映画ジャッジ! 映画批評家のご紹介

心映画批評 通映画批評
感映画批評 愛映画批評
狂映画批評 学映画批評
淑映画批評 名映画批評


ブラックハット - 青森 学

“ハッカー”という一般的に映画向きではない職業を分かりやすいソーシャルエンジニアリングの技法にプロットした潔さを評価したい。(点数 83点)


(C)Universal Pictures

『スティング』(1974年公開)で最後の大掛かりな騙しのテクニックは”ワイヤード”という手口だった。
コンゲームにはターゲットの意表を突いて出し抜く面白さがあり、それがカタルシスを生む。

この映画の批評を読む »

百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~ - 小泉浩子

鉄火肌で粋なお栄に杏が命を吹き込む!(点数 95点)


(C)2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会

 
浮世絵師・葛飾北斎の名は、美術に疎い私でも知っていますが、彼の娘・お栄も、浮世絵師だったというのは恥ずかしながら、知りませんでした。

浮世絵師・お栄(声:杏)は、23才。父であり、絵の師匠でもある葛飾北斎(声:松重豊)と絵を描いて暮らしています。

掃除もしない、炊事もしない、ゴミも捨てない。住めなくなったら引っ越せばいいという雑然とした家は、まるで合宿所です。

この映画の批評を読む »

駆込み女と駆出し男 - 青森 学

離婚のコストがいかに高く付くのか東慶寺に暮らす女性たちを見て窺える(点数 88点)


(C)2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会

巷ではもっとも高くつく買いものが「離婚」であると言う人もいる。

それでも離縁を求めて東慶寺に駆け込む女性も少なからず居た。

人生最大の難題である「離婚」をテーマにした映画は幾多もあるが、江戸時代に人権が特に制限されていた女性を救済する東慶寺等の縁切り寺を舞台にした作品とあらば興味を抱く人も少なくないだろう。

この映画の批評を読む »

6才のボクが、大人になるまで。 - 山口拓朗

12年をかけて描いた165分(点数 75点)


(C)2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c. aLL rights reserved.

この映画は、撮影に12年の年月が費やされている。

上映開始時に6歳だった何ともかわいい少年は、165分後の上映終了時には、耳にピアス、あごに不精ヒゲの生えた18歳に成長している。

姉と両親を含めた4人が、それぞれ12年分、歳を取っていく。

子供たちの成長もさることながら、主人公の母を演じたパトリシア・アークエットの体型が、「ふっくら」から「どっしり」へと変化していく様子もリアルだ。

この映画の批評を読む »

龍三と七人の子分たち - 中野 豊

元ヤクザじいさんたちの平均年齢70歳超え、よって採点も……。(点数 75点)


(C) 2015「龍三と七人の子分たち」製作委員会

北野武監督はヤクザを絡めたコメディ映画を創りたかったのではと深読みすると、芸人畑の名匠が遂に偉業を成し遂げてしまったのです。

北野映画のイメージは、寡黙で映画の世界が絵画のようであり、どんな絵を描こうとしているのかラストまで予測不能でした。
対象をキャメラが捉え、四角いフレームの中にショートセンテンスの連続性を構築し、多くを語らないイマジネーションと不意に訪れるバイオレンスのカタストロフに特に初期の作品では衝撃を受けたものです。
ところが、本作は初めて脚本の読み合わせをしたということから、寡黙な作品ではないことがわかります。

それがうまくいったのかは観客が決めることですが、元ヤクザじいさんvs詐欺集団のガキという基本ラインから台詞の応酬からなるジェネレーションギャップの可笑しさが湧き出してきます。

この映画の批評を読む »

忘れないと誓ったぼくがいた - 小泉浩子

忘れられてしまうせつなさに号泣っ!(点数 85点)


(C)2006平山瑞穂/新潮社 (C)2015「忘れないと誓ったぼくがいた」製作委員会

大切な人を忘れてしまう映画作品は、多いです。
妻が夫を忘れてしまう『私の頭の中の消しゴム』や、夫が妻を忘れてしまう『明日の記憶』。

愛する人たちを忘れてしまうことほど、つらいことはないと思っていました。
だけど、自分が忘れさられてしまうことがこんなにつらくて恐ろしいことだとは、考えてもみませんでした。

この映画の批評を読む »

ラスト5イヤーズ - 青森 学

アメリカのミュージカルは日本にとっての敷島の道 (点数 83点)


(C)THE LAST FIVE YEARS THE MOTION PICTURE LLC

恋愛と歌は相性が良い。この作品はあるカップルの出会いと別れをふたつの時間軸を使って物語が構成されている。
登場人物は基本的に主人公のキャシー(アナ・ケンドリック)とジェイミー(ジェレミー・ジョーダン)の2人のみ。

彼らの想い出の断片が接ぎ合わされてひとつのパッチワークが完成する。

この映画の批評を読む »

カフェ・ド・フロール - 小泉浩子

ジョニデの元妻・ヴァネッサの演技に涙っ!(点数 90点)


(C)2011 Productions Cafe de Flore inc. / Monkey Pack Films

タイトルを見て、カフェでのお話だと思っていました。カフェで出会うカップルの甘い恋物語かしら? それとも、波瀾万丈の群像劇?

ええっと、どれも違っていました。

これは、マシュー・ハーバートの名曲のタイトルでヴァレ監督のお気に入りだとか。

この曲が、ふたつの異なる時代と場所の登場人物たちを結びつけています。

この映画の批評を読む »

アメリカン・スナイパー - 樺沢 紫苑

PTSDと自衛隊派遣の意外な関係(点数 80点)


(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

アメリカでは興行収入が3億ドルを超えて、
戦争映画として史上ナンバーワンの大ヒット。

日本の興行収入ランキングでも、
2週連続第1位と大ヒットしています。

イラク戦争の帰還兵の心の問題、
PTSD(外傷後ストレス障害)を描いているとなると、
精神科医の私としては、見ないわけにはいきません。

この映画の批評を読む »

リトル・フォレスト 冬/春 - 小泉浩子

自然の恵みに食欲全開!? 橋本愛から目が離せないっ!(点数 95点)


(C) リトル・フォレスト製作委員会

橋本愛がとにかく食べます。

食べて、食べて、食べまくります。

もちろん大食いの話ではありませんよ。

都会に出たけれど、自分の居場所を見つけられずに、東北地方のとある村・小森に戻ってきたいち子(橋本愛)。

ここでの暮らしは自給自足で、畑仕事をしたり、野や山でとれた季節のものを材料にして食事を作り、毎日を過ごしています。

自然に囲まれた生活の中で、いち子の傷ついた心は少しずつ、癒やされていきます。
ところが、五年前に家出した母(桐島かれん)から、手紙が来て……。

この映画の批評を読む »

イントゥ・ザ・ウッズ - 青森 学

アメリカで強迫的に信じられる自己啓発(Self Development)が根底にある話し(点数 82点)


(C)2015 Disney Enterprises, INC. All Rights Reserved.

宣伝では“Happily ever after”のその後の話ということでパブリシティ活動を行ってはいるが、この作品はおとぎ話を語っているようで、しっかり現代アメリカの神話をブレンドしている。

この映画の批評を読む »

博士と彼女のセオリー - 青森 学

ホーキング博士を支える人達にも光を当てた作品。(点数 82点)


(C)UNIVERSAL PICTURES

おしどり夫婦の話しかと思いきや、どうもそういう話だけでも無い。

神を信じる者が神を否定しようとする者を支えるというジレンマが緊張感を生み、ドラマが生まれている。

この映画の批評を読む »

スパイ・レジェンド - 小泉浩子

ピアース・ブロスナンのキレキレのアクションにクラクラ?  (点数 90点)


(C)2014 No Spies, LLC. All Rights Reserved

しみじみ考えるに、スパイ映画って多いですよね。
ボンドシリーズをはじめとして、ジェイソン・ボーンにジャック・ライアン。

そんなドキドキのスパイアクションが、また一つ誕生しちゃいました。

かつて伝説と評されていた元CIAエージェントのデヴェロー(ピアース・ブロスナン)は、引退し、スイスで静かに暮らしていました。

かつての同僚たちが次々と殺されていることを知り、助けに向かいますが、同僚であり愛していた女性を目前で殺されてしまいます。

しかも、その犯人は、彼が自ら育てあげた現役最強のスパイ・メイソン(ルーク・ブレイシー)で……。

この映画の批評を読む »

トゥーマスト〜ギターとカラシニコフの狭間で〜 - 青森 学

サハラ砂漠の遊牧民族トゥアレグ族の自由を求める国境を跨いだ闘争を描いたドキュメンタリー。(点数 76点)

このドキュメンタリーの中心人物ムーサは、以前はカダフィ政権の下レジスタンスの訓練を受けていたが、今は銃を捨てギターを手にし、音楽によってトゥアレグ族の自由を獲得するためバンドを結成しフランスで活動している。

そのバンド名はトゥーマスト。
トゥアレグ族の言葉で”アイデンティティー”を意味する。
彼らはサハラ砂漠に分散するトゥアレグ族を糾合し再び民族の誇りを取り戻そうと活動している。
未だレジスタンスとして活動するトゥアレグ族の男性もいるが、ムーサのように音楽で闘う者も現れている。
トゥアレグ族の音楽はジャンルで言うとトランスなのだが、トゥーマストの音楽は一部トランスのスピリッツを加えながら聴きやすいメロディアスな音楽になっている。
トゥーマストの曲は自由を追い求める彼らの叫びがメロディに乗って人の心を貫くのである。

この映画の批評を読む »

100歳の華麗なる冒険語 - 小泉浩子

こんな100歳に会ってみたい!(点数 90点)  


(C)NICE FLX PICTURES 2013. All Rights Reserved

あなたは、100歳のお誕生日を迎えました。

「おめでとう!」。

大きな誕生日ケーキが登場します。

でも、その上に、100本のろうそくが乱立していたら、どんな気持ちになるでしょうか?

老人ホームに入所しているアラン(ロバート・グスタフソン)は、100歳の誕生パーティ当日、「お祝いなんて冗談じゃないっ」とホームから抜け出してしまいます。

職員たちはケーキに100本のろうそくを立てようと苦労しているので、簡単に脱走できてしまったのです。

ちょっとした偶然から、大金の入ったスーツケースを取ったため、ギャングや警察から追われる身となってしまいますが……。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (15)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.