PUSH 光と闇の能力者 - 佐々木貴之

◆ダコタ・ファニングの脱子役感を味わえる(60点)

 念動力<ムーバー>の第二世代であるニック(クリス・エヴァンス)のもとに13歳の少女キャシー(ダコタ・ファニング)が現れる。彼女は予知能力<ウォッチャー>を備えており、600万ドルが入っている謎のケースを持つ女を探して欲しいとニックを訪ねて来たのである。女は謎の政府機関“ディビジョン”から脱走してきたキラ(カミーラ・ベル)であり、他人の思考を乗っ取る力を備えた者<プッシャー>であった。キャシーの依頼以後、ニックはディヴィジョンが送り込んだ超能力者たちから命を狙われ、キャシーとともに挑むことを決めるが……。

 善と悪の超能力対決を描いた本作。この視点から考慮するとSFアクションに強い期待を抱いてしまうが、どちらかと言えばクライム・サスペンスドラマに比重が置かれている。見方と敵の駆け引きをはじめとするドラマ描写等は良しとするが、途中で分かりづらくなってしまうのが痛手だ。だから、もっとSFアクションの見せ場を用意した方がさらに面白く仕上がっていただろう。

 舞台は香港で街並みの活写はスタイリッシュで見応えは抜群。この点に関して言えば、ポール・マクギガン監督が『ラッキーナンバー7』(06)で魅せた映像センスに更に磨きをかけ、パワーアップしたことがわかった。

 また、子役のイメージが根付いているダコタ・ファニングの脱子役感を味わえることもかなり興味深いポイントだ。中でも酒を飲んで酔っているサマには、唖然とさせられてしまうだろう。

 本作において何よりも面白いのは、やはりクライマックスのアクションだ。VFXを駆使した超能力攻撃は、漫画やゲームのようなケレン味が感じられ、これにガンアクションと格闘アクションもミックスされてなかなか見応えのあるシーンに仕上がっている。建築真っ只中(足場が竹で組み込まれている)の建物をバックにしており、これが『ラッシュアワー2』(01)を少し彷彿させる。

 香港、ダコタ、SFアクションに注目の一作。

佐々木貴之

【おすすめサイト】