それでも恋するバルセロナ - 福本次郎

望むものは分っている女と、望まないものは分っている女が、人生の答えを探して彷徨する。人を愛し、傷つけ、求めていたものと違う結果に自分もまた傷つく。そんな恋愛遍歴を重ねる女たちを通じて、男と女、女と女の関係を問う。(50点)

それでも恋するバルセロナ

© 2008 Gravier Productions, Inc. and MediaProduccion, S.L.

 南欧の太陽が大胆にさせるのか、女たちは新しい恋と刺激を求めて心の命じるままに動く。自分の望むものは分っていながらも道徳的な価値観から行動を規制しようとする女と、望まないものだけは分っているが本当に自分が手に入れたいものがわからない女が、人生の答えを探して彷徨する。人を愛し、人を傷つけ、そして求めていたものと違う結果に自分もまた傷つく。そんな恋愛遍歴を重ねる女たちを通じて、男と女、女と女、さらに結婚とは何かを問う。

この映画の批評を読む »

それでも恋するバルセロナ - 渡まち子

人生は貪欲に楽しむべし。バルセロナの街の魅力を堪能できるアレン流のラブ・コメディーだ。(65点)

それでも恋するバルセロナ

© 2008 Gravier Productions, Inc. and MediaProduccion, S.L.

 夏のバカンスでバルセロナを訪れた親友同士のヴィッキーとクリスティーナは、セクシーな画家フアン・アントニオと知り合う。積極的なクリスティーナと慎重派のヴィッキーは共に彼に惹かれていくが…。

この映画の批評を読む »

それでも恋するバルセロナ - 町田敦夫

◆ウディ・アレン旅行社の洒脱でアブないバルセロナ・ガイド(70点)

 「双子と寝たい」と書いていたのは若い頃の村上春樹だったが、ウディ・アレンの今作のテーマはズバリ、3P。初対面の女性2人を臆面もなくベッドに誘う画家や、愛人を同居させた方が公私ともに順調という芸術家夫婦を見ていると、私たちが日頃疑うことのないモラルの土台がちょっと揺らぐ。「バルセロナが大好き」と公言するアレンが、有名な観光スポットをぜいたくにロケに取り入れているのも、見逃すことのできないポイントのひとつだ。

この映画の批評を読む »

それでも恋するバルセロナ - 岡本太陽

◆ヨハンソン、バルデム、クルスが共演!(85点)

 バルセロナには何かがある。人々はその街に引き寄せられ、妙な体験をしてしまうのだ。近年でバルセロナを舞台にした映画で印象的だったのは、おそらく 2003年の『スパニッシュ・アパートメント』が挙げられるだろう。これは主人公のフランスからの留学生が、バルセロナで彼の人生において忘れられない体験をするというものだった。そして今年、魅力的な街バルセロナが舞台の新しい映画が誕生した。『それでも恋するバルセロナ』と呼ばれるその映画は、なんと鬼才ウディ・アレン監督作だ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (8)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.