パブリック・エネミーズ - 岡本太陽

◆ジョニー・デップが伝説的なカリスマ銀行強盗犯に扮する(55点)

 社会の敵ナンバーワンと呼ばれたジョン・デリンジャーを売った女は「赤いドレスの女」と呼ばれた。その言葉が一般的に「不幸を招く女」の意味で通用する様になる程、デリンジャーという男は当時のアメリカに影響を与えていた。『ヒート』『コラテラル』のマイケル・マン監督最新作『パブリック・エネミーズ』はそのカリスマ銀行強盗犯ジョン・デリンジャーを描く物語で、なんとすべてデジタル撮影されているという試みが時代劇なのにリアルというなんとも言えない違和感を与える。

 今回世界恐慌時に有名になった銀行強盗犯ジョン・デリンジャーを演じるのはジョニー・デップ。カリスマ性の高い俳優が義賊であったデリンジャーを演じる事により、まるで暗黒の時代に人々に希望を与えるヒーローの様な人物像を作り出す事に成功している。また、本作ではデリンジャーの犯す犯罪だけでなくアカデミー賞女優マリオン・コティヤール扮するビリー・フレシェットとのロマンスも描かれており、彼が愛する人を気遣う優しい人間であるという事も描かれる。そんな彼の優しさが人々にもてはやされた理由の1つだったのだろう。

 ジョン・デリンジャーはなぜ銀行強盗なったのか。その理由はおそらく彼の生い立ちにある。彼はインディアナ州のインディアナポリスで生まれた。しかし幼い頃に母を亡くし、父は別の女性と再婚した。そして青春期になると不良グループと付き合う様になり、それを見兼ねた父は家族で田舎へ引っ越す事を決意。しかし、田舎暮らしに退屈していたジョンの素行は悪くなるばかり。その後、海軍に入隊するも数ヶ月でダメ、結婚もダメ。彼はいわゆる普通の人々の暮らす「社会」にどこにも居場所がなかったのだ。

 それからデリンジャーは窃盗の罪で10年近い刑を受け、刑務所暮らしの中で、その後強盗団に加わる仲間から仕事(強盗)のスキルを学ぶ。そして1933年仮釈放中に受刑中の仲間を脱獄させる事に成功し、それから彼の本業が始まるのだった。この脱獄シーンは本映画のオープニングシーンであり、計算され尽くした脱獄の振り付けと素晴らしい撮影テクニックが度肝を抜く。

 デリンジャーは1934年にFBI 長官エドガー・フーバー(ビリー・クラダップ)により「社会の敵ナンバーワン」と言う呼称を付けられる。そしてフーバーに指名されデリンジャー狩りをするのがクリスチャン・ベイル扮するFBI捜査官メルヴィル・パーヴィスだ。ビリー・クラダップは芸達者ゆえに当時の言葉遣いをマスターしたりと完璧な役作りを披露しているが、ここで面白いのはクリスチャン・ベイル。彼はいつもの様にエレガントでダークな雰囲気。とりあえず映画の中に居れば良いという印象を受ける。彼は今回もブルース・ウェインであり、ジョン・コナーだ。

 また、マイケル・マン監督と言えば思い出されるのが『ヒート』の長い銃撃戦。本作でもデリンジャー率いる強盗犯達と警察やFBIとの攻防戦が多くあり、手に汗握る瞬間は大いにある。ただ今回はフィルムのドラマチックさはなく、デジタル撮影での殺伐とした銃撃戦が繰り広げられるため、次に何が起こるか分からないというリアルで恐いと感情を覚えてしまうのが今回の銃撃戦の見所だろう。マイケル・マンとアン・ビダーマンが共同執筆した脚本があまりにもコテコテで退屈なため(特に台詞は酷い)、きっとマイケル・マン氏はただ単に銃撃戦だけを撮りたかったに違いない。

 本作ではデリンジャーの事を徹底的にユーモアのある紳士として描いている、まるで映画の中の登場人物の様に。1934年7月22日デリンジャーは射殺された。その直前に彼が映画館で観ていたのは『男の世界』。ギャングに扮するクラーク・ゲーブルと本物のギャングであるデリンジャーがシンクロする。彼は本当に存在したのか。きっとジョン・デリンジャーという男は人々にとって現実の世界にいる映画の中の登場人物だったのかもしれない。

岡本太陽

【おすすめサイト】 
Warning: file(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 80

Warning: file(http://www.beetle-ly.net/linkservice/full_nor/group73): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 80

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 82

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 83

 

File not found.