のだめカンタービレ 最終楽章 後編 - 福本次郎

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

© 2010フジテレビ・講談社・アミューズ・東宝・FNS27社

◆音楽家を目指す若者たちは苦悩や葛藤よりも、「クラシックやってます」的な浅薄な選民意識に酔ってお祭り騒ぎを繰り返している。そこには音楽に対して真摯に向き合う姿勢はなく、バラエティ番組のノリではしゃいでいるだけだ。(30点)

 パリを中心にプラハにまで足をのばし街の風景をカメラに収め、ショパン、ブラームス、ラヴェルからモーツァルトまで名曲を再現する中で、音楽家を目指す若者の苦悩と葛藤も少しは描かれる。ところがその本質は「クラシックやってます」的な浅薄な選民意識に酔ってお祭り騒ぎを繰り返しているだけ。そこには音楽に対して真摯に向き合う姿勢は微塵もなく、ただ出演者とスタッフがバラエティ番組のノリではしゃいでいるとしか思えない。確かにカネも手間ヒマもかかっている、しかし、そのエネルギーの向かう先が間違ってはいないか。これでは真面目に音楽に取り組んでいる人々に失礼だし、中途半端なギャグも笑えるレベルに達していない。

この映画の批評を読む »

のだめカンタービレ 最終楽章 後編 - 渡まち子

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

© 2010フジテレビ・講談社・アミューズ・東宝・FNS27社

◆ついに実現した二人の“共演”は、グランドフィナーレにはあまりにも地味すぎやしないか(30点)

 のだめと千秋の恋の結末が気になるグランドフィナーレの後編だが、見終わってみると、わざわざ2部構成にする意味があったのだろうか?? と大いに疑問だ。音楽に集中するため、互いに距離を置こうと離れ離れに暮らすことになったのだめと千秋。孫Ruiと共演し大成功を収める千秋とは対照的に、のだめはコンクールへの参加さえ許してもらえず焦る日々だ。千秋との恋愛にも限界を感じ、失意ののだめに、シュトレーゼマンが共演話を持ちかける…。

この映画の批評を読む »

のだめカンタービレ 最終楽章 後編 - 前田有一

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

© 2010フジテレビ・講談社・アミューズ・東宝・FNS27社

◆1話逃さず見ていたファンならもっと評価アップだとは思うが……(20点)

 人気ドラマの完結編は、映画館にて有料でご視聴いただく。広告不況であえぐテレビ局の苦境がしのばれる苦渋のビジネスモデルである。しかも『のだめカンタービレ』の場合は、その映画版が前編後編と分かれている。当然、入場料も二回徴収されることになる。ファンの懐にとっても、テレビ局と不況気分を共有できる仕組みである。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (4)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.