わが教え子、ヒトラー - 福本次郎

ユダヤ人がヒトラーを殴り倒し、演技指導と称して犬の真似をさせたりと、徹底的にヒトラーと側近のナチス幹部たちを愚弄する。しかしここまでおふざけが過ぎると悪趣味。逆に強制収容所の悪夢がリアリティを持って迫ってくる。(40点)

 ユダヤ人がヒトラーを殴り倒し、演技指導と称して犬の真似をさせ、さらには国民を鼓舞するための演説を口パクで演じさせたりと、徹底的にヒトラーと側近のナチス指導者たちを愚弄する。もちろん現在ではホロコーストの責任者として、「絶対的な悪」に定義されているからこそどんなにおちょくっても自由なのだろうが、ここまでおふざけが過ぎると悪趣味。ユダヤ人俳優の幻想といいたいのかもしれないが、逆に強制収容所の悪夢がリアリティを持って迫ってくる。物語の深刻な背景に笑うに笑えず、置いてきぼりを食ったような気分になる。

この映画の批評を読む »

わが教え子、ヒトラー - 渡まち子

ヒトラーの演説を指導するのがユダヤ人という強烈な皮肉。虚実を取り混ぜた知的な悲喜劇だ。(80点)

 敗戦濃厚の1944年のドイツ。うつ病を患い、自信を喪失したヒトラーを鼓舞するため、宣伝大臣ゲッペルスは、ユダヤ人のグリュンバウム教授を強制収用所から呼び寄せる。総統の演説指導を命じられ戸惑う教授だったが…。

この映画の批評を読む »

わが教え子、ヒトラー - 町田敦夫

◆ドイツ映画界の地雷を踏むシニカルな人間喜劇(70点)

 日本にはコメディのウケにくい土壌があるだけに、本作の配給元が人間ドラマを前面に打ち出した宣伝戦略を採るのは致し方のないことだとは思う。とはいうものの、そのためにコメディファンが本作を見逃すようなことがあるならあまりにも惜しい。そう、本作はコメディ、それも上質のコメディだ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (32)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.