インスタント沼 - 福本次郎

目に見えるものしか相手にしないヒロインが人生に疲れたとき、世の中の不思議に好奇心を持ち始める。世間からち少しずれた人々と交流を持つことで閉ざしていた心をオープンにし、カネでは手に入らない価値観があることを知る。(50点)

インスタント沼

© 2009「インスタント沼」フィルムパートナーズ

 目に見えるものしか相手にしないヒロインがぱっとしない人生に疲れたとき、世の中の不思議に好奇心を持ち始める。世間からちょっとずれた人々と交流を持って閉ざしていた心をオープンにし、カネでは手に入らない価値観があるとを知る。そんな、社会からドロップアウトしたOLが奇妙な骨董屋と付き合ううちに、新しい自己を見つけていく過程をコミカルに描く。しょーもないことに熱くなりながらも彼女を見守る登場人物のまなざしが温かい。

この映画の批評を読む »

インスタント沼 - 渡まち子

言葉遊びとナンセンス・ギャグが満載でにぎやかな作品(45点)

インスタント沼

© 2009「インスタント沼」フィルムパートナーズ

 三木聡監督得意の言葉遊びとナンセンス・ギャグが満載でにぎやかな作品だ。出版社を辞めたOLハナメは、実の父で変人の“電球”と出会い、思いつきで骨董屋をはじめる。次々に起こる妙な出来事の果てにお宝が眠るという蔵の鍵を手にすることに。ヒロインは迷信や占いなど目に見えないものは信じないタチなのだが、ガラクタにしか見えない骨董の中に実は夢があると気付いたとき“お手製の”沼からビックリするものが現れるという展開はちょっと愉快だ。いい大人と言える年齢のヒロインのテンションの高さには違和感を感じるが、見かけとは裏腹に人のいいパンクロッカーのガスの存在がほっとさせてくれた。この世ならぬモノが見えてしまうのが怖いような羨ましいような、そんな気になる脱力系ヒューマン・コメディである。

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (15)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.