サルバドールの朝 - 福本次郎

◆思想と行動、犯罪者として警察に追われることが熱く生きることと勘違いしている、そんなどこか甘ったれた青年をダニエル・ブリュールがスペイン語がけでなくカタルーニャ語まで駆使して好演。物語にリアリティを与えている。(50点)

 彩度を落としブルーを強調したさめざめとした映像は抑圧された人々の心。主人公はスペインという国とその人民を独裁政権から解放しようと戦う。しかし、彼が目指したのは、自由な社会ではなく無秩序な混沌。貧しさの中から立ち上がった革命の闘士ではなく、ただ「政治を語る」ことが若者の熱病のようだった時代にファッションリーダーになりたかっただけなのだ。思想と行動、犯罪者として警察に追われることが熱く生きることと勘違いしている、そんなどこか甘ったれた青年をダニエル・ブリュールがスペイン語がけでなくカタルーニャ語まで駆使して好演。物語にリアリティを与えている。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (24)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.