シャッター アイランド - 山口拓朗

シャッター アイランド

© 2009 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

◆謎解きのプロットや結末に新味はないものの、「トラウマ」という人間心理を利用したミステリアスなストーリー展開と、スコセッシらしい力強い演出力が功を奏し、作品自体は手堅くまとまっている(75点)

 「ギャング・オブ・ニューヨーク」(2002年)「アビエイター」(2004年)「ディパーテッド」(2006年)で3度コンビを組んだマーティン・スコセッシ監督×レオナルド・ディカプリオが、4度目のコンビ作品「シャッター アイランド」を完成させた。ふたりが挑んだのは「精神障害×犯罪者×孤島」をキーワードにしたサスペンス&ミステリー。「ミスティック・リバー」原作者デニス・ルヘインのミステリー小説を映画化したものだ。

この映画の批評を読む »

シャッター アイランド - 前田有一

シャッター アイランド

© 2009 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

◆技巧はあれど、成功するとは限らず(55点)

 「アリス・イン・ワンダーランド」でティム・バートン監督とジョニー・デップが7度目のタッグを組んだように、映画界にはうまの合うコンビというものがある。本人同士の相性だったり、興行面での有利であったりと理由はさまざまだが、『シャッター アイランド』が4回目の顔合わせとなるレオナルド・ディカプリオ&マーティン・スコセッシ監督も、そうした相思相愛カップルのひとつだろう。

この映画の批評を読む »

シャッター アイランド - 福本次郎

シャッター アイランド

© 2009 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

◆感覚はどこまで正しいのか、何が正常で何が異常なのか、主人公が事件の真相を追う過程で、閉ざされた島、消えた患者、謎の灯台、巨大な陰謀といったさまざまな要素が混沌と秩序のメタファーとなり、主観の本質に迫っていく。(60点)

 しっかりと地に足を付けきちんと観察しているはずなのに、どこか現実が歪んでいく。回りの人間が抱く秘密と嘘に、逆に監視されているような気分になっていく。そんな主人公が覚える違和感を、身にまとわりつくようなねっとりとしたカメラワークで再現する。感覚はどこまで正しいのか、何が正常で何が狂ってのか、彼が事件の真相を追う過程で、閉ざされた島、消えた患者、謎の灯台、巨大な陰謀、といったさまざまな要素が混沌と秩序のメタファーとなって、人間の主観の本質に迫っていく。

この映画の批評を読む »

シャッター アイランド - 小梶勝男

シャッター アイランド

© 2009 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

◆マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演の謎解きミステリー。「超日本語吹き替え版」は、日本に吹き替え版を定着させるきっかけになるだろうか(75点)

 昨年辺りだっただろうか。シネコンで、「吹き替えの方が楽だから」と、字幕版がすぐに上映されるのに、わざわざ吹き替え版の上映を待っているカップルを見かけて、ショックを受けた。どんな作品だったか忘れたが、3Dではなかったと思う。

この映画の批評を読む »

シャッター アイランド - 渡まち子

◆孤島が舞台の謎解きミステリーの秀作。幻想的な心象風景が美しく、映像センスに鋭さがある。(70点)

 1954年のアメリカ。連邦保安官のテディは、精神を患った犯罪者の収容施設があるシャッターアイランドにやってくる。鍵のかかった部屋から忽然と姿を消した女性患者を探す捜査だが、次々に不可解な謎が浮かび上がる…。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (1)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.