ウォッチメン - スタッフ古庄

◆注)しっかり予習して行きましょう!!(50点)

 難しい!!

 というか、なんじゃい!?これは!!

 いきなり続編でも観せられているような・・そんな感じでした(汗;)

この映画の批評を読む »

ウォッチメン - 福本次郎

視聴覚を刺激する映像は心の奥にダイレクトに訴えかけ、近過去とハイパーリアルとSFが見事に調合された世界観からは、少しだけ空間軸がずれたすぐ隣のパラレルワールドを覗き込むような既視感と違和感を同時に覚えてしまう。(40点)

ウォッチメン

© 2008 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. WATCHMEN and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. Smiley Face Logo: ™ Smileyworld, Ltd.

 まるで知覚を増幅したかのように強調される細部へのこだわりに圧倒される。肉を打ち骨を砕く格闘、そして目もくらむ壮大な火星の大地とクリスタルに輝く建造物、大迫力のNY崩壊シーン。視聴覚を刺激する映像は心の奥にダイレクトに訴えかけ、近過去とハイパーリアルとSFが見事に調合された世界観からは、少しだけ空間軸がずれたすぐ隣のパラレルワールドを覗き込むような既視感と違和感を同時に覚えてしまう。スーパーヒーローが条例で活動を禁止された時代、行き場を失った彼らはその力をどのように使うのか。さらに善と悪の境界の見えない混迷に突入した時、正義とは何なのかを問う。

この映画の批評を読む »

ウォッチメン - 渡まち子

驚愕のビジュアルは一見の価値(80点)

ウォッチメン

© 2008 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. WATCHMEN and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. Smiley Face Logo: ™ Smileyworld, Ltd.

 単純なアメコミ映画とは一線を画す深みがある。ニクソンが長期政権を握っている、現在とは違う世界。その裏側には歴史的事件を見守ってきたヒーロー集団“ウォッチメン”の存在があった。だがヒーローの一人が殺される事件が発生し、ある陰謀が炙り出されることになる。

この映画の批評を読む »

ウォッチメン - 前田有一

やや難解だが、おそるべき大傑作(98点)

ウォッチメン

© 2008 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. WATCHMEN and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. Smiley Face Logo: ™ Smileyworld, Ltd.

 『ウォッチメン』と『ダークナイト』は、まるでライバルのような関係だ。原作のグラフィックノベルは同時代に発行され、実写映画もまたしかり。そしてその出来栄えも両者まったく譲らず、である。

この映画の批評を読む »

ウォッチメン - 岡本太陽

◆映画化不可能と言われたグラフィックノベルを『300』の監督が映画化(65点)

 冷戦下、世界は常に核の脅威に晒されていた。1985年のアメリカを舞台に展開するスーパーヒーロー映画『ウォッチメン(原題:WATCHMEN)』の中でもその事実が軸にあるのだが、アメリカとソ連間の緊張を感じられない今、時代設定を現代にせず、敢えてアラン・ムーアとデイヴ・ギボンズ作グラフィックノベルに忠実に映画化した本作からは「ありえなさそうだが、妙にリアル」な感覚を味わう事が少々難しい。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (12)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.