サッドヴァケイション - 福本次郎

◆必死で過去から逃げようとする主人公に対し、過去よりも未来だけを見ていこうという母親。映画はその対比を男女の本質的な差異とまで断言し、女性賛美にまで昇華する。しかし、間延びした会話と映像がそんな物語の特性を殺す。(40点)

 密入国の手引きから中国人孤児との生活、自分を捨てた母親との偶然の再会と復讐。二転三転して先が読めないプロットは秀逸で、登場人物もみなどこか秘密めいた過去を持っている。しかし、そんな物語の特性を殺してしまうような間延びした会話と映像。もっと煮詰めて100分ぐらいにまで濃縮していれば引き締まった作品になったはず。宮崎あおいやオダギリジョーのエピソードはこの物語に直接関係がなく、彼らのために無駄なエピソードを挿入するのは本末転倒。話が横道にそれてしまい、映画のテンポを乱している。

この映画の批評を読む »

サッドヴァケイション - 渡まち子

(85点)

 作り手の、女性への畏怖と敬意を、隙のない演出でまとめて、素晴らしく出来がいい。豪華キャストも互いを殺すことなく上手く使っている。自分を捨てた母親への復讐を誓う青年と、物事全てを受け入れつつ前進する女の度量を描く物語だ。弱者への優しい視線と現実への対処が心にしみる。珍しくファンタジックなラストも好感度大だ。北九州を舞台にした前2作と関係はあるが、独立しても鑑賞できるところがいい。

【おすすめサイト】           

 

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=95bHvQlU4b%2BGuC9EGmZM4nF1GVzlm46pgejfrLnFJO1tUlt6cZYR7sZgeP7NmR%2Bx8dJRM1IJUkqnv8vVS1saqA%3D%3D&prvtof=TdHMCqbzyLKuO98pkaPsMGQ%2Bczoa6AtRxfGQTtiMdkI%3D&poru=33xqAMEQbSVKnL%2BGmbjTQxwTn5yEO44XtU9ID%2FLMOj1Om%2BH2dOReOVgYqaO7mcugLl8mStRqCDxj6xaRsP%2BxOw%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body> 404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.