脇役数人も外国人さんなんですが、そのほかすべてが日本人&日本の景色なので、観始めちょいと調子が狂っちゃう(笑)

この映画の批評を読む »

シャッター - 渡まち子

奥菜恵はなかなかの迫力(55点)

© 2008 Twentieth Century Fox

 タイ映画「心霊写真」を、日本の監督が、アメリカ映画としてリメイクするという、ボーダーレスなホラー映画。新婚旅行で訪れた日本で、カメラマンのベンと妻は、深夜の山道で、女性を車でひいてしまう。それ以来、夫妻の周辺では不気味な出来事が起こり始める。別に日本が舞台じゃなくても成立する話だが、黒髪に大きな瞳と、典型的なホラーのキャラめぐみを演じた奥菜恵はなかなかの迫力だ。ただ霊能者やめぐみの母などは物語のテンポを削ぐだけで不必要。もとはと言えば自分が悪いくせに、霊に怒鳴り散らして逆ギレするなど、米国人らしい覇気が、やはりハリウッドである。

シャッター - 前田有一

奥菜恵が恐怖映画でハリウッドデビュー(75点)

© 2008 Twentieth Century Fox

 "日本製ハリウッド映画"といわれる本作は、美少女幽霊がうらめしやをするホラー作品。女優として低迷していた奥菜恵がはまり役の幽霊を演じ、華々しいハリウッドデビューを果たした。

この映画の批評を読む »

シャッター - 岡本太陽

ハマり役の奥菜恵に注目のハリウッド版『心霊写真』(45点)

© 2008 Twentieth Century Fox

 2004年にタイで公開され、そしてアジア各国でもヒットしたホラー映画『心霊写真』。この「心霊写真」という日本では馴染み深い題材を上手に料理したタイ産映画をハリウッドがリメイクした。タイトルは『シャッター』。この映画、『THE JUON/呪怨』同様日本で撮影されており、監督も『パラサイト・イブ』『感染』の落合正幸が務める。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Idc1998.com
This domain has recently been listed in the marketplace. Please click here to inquire.
404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.