あの空をおぼえてる - 渡まち子

死という重い設定が演出の腕を鈍らせたか。(45点)

 テーマは愛する者の喪失と家族の再生。娘の絵里奈を事故で亡くし立ち直れない父親と、両親を元気付けようと奮闘する息子の繊細な思いを描く。在りし日の絵里奈の明るさが過剰すぎて白々しさが漂うのが難点。冨樫森監督は子供を描くのが上手いのに、死という重い設定が演出の腕を鈍らせたか。オルフェウスの挿話も活きてない。何より展開が冗長でテンポが悪い。唯一、新しい命を宿した母親が強くあろうと懸命な姿に説得力があった。

あの空をおぼえてる - 福本次郎

一家の幼い妹が不慮の死で、彼女の両親は喪失感からなかなか立ち直れず、兄はなかなか現実を受け入れられない。ただ、幸せだったころの記憶は、作り物めいたエピソードと過剰な笑い声に彩られ、見ているほうが恥ずかしくなる。(30点)

 愛し合っていた一家の幼い妹が不慮の死を遂げたとき、彼女の両親は喪失感から立ち直れず、兄はそれを受け入れられない。悲しみはみな同じなのに、落ち込んだ両親を励まそうと妹の代わりになって寒々とした食卓を元気付けようとする小学生の兄の姿が痛ましい。深く沈みこんだ現在と明るさにあふれていた過去の対比の中で、時間だけが切り裂かれた心を癒していく。ただ、幸せだったころの記憶は、作り物めいたエピソードと過剰な笑い声に彩られ、見ているほうが恥ずかしくなる。もう少しまともな脚本はできなかったのか。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (7)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.