映画ジャッジ! 映画批評家のご紹介

心映画批評 通映画批評
感映画批評 愛映画批評
狂映画批評 学映画批評
淑映画批評 名映画批評


BORDER LINE ボーダーライン - 前田有一

◆大作を見るよりずっと面白い(60点)

 一般公募による自主製作映画コンクール「ぴあフィルムフェスティバル」で選ばれた監督が、そのプロデュースのもとに長編映画を製作するシステム「PFFスカラシップ」による作品。

この映画の批評を読む »

ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール - 前田有一

◆付き合いたてのカップルにすすめたい(65点)

 人気フランス女優シャルロット・ゲンズブールが、実生活でのパートナーであるイヴァン・アタルの妻役(役名もシャルロット)を、劇中で演じるパ4ロディチックなドラマ。

この映画の批評を読む »

デブラ・ウィンガーを探して - 前田有一

◆出演女優リストを見てから出かけよう(70点)

 ショウビズ界有数の俳優一家の長女、ロザンナ・アークエットが初監督したドキュメンタリー。「女優業と母親業の両立に悩む」ロザンナ自身が、主に40代以上のハリウッド女優34名にインタビューしつつ、最後に憧れの女優、デブラ・ウィンガーにたどりつくまでを描く。

この映画の批評を読む »

夏休みのレモネード - 前田有一

◆さすがは12000本から選ばれた脚本だ(80点)

 ベン・アフレック&マット・デイモンが、『グッドウィルハンティング』の脚本を、自分たち主演で売りこみ、アメリカンドリームを実現したというのは有名な話である。そんな彼らが、自分たちに続く新人を探すための企画で集めた1万2000本の脚本の中から、グランプリに選んだ脚本を映画化した感動作が本作である。

この映画の批評を読む »

トエンティマン・ブラザース - 前田有一

◆仲良し兄弟、強盗を働く(40点)

 『メメント』『タイムマシン』のガイ・ピアース主演の、オーストラリア製クライム・ムービー。

この映画の批評を読む »

トーク・トゥー・ハー - 前田有一

◆他者と上手に付き合えない不器用な男の恋と友情を、せつなく描く物語(75点)

 ペドロ・アルモドバル監督の人間ドラマ。アカデミー脚本賞を受賞したスペイン映画である。

この映画の批評を読む »

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル - 前田有一

◆アクションより、キャメロンのダンスがすごい(75点)

 70年代のテレビシリーズをもとに映画化したアクション映画のPART2。製作側にしてみると、前作も大ヒットしたので、テレビシリーズのファンを含めて、相当幅広い年代を劇場に呼べるという、大ヒット確実な安全パイの典型である。

この映画の批評を読む »

EX エックス - 前田有一

◆スポーツシーンは面白いが、それを見るだけの映画にとどまっている(50点)

 エクストリーム・スポーツを題材にしたアクション映画。各スポーツのトッププレイヤーを集めた、本物のスタントシーンが売り物。

この映画の批評を読む »

ムーンライト・マイル - 前田有一

◆挿入曲が好みに合う人にすすめたい(50点)

 ダスティン・ホフマン、スーザン・サランドン、ホリー・ハンターといった、アカデミー賞の常連俳優が競演する感動ドラマ。

この映画の批評を読む »

ブルークラッシュ - 前田有一

◆サーフィンの楽しさだけはわかる映画(35点)

 「サーフィンてこんなに楽しいんだよ! みんなもやりたくなったでしょう?」 と主張しつづける映画である。まるで、サーフィンプロモーションビデオのようだと思えばよろしい。

この映画の批評を読む »

ソラリス - 前田有一

◆ハリウッド製にしては観客を選ぶSF映画(40点)

 1972年にソ連で作られた『惑星ソラリス』という作品のリメイク。『タイタニック』のジェームズ・キャメロンが製作し、『エリン・ブロコビッチ』『オーシャンズ11』といったヒット作を連発するスティーブン・ソダーバーグが監督したSF作品。

この映画の批評を読む »

ミニミニ大作戦 - 前田有一

◆可もなく不可もない、ごく普通の週末ムービー(60点)

 イギリスの自動車メーカー、ローバー社の人気小型車、MINIが大活躍する、カーアクション・ムービー。同名作品のリメイクになる。本作では、(ローバー社が買収されたため)BMWが製造する新型ミニ・クーパーが登場する。

この映画の批評を読む »

キラーズ KILLERS - 前田有一

◆個性を感じられる短編ガン・アクション集(65点)

 月刊『GUN』誌という、鉄砲マニアな方が購読する雑誌のライターが主宰した、自主映画コンテストに応募した中から、骨のある新人を2名選んで、押井守らと共に5本の短編オムニバスとして製作したガン・アクション映画。

この映画の批評を読む »

パイラン - 前田有一

◆泣こうという心構えを持っていくべき恋愛映画(40点)

 浅田次郎の短編を原作にした、韓国製恋愛ドラマ。主演は、『シュリ』の悪役が記憶に残るチェ・ミンシク。

この映画の批評を読む »

ノボ NOVO - 前田有一

◆設定は斬新だが中身は退屈(50点)

 シャネルのモデルをやってるアナ・ムグラリス主演の、一風変わったフランス製恋愛映画。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】