アフロサムライ:レザレクション - 福本次郎

◆デフォルメされた肉体と捻じ曲げられた空間は、剣客の感覚をリアルに再現する。距離感や質感は客観的には恐ろしく矛盾するのだが、命のやり取りをする主人公の、研ぎ澄まされ視覚や聴覚が知覚する脳内のリアリティなのだ。(50点)

 デフォルメされた肉体と捻じ曲げられた空間は、剣客を生業とする者の感覚をリアルに再現する。距離感や質感は客観的には恐ろしく矛盾するが、武器を手に命のやり取りをする主人公の、研ぎ澄まされ、増幅された視覚や聴覚が知覚する脳内のリアリティなのだ。抜き身を一閃して敵をぶった切るかと思えば、盾に取った相手ごとその後ろにいる敵を串刺しにする。太く力強い直線と繊細で緻密な曲線が見事にマッチしたアニメーションは、殺戮と孤独を友として生きる剣客たちの独特の世界観を構築している。

この映画の批評を読む »

アフロサムライ:レザレクション - 小梶勝男

◆サムライ、ブラックカルチャー、SFの融合が生み出す独特の世界。宮崎駿とは違う、もう一つの「世界標準」の日本アニメ(79点)

 1970年代、ブルース・リーのクンフー映画や「座頭市」「子連れ狼」シリーズ、JJサニー千葉(千葉真一)の東映空手映画などをアメリカで最初に受け入れたのは、グラインドハウスに集まるハーレムの貧しい黒人たち(とタランティーノ)だったという。銃器を使わない生身のアクションやサムライのバイオレンスに満ち満ちた世界は、黒人たちにとって「クール」と映ったようだ。クンフーやサムライ映画とブラックカルチャーは、どこかで通じ合うものがあるのかも知れない。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://seo.spiderman-costumes.net/?fp=rPP7LG6%2BmGeaBujEPEJHAVIQsGCqgTgIzP2XRIU2Gzeg708cTykZnqBSOYcCUWzhdh8Szxc3oAA4WxlcGMYccx8BM7K%2FRbei%2Bj%2FozeH9SPx%2Fpz0ncbO9bbTVkYH8m8KQjRwReG9291uFSRJD59ydlCQq0IGJ1Nz3ToXLvuaOmGBl5SXqow9KGdEj8aWmRcoh&prvtof=7MxcbFUXtqbNYcP7vLainQ6cuGtGboafzy74N0h8s2w%3D&poru=EgNqbYMd3153Jkt5AccxgO5kqDTWTTRA4tJilbD%2BTYA1UyTn3KEHfZkTXKF9QcIKQeOr5iNeH6B67YGVCszwlAmoBV6Ae9a%2Bs5uj8k7KGf4%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>