いつか眠りにつく前に - 福本次郎

命の火が燃え尽きようとしているとき、封印していた過去を思い出す。決して忘れられないのに、誰にも語れない。罪の意識と後悔、子供を産み育て、愛した記憶にあふれた人生に失敗などないという、肯定する姿勢がすばらしい。(70点)

 命の火が燃え尽きようとしているとき、封印していた過去を思い出す。自分が原因で若者を1人死なせ、自分もまた愛を失ってしまう。決して忘れることができないのに、誰にも語れない。しかし意識が朦朧としていく中でその思いは堰を切ったように口からあふれだす。罪の意識と後悔、それでも生きて子供を産み育て、愛した記憶にあふれた人生に失敗などないという、人の一生を肯定する姿勢がすばらしい。死の恐怖をより生きた満足感、それこそが安らぎに満ちた旅立ちに必要なものだ。

この映画の批評を読む »

いつか眠りにつく前に - 渡まち子

死を目前にした母が胸に秘めていたのは娘たちが知らない悲恋。豪華キャストで描くしっとりとした女性映画だ。(65点)

 人生の最期を迎えた老婦人アン。母の枕元の二人の娘が聞いたのは、自分たちが知らない男性の名前だった。夢とも現実ともつかない意識の中で、若かった日々を振り返るアンの脳裏によぎった過去の過ちとは…。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (11)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.