ぼくのおばあちゃん - 渡まち子

田舎と過去が過剰に美化された演出が目に余る(50点)

 いい話だが印象が薄すぎる。住宅販売のトップセールスマンの智宏は、家庭を大切にする暇がない。だが、ある一家との出会いから、おばあちゃんっ子だった昔を思い出す。優しい祖母やいい人ばかりの町の人々。田舎と過去が過剰に美化された演出が目に余る。“ぼく”のキャラは立ってないし“おばあちゃん”はあまりに普通だ。これではホームビデオを見ているようで映画としての訴求力に欠ける。原因は、がばいばあちゃんの個性に匹敵するエピソードを用意できない脚本にある。高年齢主役でギネスに認定された菅井きんさんと、これが遺作となった深浦加奈子さんに敬意を払いたい。

【おすすめサイト】           

 

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://seo.spiderman-costumes.net/?fp=eoP0ZBzxjXpYvmhOB5JQyEOPEVOIlvFyo6Kz8QoAWNjUiwNDySr78XJAOYSr6597SA5EoTjChOMaqhhnqcM%2FjbWtX6JJU1w%2F0m1qEIzJPgPruDN5SNeOvDuLk4PJanY%2BOh1KmWnSnXIN0UbyU1Hv4pJhnbqe1BsD1bkAPU%2BmGJpRGMIjPfSCq3hrrE2t0Oui&prvtof=vcRNf1Ff9HJ5gcFJqLvXB%2FUUxdP64IC4VgUm3QnDpRo%3D&poru=QzMN3AP7IPfMesC1eKUlPWLvfxeI78r8BKhG50F36eL454wIawQwy7lBaofMowDIvV6xCUmGiowXSjmv%2F95aHbVkJsrwgzKFUY86ZXFTG%2BA%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>