ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢 - 福本次郎

粘土細工を1コマづつ撮影する職人的なこだわりにぬくもりを覚え、主人公の顔の残った指紋がこの作品をコンピューターではなく人間の手になるものであることを思い出させ、おそろしく時間がかかる作業であることを知らしめる。(40点)

 アニメといえばCGが全盛の時代になっても、粘土細工を1コマづつ撮影する職人的なこだわりがぬくもりを覚える。主人公の顔の残った指紋が、この作品をコンピューターではなく人間の手になるものであることを思い出させ、おそろしく時間がかかる作業であることを見る者に知らしめる。メインキャラクターの動きや表情だけでなく、周囲の小道具や背景のディテールにまで神経が行き届いた映像は、まるで人形が生きているかのような存在感が感じられる。しかしそこで繰り広げられる物語は、素材の持つソフトなタッチとは全くミスマッチの連続殺人鬼による犯罪。見た目の子供っぽさからくる期待を裏切るミステリーとスリラーを融合させるような展開は、どこか違和感を否めない。

この映画の批評を読む »

ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢 - 渡まち子

間抜けな主人を懸命に守るしっかり者でけなげな愛犬(70点)

 おなじみのテーマソングが流れるだけで嬉しくなる。発明家ウォレスと愛犬グルミットは、パン屋をはじめたが、街では“パン屋連続殺人事件”が起こっていた。呑気なウォレスはCM女優に夢中になるが、グルミットは主人の危機を感じ取る。このクレイ・アニメの魅力は、絵柄の可愛らしさと共に、間抜けな主人を懸命に守るしっかり者でけなげな愛犬という構図の面白さだ。物語はサスペンス・コメディだが、終盤には手に汗握るアクションも。クレイ・アニメにしてこのスピード感は驚きだ。名作SF「エイリアン」やヒッチコック作品を連想させる、映画へのオマージュがニクい。ひと言もセリフがないグルミットの表情の微妙な変化や、凝りに凝った小道具など、見所満載。過去3作品も同時に公開され、一気に楽しめるまたとない機会である。

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (19)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.