アニエスの浜辺 - 福本次郎

少女の感性をそのままに齢を重ねた老映画作家が、心に浮かんだイメージを徒然なままに映像化する。それは美しい詩のようでもあり、一瞬を切り取った写真のようでもある。彼女の人生を記録と記憶の再構築で想像力豊か再現する。(50点)

 まるで少女の感性をそのままに齢を重ねた老映画作家が、心に浮かんだイメージを徒然なままに映像化する。それは美しい詩のようでもあり、一瞬を切り取った写真のようでもある。彼女が自らの人生を振り返るにあたり、多くの人と出会い、欧州とハリウッドをまたにかけ、ユニークな経験をする。その思い出の数々を、記録と記憶の再構築で想像力豊かに表現していく様は、まさにマジック。彼女のアーティストととしての波乱に富んだ生涯と、人間としての愛に満ち溢れた実生活がコラボする。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】