コンフェッション - 前田有一

どうせヤラセだろ……と思ったら終わりだ(50点)

 ジョージクルーニーが初めてメガホンを取り、スティーブン・ソダーバーグ(『オーシャンズ11』)が製作総指揮、チャーリー・カウフマン(『マルコヴィッチの穴』)が脚本、出演者も、チャリエンのドリュー・バリモア、ジュリア・ロバーツなど、豪華なスタッフで作られた実話ドラマ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】