ザ・ムーン - 渡まち子

綺麗事のようにまとまっているのが残念(65点)

ザ・ムーン

© Dox Productions Limited 2007. All rights reserved

 月を訪れた米国の宇宙飛行士たちの証言と当時のニュース映像でつづるドキュメンタリー。冷凍保存していたというNASAの蔵出し映像が貴重だ。驚きなのは、月面着陸が失敗した場合に備えて、ニクソン大統領の声明が用意されていたこと。実際には成功したと知っていても「残念ながら失敗しました」と聞かされると妙に悲しくなる。それは栄光の裏側にある“失敗したアポロ計画”の犠牲者への追悼に聞こえるからだろうか。編集は全体的にメリハリが薄く、時に眠気を誘う。またNASA全面協力だけあって、米国の技術がいかに優れているかとのPRのようにも見えた。実際の宇宙開発は、旧ソ連との軍事力競争という側面が大きいのに、そのことにはほとんど触れないので、綺麗事のようにまとまっているのが残念。それでも幻想的な宇宙の映像を見ていると、今も月へのロマンをかきたてられるし、地球で生きている感謝を感じる。

ザ・ムーン - 佐々木貴之

◆見応えはとにかく抜群だ(70点)

 1969年から1972年のアポロ計画で、二ール・アームストロングら12人の宇宙飛行士が月に到着してから今年で四十年目となる。ちなみに、この12人以外に月をはじめとする地球以外の天体に到着した者は今のところ誰一人もいないのである。

この映画の批評を読む »

ザ・ムーン - 町田敦夫

◆“月に行った男たち”が本音で語る舞台裏(70点)

 なぜ今、アポロ?――と、今日性のないテーマに疑問を感じつつ見始めたのだが、冒頭からたちまち引きこまれた。アポロとその時代を知る世代なら、誰もが多かれ少なかれそうなるのではないかと思う。若い世代のために申し添えれば、「アポロ」とはアメリカ航空宇宙局(NASA)が実施した月面探査計画のこと。1969~1972年にかけて彼らは6回のミッションに成功し、計12名の宇宙飛行士を月面に送りこんだ。それから現在に至るまで、地球以外の天体に降り立った人類は、この12人をおいて他にいない。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (12)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.