REC/レック2 - 佐々木貴之

◆CCDカメラによるサブ視点が取り入れられたことによって演出面がパワーアップ(75点)

 スペイン製パニック・ホラー『REC/レック』(07)は世界各国でヒットし、アメリカでは『REC:レック/ザ・クアランティン』(08、日本未公開)としてリメイクされた。そして、待望の第二弾が作られた。監督は、前作同様にジャウマ・バラゲロとパコ・プラサとの共同。

 人間を凶暴化させる謎のウイルスの感染で多くの犠牲者を出し、パニック状態と化した古アパート。これ以上の惨劇を防ぐべく完全封鎖されたアパートに SWAT隊員四名とオーウェン博士(ジョナサン・メイヨール)がヘルメットにCCDカメラを装着し、内部調査を行うべく感染の元であると思われる最上階へと向かう。しかし、SWAT隊員の一人が生存している感染者に噛まれたことから更なるパニックがヒートアップしていく。

 今回もPOV映像(主観映像)がパニック描写をドキュメンタリータッチでリアルに捉えるが、SWAT隊員のCCDカメラによるサブ視点が取り入れられたことによって演出面がパワーアップし、面白さが磨き上げられた。目まぐるしく思える映像が観る者を驚愕させ、楽しませ、そして良い意味で疲れさせてくれる。

 ゾンビ風の感染者による襲撃とグロさは、前作以上に面白さがアップしており、今回もパニック描写が観る者をハラハラドキドキさせてくれる。今回は男二人と女一人のティーンエイジャー三人組が興味本位で地獄と化したアパートに侵入するが、この三人組の存在が面白さを一段と引き立てている。また、ゾンビ系ホラーの面白さをキープしつつもオカルト系ホラーの要素を取り入れたりといった目先を変えた趣向の凝らし方も良い。

 中盤を過ぎたあたりから、前作で消防士のTVドキュメンタリーのレポーターを担当していたヒロインのアンヘラ(マニュエラ・ヴェラスコ)がしっかりと登場してくれる。これによってストーリー展開が更に面白くなってくる。それにしても彼女のキレっぷりがこれまた凄まじく、こちらも前作よりも遥かに上を行っているのでしっかりと注目して頂きたいポイントだと言える。

 ストーリーは前作のラストシーンから始まる。序盤では前作とは違った新たな物語として描かれるが、中盤以降で前作としっかり結びつくという構成も見事だ。ラストシーンであっと驚くような恐怖が描かれる。このシリーズは三部作らしい。早くも第三弾に大きな期待を抱いてしまう。

佐々木貴之

【おすすめサイト】