サンシャイン・クリーニング - スタッフ古庄

◆思わずたじろぐ職業とは(70点)

 自殺や殺人現場、孤独死の人の部屋・・・血肉、体液が飛び散る場所を綺麗に後処理(掃除)をするプロがいることをご存知でしょうか?

この映画の批評を読む »

サンシャイン・クリーニング - 前田有一

オレはもうだめだ、と思ったらこれを見よう(85点)

 今のように景気の悪いときは、映画は比較的安価な娯楽として重宝される。そしてこういう時代において、『サンシャイン・クリーニング』のようなルーザームービー、いわゆる弱者応援歌のような作品は、多くの人々を励ます貴重な存在となるだろう。

この映画の批評を読む »

サンシャイン・クリーニング - 福本次郎

風変りな家族に囲まれてつつましく生きるヒロイン。かけがえのない絆で結ばれた人間同士の濃密な関係、それは頼りになるが足かせにもなる。映画はシングルマザーの奮闘を通じて、一生懸命頑張れば希望が見えてくることを描く。(60点)

 ヤマ師のような父、注意力散漫な妹、身の回りの物をなめる癖をもつ息子。そんな風変りな家族に囲まれて、ハウスクリーニングでつつましく生きるヒロインが健気だ。かけがえのない絆で結ばれた人間同士の濃密な関係、それは頼りになる一方で足かせにもなる。映画はシングルマザーの奮闘を通じて、一生懸命頑張れば希望が見えてくるということを描く。高校時代は学園のスターだったヒロインが元同級生の前で精いっぱい見栄を張る姿が泣かせる。

この映画の批評を読む »

サンシャイン・クリーニング - 渡まち子

作り手のまなざしがあたたかいヒューマン・ドラマの佳作。欠点だらけの家族を応援したくなる。(70点)

 シングルマザーの姉ローズとフリーターの妹ノラは、生活を立て直そうと、ワケありの清掃業を始める。犯罪や事件の現場をクリーニングするその特殊な仕事に、最初はとまどいながらも何とか慣れていく二人だったが…。

この映画の批評を読む »

サンシャイン・クリーニング - 町田敦夫

◆『リトル・ミス・サンシャイン』の製作陣が送る良質な「2匹目のドジョウ」(70点)

 安倍内閣が再チャレンジの可能な社会を作ろうと提唱したのは3年前のことだったが、なんだか世の中、再チャレンジしにくくなる一方のように感じられる。『サンシャイン・クリーニング』は、そんな時代の空気に期せずしてマッチした作品。負け犬家族を温かく見つめた『リトル・ミス・サンシャイン』の製作陣が、再びハートウォーミングなコメディを送り出した。

この映画の批評を読む »

サンシャイン・クリーニング - 岡本太陽

◆美人姉妹が犯罪現場掃除のビジネスをはじめる異色作(60点)

 記憶に新しいコメディドラマ『リトル・ミス・サンシャイン』。アリゾナに住む問題だらけの家族が末娘のために家族6人でミニバスに乗り込みミスコン会場を目指すこのドタバタ劇はアメリカでは口コミで大ヒットし、2006年度のアカデミー賞作品賞にノミネートされた。2009年公開の映画『サンシャイン・クリーニング』は前者と同じくタイトルに「サンシャイン」が付いており、問題だらけの家族のコメディドラマで、子供もおり、アラン・アーキンも出演しているため、「この映画観た事あるぞ」と思わされるが、この映画はなんとスプラッター映画なのだ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (16)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.