アフター・ウェディング - 渡まち子

(85点)

 一見地味だが、深みのあるドラマに感動する秀作デンマーク映画。何気ない描写から驚きの展開へと進むミステリアスな脚本に感心させられる。インドの孤児院で働く主人公が、ある実業家の申し出た寄付のため母国デンマークに帰国。そこで昔の恋人に出会い驚きの事実を知らされる。過去と未来、家族や孤独を通して、生きることを問うテーマが素晴らしい。映画好きならスサンネ・ビア監督の名前は絶対に覚えておこう。

アフター・ウェディング - 前田有一

抜群のストーリーテリング(60点)

 家族には大きく分けて2種類ある。いわゆる遺伝子上のつながりがある肉親と、血はつながっていないが家族同然の存在。養子の類もこちらに含まれるだろうか。赤ちゃんポストの概念を発明したり、不妊というわけでもない有名人が積極的に養子を迎えるなど、後者を受け入れる土壌が広まっている欧米に比べると、現代日本は比較的血縁を重視する印象だ。婚外子への相続差別など、法律上にもその痕跡が残っている。

この映画の批評を読む »

アフター・ウェディング - 岡本太陽

デンマーク映画、マッツ・ミケルセン主演(85点)

 2003年に『しあわせな孤独』というデンマーク映画を観た。非常に感銘を受けた映画だ。この映画を監督したのはスサンネ・ビアという女性。近年素晴らしい才能を持った女性監督が次々と世に出ているが、彼女もその一人だ。そして彼女の最新作『アフター・ウェディング』が今春公開された。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (20)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.