ぼくたちと駐在さんの700日戦争 - 福本次郎

勉強やスポーツといった打ち込むべき対象がなく、あり余る時間を費やすためにさまざまなイタズラを仕掛ける高校生。他愛ない姿に思わず噴き出す場面もあるのだが、登場人物が薄っぺらで、エピソードも一発芸風のものばかり。(40点)

 勉強やスポーツといった打ち込むべき対象がなく、あり余る時間を費やすためにさまざまなイタズラを仕掛ける高校生。そのあまりに他愛ない姿に思わず噴き出す場面もあるが、彼らの行動の裏に若者の鬱憤や大人に対する強烈な反発があるわけでもなく、かといって完全にバカになっているわけでもない。また、登場人物の造形が非常に薄っぺらで、エピソードも一発芸風のものばかり。一応、病気の少女のための花火大会というクライマックスを用意しているのだが、腕時計や喫茶店、女性のヘアスタイルなど目に見えるものにはリアリティがあるのに、セリフがまったくうそ臭い。

この映画の批評を読む »

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 - 渡まち子

ハートウォーミングな青春ドラマだ。(60点)

 大人気ブログ小説「ぼくちゅう」のエピソードを厳選し映画化した物語は、ハートウォーミングな青春ドラマだ。70年代末の田舎町を舞台に、高校生7人の悪ガキと駐在さんが繰り広げるイタズラ合戦なのだが、驚くのは半分実話だと言うこと。子供相手に本気でリベンジする駐在さんは日本一大人気ない公務員なのだが、実はイイ奴なのは映画後半に判る仕掛け。抑揚のない演技が特徴の市原隼人だが、本作ではとても魅力的である。

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (18)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.