ゲット スマート - 佐々木貴之

◆お笑い番組で観られるようなコントに近い(80点)

 諜報機関“コントロール”本部が犯罪組織“カオス”に襲撃され、全エージェントの顔や身元がバレてしまう。唯一敵にバレなかったマックスウェル・スマート(スティーブ・カレル)が分析官からエージェントに昇格する。憧れの役職をゲットしたスマートはエージェント86となり、整形手術をしたばかりの凄腕美女エージェント99(アン・ハサウェイ)とタッグを組んでカオスに挑む。

この映画の批評を読む »

ゲット スマート - 福本次郎

物語やエピソードはほとんどが過去の娯楽大作からの引用だが、あまりにも生真面目。「笑いを捨てたパロディ」というのは潔さを感じるが、それは見る者にとっては不幸でしかなく、「元ネタ探し」以外の楽しみかたもほしかった。(40点)

© 2008 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI) LIMITED

 007シリーズの殺し屋でただひとり2作品連続登場を果たし最後まで死ななかったリチャード・キール扮する「ジョーズ」という男に、飛行機からボンドを追って飛び降りるが途中でパラシュートが開かなくなりテントに墜落するが無傷だったというシーンがあった。そんな元ネタを知らなくとも旅客機から主人公とパートナー、さら巨漢の敵役が降下する場面は十分にスリリングだ。その他もアクションだけでなく上司や同僚とのやり取りなど、ほとんどが過去の娯楽大作からの引用。しかし、あまりにも生真面目に作ってしまったために、まったく笑えない。

この映画の批評を読む »

ゲット スマート - 渡まち子

派手なアクションととぼけたギャグがリズミカルで楽しい(65点)

© 2008 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI) LIMITED

 真面目になればなるほど笑えるスティーヴ・カレルの持ち味が活きたスパイ・アクション・コメディ。極秘諜報機関が犯罪組織に襲撃される。分析官のスマートは顔が知られていないため、あこがれのエージェントに昇格し、切れ者の美女エージェント99とコンビを組むことに。派手なアクションととぼけたギャグがリズミカルで楽しい。カレルは文科系、ハサウェイは体育会系と、キャラにメリハリがあるのもいい。スマートは失敗ばかりだが、敵を味方につける人生相談など意外とデキる面があり、実は優秀という点がこの映画のツボなのだ。終盤の怒涛のアクションはかなり本気である。

ゲット スマート - 前田有一

80億円以上の予算をかけたコメディ(95点)

© 2008 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI) LIMITED

 アメリカではコメディジャンルが人気があると、ここでは何度も書いている。人気があるということは、そのぶん金をかけられるということ。だからあの国では、『ゲット スマート』のようなお笑い映画一本に、なんと80億円以上もつぎ込むという無茶な現象がよく見受けられる。

この映画の批評を読む »

ゲット スマート - 岡本太陽

60年代の米テレビシリーズを映画化。スティーヴ・カレルがスパイに扮する。(65点)

© 2008 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI) LIMITED

 アメリカで1965年から1970年まで放送されていたテレビシリーズ『それ行けスマート』。メル・ブルックスとバック・ヘンリー制作によるこのシリーズは007のヒットを受けたスパイパロディもので、お茶の間で人気を博した。その『すれ行けスマート』がハリウッドで映画化され今夏の注目策として公開に至った。タイトルは60年代当時と変わらず『ゲット・スマート(原題:GET SMART)』で、主演にスティーヴ・カレルが起用されている。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (26)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.