映画ジャッジ! 映画批評家のご紹介

心映画批評 通映画批評
感映画批評 愛映画批評
狂映画批評 学映画批評
淑映画批評 名映画批評


きっと、星のせいじゃない。 - 青森 学

絶望的な状況なのに希望があるという難しいテーマを上手く扱った佳作(点数 87点)


©2014 TWENTIETH CENTURY FOX

不治の病に冒されたヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)とオーガスタス(アンセル・エルゴート)の若い一組のカップルが残された時間を懸命に生きていくというお話しではあるのだが、 ティーンエイジャー向けの作品だからと言って死生観が幼いと言う訳ではない。
死と向き合う事は年齢の長幼に拘らず、当事者に深い省察をもたらす。
二人はヘイゼルが尊敬する作家に会う為にアムステルダムへ旅立つがそこで訪れるアンネ・フランクの生家で彼女の絶望の中に居ても希望を失わなかった人生に、二人はまた生きることの意味に近づくのである。

この映画の批評を読む »

ベイマックス - 青森 学

人間をケアすることを使命とするロボットの健気さが涙を誘う。(点数 93点)


(C)2014 Disney. All Rights Reserved.

物語の舞台はサンフランソウキョウというサンフランシスコと東京が融合したような街で未来か別次元の世界かは定かではないが、現実の世界より少し科学技術が進歩している。
主人公はヒロという名の14歳の天才少年。
日本の敗戦時、マッカーサーが日本人の精神を14歳の少年に喩えていたが、頭が良く勝ち気でナイーヴでちょっと思慮が足りないのはアメリカ人が今でも抱く日本人のイメージなのかも知れない。
ラセターはこの事を踏まえて主人公を14歳の少年に設定したのだろうか?

この映画の批評を読む »

ザ・テノール 真実の物語 - 小泉浩子

本当の奇跡に涙してしまう!(点数 90点) 


(C)2014 BY MORE IN GROUP & SOCIAL CAPITAL PRODUCTION & VOICE FACTORY. ALL RIGHTS RESERVED.

繊細で力強いたぐいまれな歌声(リリコ・スピント)をもつオペラ歌手・ベー・チェチョルは、ヨーロッパで活躍していました。

妻と一人息子にかこまれ、幸せな日々をおくっていた彼は、甲状腺がんを患ってしまいます。しかも、手術中に声帯の片方の神経が切れてしまい、歌うことができなくなって……。

この映画の批評を読む »

ドラキュラZERO - 青森 学

善と悪の間で心を引き裂かれるドラキュラは、混迷の時代に生きる我々にとって心を動かされずにはいられない(点数 87点)


(C)Universal Pictures

ドラキュラとオスマントルコの皇帝が会席する際、皇帝が貢ぎ物として千人の少年を差し出すようドラキュラに命じるが、ドラキュラはそれを拒む。
その時の「一緒にコーヒーを飲んだ仲ではないか」という台詞は、コーランでは依存性のある薬物は禁止されていたが当代のカリフがコーヒー好きだったため、コーヒーは禁止項目から除外されていた。
イスラム圏ではコーヒーは「アラブ人のワイン」の異名がある。
イスラム教国の人にとってコーヒーはアルコールの代替物なのだ。

この映画の批評を読む »

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 - 中野 豊

魅せられて、プリンセス・アクトレス♪ (点数 80点)


(C) 2014 STONE ANGELS SAS

アメリカ映画絶頂期に(1950年代)SEXシンボルと言われたマリリン・モンローの対極に位置していた生粋のアメリカン・ビューティ=グレース・ケリーは1928年にペンシルヴァニア生まれ。
父はアイルランド系の建築業者で市長選にも出たこともある名士で、母はドイツ系美形のモデル出身。
グレースは4人兄妹の3女で姉妹の中では最も美しかったのですが、学業は中位で性格はやや勝気でした。
上流階級出のグレースは父の猛反対を押し切って女優になるためにニューヨークのアメリカ演劇アカデミーにバイトをしながら通ったのでした。

この映画の批評を読む »

LAST LOVE/愛人 - 中野 豊

懸命に生きる女と落ちぶれてしまったギタリストの恋(点数 60点)


©レジェンド・ピクチャーズ

ラブストーリーは大きなジャンルです。
ロマンスを映画の主軸に置いても戦争、事件を背景とした作品も多く、他ジャンル映画のミュージカル、ホラー、SF映画などにも「ラブロマンス」を絡めた作品はたくさんあります。
更に、悲劇、喜劇、三角関係、不倫、同性愛など様々な状況・視点もありますので、どの作品が優れているとは言い難いのですが、今回は、夢を捨てた世捨て人風情の男と現代病ともいえる双極性障害の二人にフォーカスしたオフビートな一篇です。

この映画の批評を読む »

フランキー&アリス - 小泉浩子

ハル・ベリーの演技から目が離せないっ!(点数 85点) 


(C)2009 F&A PRODUCTION SERVICES INC. All Rights Reserved.

1973年。自分が買った覚えのない服や、記憶にない時間があり、ストリッパーのフランキーは、悩んでいました。さらに身に覚えのない傷害事件で逮捕されてしまいます。

警察か、精神病院での治療かという選択肢の中で、彼女は、サイコセラピストのオズを選びます。

医者と言うよりは、研究者の彼は、彼女の中に人種差別主義者の「アリス」を見つけますが……。

この映画の批評を読む »

荒野はつらいよ〜アリゾナより愛をこめて〜 - 青森 学

現代人の価値観を持つ主人公が生きる開拓時代の生き辛さをコミカルに描く(点数 87点)


(C)Universal Pictures

粗野な開拓時代の人間にはない繊細な現代人の感覚を持つアルバート(セス・マクファーレン)が開拓時代の人達を批判的な目線で嘆くストーリーが面白い。
西部劇を批判的によみといたパロディ仕立て。
世代間のギャップを笑うのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ(以下BTFと略)だったが、観客が共感しやすいために主人公はどうしても現代人の感覚を持っていなければならないという時代劇の制約を逆手にとって明示的にパロディ化したのが本作である。

この映画の批評を読む »

イヴ・サンローラン - 小泉浩子

天才の素顔は、かなりせつない!(点数 90点)


(C)WY productions – SND – Cinefrance 1888 – Herodiade – Umedia

天才を愛するというのは、どんな気持ちなのでしょうか?

そして天才からも愛され、その人を己の人生をかけてサポートしていく。

涙があふれるような幸福なのでしょうか?

涙が涸れるような不幸なのでしょうか?

その答えがこの作品なのかもしれません。

この映画の批評を読む »

思い出のマーニー - スタッフTOMOKO

多感な12歳の頃を思い出せる少し切ない映画(点数 78点)


(C)2014 GNDHDDTK

ジブリ作品「思い出のマーニー」鑑賞。
しょっぱなから、12歳の女の子アンナの世界に引き込まれる。
世間とうまく折り合えない。
自分だけが外側にいるような感覚。
誰にも本音が言えず、世の中の欺瞞に苦しくて、それが喘息となって表れる。

この映画の批評を読む »

マダム・マロリーと魔法のスパイス - 青森 学

異なる食の対立を通して描く、民族の融和 (点数 87点)


(C)2014 DreamWorks II Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

村の長になる資格として村人を飢えさせないこと。なにか諍い事があれば当事者に腹いっぱいメシを食べさせて落ち着かせる。「食」は平和の別名である。
食べることは人の心を平和にする。料理は心を穏やかにするちからがある。
音楽に国境が無いように、料理も易々と国境を越える。
中国は世界を支配したわけでは無いが中華料理は政治の枠を飛び越えて世界を席巻している。それだけ食というものは普遍的でグローバルな要素を持っている。

この映画の批評を読む »

静かなる男 - 中野 豊

ジョン・フィード映画をもう一度。(点数 90点)


(C)1952 MELANGE PICTURES LLC. (C)2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHT RESERVED

ジョン・フォード監督生誕120年に、傑作2作品がデジタル・リマスターでスクリーンに甦ります。
今回は西部劇の金字塔『駅馬車』を差し置いて、ジョン・フォード監督の心の故郷アイルランドを舞台に、アイルランド気質をユーモアたっぷりに描いた『静かなる男』を紹介します。

この映画の批評を読む »

6才のボクが、大人になるまで。 - 青森 学

現代アメリカを象徴する家族の軌跡。(点数 85点)


(C)2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c. aLL rights reserved.

道具を使って研磨したダイヤであれ、機械を使って研磨したダイヤであれ磨かれたダイヤであることには変わりがない。
素材の良し悪しはともかく完成した作品の出来そのものが評価される。
それが揺るがしようのない事実である。
映像作家は素材にこだわることがままあるが、いくら素材にこだわっても出来栄えとの因果関係はそれほど明確ではない。
素材が良くても失敗に終わった大作なら枚挙にいとまがない。
しかしながら12年間の撮影を通して家族の肖像を精緻に描いて見せた今作は成功であったと云える。
ストーリーに映画らしい起伏は無いものの大河のようにうねり、多くの時を呑み込んで生まれた今作は時間の経過と共に生じる人の『変化』と成長を上手く写実化している。

この映画の批評を読む »

さまよう刃 - 中野 豊

非道な少年たちへの父親の復讐劇。正義とはなんだ!(点数 75点)


(C) 2014 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

本編は、東野圭吾による長編小説で「週刊朝日」にて連載さていました。
2009年に、東映により、寺尾聰、竹野内豊主演で映画化された作品の韓国によるリメイク版です。

この映画の批評を読む »

サンシャイン/歌声が響く街 - 小泉浩子

ご機嫌なミュージカルで癒やされちゃおっ! (点数 90点) 


(C)DNA Films

結婚25周年を迎えるロブ(ピーター・ミュラン)とジーン(ジェーン・ホロックス)は、くもり空が続く町、スコットランドのリースで、暮らし
ています。

息子のデイヴィー(ジョージ・マッケイ)と娘・リズ(フレイア・メーバー)の恋人アリー(ケヴィン・ガスリー)が、アフガニスタンでの兵役から帰還し、一家はお祝いムードに包まれます。

ところが、大勢の親戚と友人を招いた盛大な銀婚式のパーティで、ロブに24歳になる隠し子がいることが発覚して……。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (26)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.