アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン - 渡まち子

単純にキワモノとして見るに限る(45点)

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

© Lam Duc Hien, Photographer

 監督が映像美で鳴らすトライ・アン・ユンで、米・韓・日のイケメン俳優競演とくれば、期待するファンも多かろう。だが、残酷描写やグロテスクなオブジェが登場するハードな内容なので要注意だ。心に傷を抱える探偵クラインが探すのは、謎の青年シタオ。一方、香港マフィアのボスも溺愛する愛人を探す過程で彼を追っていた。シタオは他人の傷を引き受けるキリストのような存在だが、探偵やマフィアの救いにはならない。無慈悲な傷を受けながら何度でも生き返るが、結局誰の人生にもかかわらない。これがキムタク・キリストの限界か。第一、救世主を信じる地盤がこの物語にはない。“痛み”をテーマに宗教的な深読みもできるが、単純にキワモノとして見るに限る。何もかもちぐはぐなこの話は、トライ・アン・ユンの新しい挑戦なのだから。

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン - 前田有一

ただし出演者に興味を持っただけの人にはまったくすすめない(60点)

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

© Lam Duc Hien, Photographer

 先日書き下ろし新作「1Q84」が発売されたばかりの村上春樹。その代表作「ノルウェイの森」の待望の映画化企画が進行中だが、松山ケンイチ、菊地凛子といったキャストに加え、監督に決定したのがトラン・アン・ユン。ベトナム出身、フランスで活躍中の監督だが、その最新作が『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』。木村拓哉、イ・ビョンホン、ジョシュ・ハートネット……日米韓のハンサム俳優勢ぞろいの話題作だ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (15)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.