映画ジャッジ! 映画批評家のご紹介

心映画批評 通映画批評
感映画批評 愛映画批評
狂映画批評 学映画批評
淑映画批評 名映画批評


アントキノイノチ - 福本次郎

絶望と死の影に押しつぶされそうなゆっくりとしたテンポの映像からは、繊細な主人公の喪失感が重くのしかかってくるようだ。(点数 70点)


(C)2011「アントキノイノチ」製作委員会

遺品に焼き付けられた故人の思い、それは残された者に思い出となっ
て直接語りかけてくる。愛した記憶、愛された記憶、忘れていた場面
が脳裏によみがえる時、人は命のつながりを感じるのだ。一方で、無
念をいだたまま死んだ人、過去を共有する血縁者のいない人もいる。
それでも、他人に覚えていてもらうことで、確かに存在したという証
を残す。物語は、心が壊れた青年が遺品整理の現場で働くうちに、す
べての人間は誰かと繋がっていると気づいていく過程を描く。絶望と
死の影に押しつぶされそうなゆっくりとしたテンポの映像からは、繊
細な主人公の喪失感が重くのしかかってくるようだ。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

新少林寺 - 福本次郎

頭を丸めて煩悩を払おうとする候杰の決意は、人は何歳になってもやり直せることを教えてくれる。(点数 60点)


(C)2011 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved

拳銃や小銃を持った兵士に対しても手にする武器は棍棒や剣。武術鍛
錬を通じて己を高めようとする僧たちは、圧倒的な不利にもかかわら
ず敵に背中を見せない。それは西洋の物質文明には屈しない、科学力
では劣っていても4000年の歴史を持つ文化の力では決して負けていな
いという中国人の矜持。革命と内戦・欧米の介入、時代の荒波は外界
とは隔絶した寺院の中で修業を積む僧たちにも襲い掛かり、容赦なく
戦乱に巻き込んでいく。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

指輪をはめたい - 福本次郎

結婚を目の前にした男の、「この女でいいのか」の気持ちがリアルだ。(点数 50点)


(C)2011 Kino Films. All Rights Reserved.

気がつくと3人の女が婚約者になっている。美しく頭脳も明晰な完璧な
同僚、セクシーでさばさばした性格の風俗嬢、古風で尽くすタイプだ
がずれている人形劇師。それぞれに魅力を感じつつも、誰が本物の婚
約者か見当がつかない。映画はそんな主人公の幸せな災難をコミカル
に描く。なくした記憶を取り戻すために彼女たちと愛を確認していく
姿は、まさに彼自身の自分探し。その過程で、1人を選べない心の弱さ
が露呈していく。決められないのは逃げているだけ、結婚を目の前に
した男の、「この女でいいのか」の気持ちがリアルだ。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

家族の庭 - 福本次郎

少し己を客観視できず感情を抑制できないおばさんをレスリー・マンヴィルが好演。(点数 70点)


(C)2010 UNTITLED 09 LIMITED, UK FILM COUNCIL AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

まるで沈黙を恐れるかのように絶え間なくしゃべり続ける中年女。寂
しさを隠そうとしている反面、孤独な心を理解してもらいたいと強く
願っているようでもある。夢はあった、そして叶った、しかし現実と
いう嵐の前で徐々に色あせ、ついには無残に壊れてしまった。映画は
そんな彼女の心境を赤いクルマで象徴する。きっといい人なのだろう、
ただ少し己を客観視できず感情を抑制できないおばさんをレスリー・
マンヴィルが好演。まだまだチャーミングだと思い込んで頑張ってい
るけれど、どこかズレている女心のイタさと哀しさを見事に表現して
いた。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

三銃士 王妃の首飾りとダヴィンチの飛行船 - テイラー章子

話が単純化されすぎていて、実際のアレクサンドラ デュマの原作の奥の深さが失われている。(点数 65点)


(C)2011 Constantin Film Produktion GmbH, NEF Productions, S.A.S., and New Legacy Film Ltd. All rights reserved.

原作 アレクサンドル デユマ
監督 ポール W S アンダソン

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

ミッドナイト イン パリ - テイラー章子

90年前のパリのサロンに集まる芸術家達の会話を聞いてみたい人、ベルエポックの頃の画家達に会ってみたい人にとって、この映画は得がたい作品といえる。(点数 80点)

ウッデイ アレンの新作映画 「ミッドナイト イン パリ」を観た。アレンの41番目の作品だ。

フランスのサルコジ大統領がモデルだったカルラ ブルニと結婚したとき、カルラのほとんど裸と言って良いモデル時代に撮られた写真を 世界中の新聞社が トップページに でかでかと掲載されたことは 記憶に新しい。
その彼女も 一児の母になった。
出産のその日 サルコジは ギリシャの経済破綻をいかに救うかで、ドイツのメリケル首相と会談していて、妻の出産に立ち会うことが出来なかった。
夫の立会いが当たり前の社会で、出産は夫婦で一緒に経験する試練の機会だというのに 夫はチャンスを逃した。
ギリシャをユーロ圏に留めて置くことを優先した結果 夫婦の間にヒビでも入ったら、サルコジは泣くにも泣けないだろう。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

孔子の教え - 福本次郎

当時の中国の文化・文明の洗練度の高さを再現する作業は難しかったに違いない。 (点数 60点)


(C)2009 DADI CENTURY(BEIJING)LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

学識と武術を兼ね備えた中国思想家の太祖、彼の目はすべてを見通す
一方で、あらゆるものを包み込む懐の深さも併せ持つ。物語は、そん
な主人公が政に参加し、広く自身の思想を敷衍ようになった中年以降
にスポットを当て、人と人・人と社会の関わり合いの基本となる道徳
はいかにして生まれ流布されたかを描く。経世済民とは見識の高い者
が一般庶民をより幸福へ導く道。少数のエリートが国家を統治する中
国の伝統は2500年も前に確立されていたと思うと、衆愚政治に陥って
いる今の日本の“民主主義”に疑問を持たずにはいられない。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

マネーボール - 福本次郎

現代のプロ野球界がいかにマネタリズムに蝕まれているかがよくわかる作品だった。(点数 60点)


(C)Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All rights reserved.

ファンのノスタルジアを刺激する野球の魅力とは一線を画し、過去の
データだけを頼りに選手起用を決断する主人公。少ない予算で才能の
ある選手を集め結果を導こうとする手法は、チームを強くする情熱に
はあふれていても、野球に対する愛情は感じられない。それは若き日
に大志を抱いてプロ入りしたにもかかわらず選手としては大成しなか
った者だから到達できた、“ビジネス”の感覚から生まれたものだ。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

第7鉱区 - 福本次郎

追い詰められた人間が次第に本性を露わにしていく様子がスリリングだ。(点数 40点)


(C)2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

逃げ場のない施設で作業員たちが謎の怪物に次々と襲われる。外部と
の通信は途絶え、協力し合わなければならないはずの仲間に秘密を隠
している者がいる。未知の生物からの攻撃とクルーの間に芽生えた疑
心暗鬼、物語は2つの恐怖と戦う人々のサバイバルを通じて、勇気や責
任感といったリーダーの資質を問うていく。命の危険を顧みない者、
足手まといになる者、身勝手な者、極限状態に追い詰められた人間が
次第に本性を露わにしていく様子がスリリングだ。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

シェアハウス - 福本次郎

高齢化社会の理想像を示したいのならば、せめて空の青さや芝生の緑、木のぬくもりが感じられる鮮やかな映像で見せてほしかった。(点数 40点)


(C)2011「シェアハウス」製作委員会

広々とした吹き抜け、会話が弾む楽しい食卓、パーティに息抜きにた
びたび利用される見晴らしのいいバルコニー、そして何よりお互いを
思いやる友情以上愛情未満・男子禁制の心地よい他人との距離感。寡
婦、離婚、恋愛下手、挫折など様々な理由でひとりっきりになった女
たちが、孤独を癒すために一つ屋根の下で同居を始める。干渉しすぎ
ないようにしているつもりでもいつしか家族のように心配になってい
く、その気持ちの変化が温かい。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

ラビット・ホール - 樺沢 紫苑

もし将来、私が「グリーフワーク」について本に書くことがあれば、間違いなくこの映画を引用することになるでしょう。(点数 90点)


(C)2010 OP EVE 2, LLC. All rights reserved.

映画『ラビット・ホール』を見ました。
 ニコール・キッドマンがアカデミー主演女優賞にノミネートされていたので、ずっと見たいと思っていましたが、見逃さないでよかったです。

 息子を交通事故で亡くした両親の物語。
 悩み、苦しみ、そして時に感情的になり怒りを表明する。
 苦悶する夫婦をニコール・キッドマンとアーロン・エッカートが好演します。

 まさに、「映画の精神医学」で取り上げるべき作品、とでも言いましょうか。

この映画の批評を読む »

恋の罪 - 福本次郎

性と生の地獄を見た主婦が体験する禁断の解放感と心の闇を通じて、人間の本質に迫る。(点数 70点)


(C)2011「恋の罪」製作委員会

たとえ性欲でしかなかったとしても、他人から求められ必要とされる
快感に目覚め、期待に応えようとするヒロイン。異様なまでに潔癖な
夫との上品な生活、その一方で生きている実感には乏しい。そんな主
婦が落ちた陥穽は底なしの深さで彼女の本性を解き放つ。映画は、昼
間は大学助教授・夜は売春婦の顔を持つ女に、性と生の地獄を見た主
婦が体験する禁断の解放感と心の闇を通じて、人間の本質に迫る。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

コンテイジョン - 福本次郎

善意や好意が必ずしも「正しい行い」と受け取られるわけではなく、物語はそれらの人々の「良心の質」を問う。(点数 70点)


(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

世界の崩壊が迫っているとき、人は何をなすべきか。科学者としての
責任感から対処法を見つけようとする者、現場に出て指揮を執る者、
自らの信念に基づいて治療法を公開する者。ほとんどの人々は良識を
持ってこの危機を乗り越えようとするが、一方で知人を助けると他者
を犠牲にしなければならない。善意や好意が必ずしも「正しい行い」
と受け取られるわけではなく、物語はそれらの人々の「良心の質」を
問う。ウイルスの幾何級数的な広がりの速さと死の恐怖が伝播する様
子が緊迫感あふれる映像で描かれる。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

アンダー・コントロール - 福本次郎

フクシマ以降、上端から吐き出される白い煙は毒を含んだ悪魔の吐息にしか見えない。(点数 60点)


(C)Stefanescu/Sattel/Credofilm

レンガ造りの古い街並みの近く、たくさんの自動車が走る生活道路の
そば、通勤電車の線路脇etc 人里離れた海岸線にポツンと佇む日本と
は違い、ドイツの原発は人々の暮らしに隣接している。カップを伏せ
た形の巨大な冷却塔は、CO2を出さないクリーンエネルギーとしてかつ
ては人類の叡智と科学の勝利を象徴していたはずだ。しかし、フクシ
マ以降、上端から吐き出される白い煙は毒を含んだ悪魔の吐息にしか
見えない。カメラは、原発施設の内部に入り込み、神殿のごとき原子
炉から廃棄物が保管される地底深くのトンネルまでレンズを向ける。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

インモータルズ -神々の戦い- - 福本次郎

戦闘シーンですら格調高いシンフォニーのようだ。(点数 50点)


(C)2010 War of the Gods, LLC. All Rights Reserved.

天空に浮かぶ大理石の神殿から人間界の営みを観察する神々、強大な
武力と残忍さで世界を支配しようとする邪悪な王、鍛錬された武芸と
不屈の精神で祖国を守ろうとする若者。男たちは力強くしなやか、女
たちは豊満で優美、登場人物はみなギリシア彫刻のような肉体を誇示
し、リアリティよりもイマジネーションを優先させた感覚的なヴィジ
ュアルは巨大津波や肉弾相撃つ戦闘シーンですら格調高いシンフォニ
ーのようだ。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】