映画ジャッジ! 映画批評家のご紹介

心映画批評 通映画批評
感映画批評 愛映画批評
狂映画批評 学映画批評
淑映画批評 名映画批評


永遠の僕たち - 樺沢 紫苑

生とは何か? 死とは何か? 死の受容とは?(点数 90点)

実に切ない映画を見た。
 
 他人の葬式に参列するのを趣味とするイーノックは、
そこで自分と同じような少女アナベルと出会う。

 交通事故によって両親を失った少年イーノックは、心に大きな傷を負っている。
 また、少女アナベルは、癌をわずらい余命いくばくもない。

この映画の批評を読む »

昼下がり、ローマの恋 - 青森 学

「孤独を囲う大人にはとくに共感を呼びそうな恋愛映画。 孤独な人もそうでない人もぜひ。(点数 85点)


(C) 2011 FILMAURO Srl

結婚を間近に控えたカップルが自分の気持ちを確認するべく少しお互いの距離を置く第1部と、壮健な中年男性がエキセントリックな女性に翻弄される顛末をコミカルに描いた第2部。
そして、心臓移植という大手術をして第二の人生をローマでスタートさせた元大学教授とフランスから帰国した親友の娘とのロマンスを描いた第3部で構成されている。

この映画の批評を読む »

ミッション: 8ミニッツ - 樺沢 紫苑

「今を、生きる!」 後で後悔しないように、今を精一杯生きようというテーマは、「今を、生きる!」を信条としている私にとって、
非常に心に響くテーマ。(点数 80点)


(C)2011 Summit Entertainment, LLC. All rights reserved.

乗客が全員死亡する列車爆破テロが勃発。
 ある最先端の装置を使い、事故犠牲者の事件発生8分前の
意識に入り込み、その人物になりすまして犯人を見つけ出すという
作戦を与えられる元兵士のコルター(ジェイク・ギレンホール)。
 
 コルターは、何度も何度も、8分前に戻り、
少しずつテロ事件の謎を解き明かしていく・・・。

この映画の批評を読む »

カイジ2~人生奪回ゲーム~ - 樺沢 紫苑

最後まで想定不能なストーリー展開。ドンデン返しの連続など、後半30分の展開は目が離せません。(点数 80点)


(C)福本伸行・講談社/2011「カイジ2」製作委員会

 『カイジ2~人生奪回ゲーム~』、ブログなどの評判が
かんばしくないのであまり期待しないで見ましたが、
期待以上のおもしろさに驚きました。

 おそらくは、原作の熱心なファンほど、
原作との差異が気になって映画を楽しめないでしょう。

 しかし、原作とは別な「一本の映画」として見れば、
よくできたエンタテイメントと言えるでしょう。

この映画の批評を読む »

50/50 - 福本次郎

やはり持つべきものは友、言い古されたことをさらりとしかししみじみと感じさせる。(点数 70点)


(C)2011 IWC Productions, LLC

5年後生存率が50%なのに、実感がわかずどこか他人事のよう。母親は
過剰に干渉し、恋人は逃げ出してしまっても、対応に追われる自分を
別の自分が観察しているかのごとき距離感が心地よい。そんな、いつ
もはにかんだ笑顔で感情をコントロールし、なるべく周囲に迷惑をか
けまいと振る舞う主人公の心情が濃やかに描きこまれる。もちろん死
ぬのは怖い、だがじたばたする姿を見せるのもみっともない。重篤な
病に侵されながらも事実を受け止め、悲壮感を漂わせず淡々と治療を
受けていく過程が清々しい。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 - 福本次郎

3Dへの変換が体感型ゲーム機のシュミレーターに乗っている気分にさせてくれる。(点数 60点)


(C)2011 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ちりばめられた財宝への手がかりは謎に満ち、容赦なく襲いかかって
くる敵は何度撃退してもまた姿を現し、目くるめくカメラワークは疾
走するバイクのスピード感と飛行機が空中を舞う浮遊感を味あわせる。
映画は、息もつかせぬ展開で観客の目を釘付けにしようとする「レイ
ダーズ」シリーズで徹底的に追及してきた冒険活劇の神髄を、洗練さ
れた表現技術でスクリーンによみがえらせる。デジタル合成でハイパ
ーリアルに再現された小道具や背景は実物以上の質感を持ち、登場人
物の所作や感情もより細かい筋肉の動きで見せ、人間の目では処理し
きれないほどの膨大な情報量だ。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

ハードロマンチッカー - 福本次郎

触れると切れるギラギラした肉体性は危うさと脆さの両刃の剣、狂気が正気とも思える感覚を見事に体現していた。(点数 40点)


(C)2011「ハードロマンチッカー」製作委員会

顔が腫れあがっても殴り続け、のた打ち回っても蹴り続ける。時に鉄
パイプや金属バットでぶちのめし、女でも手加減しない。喧嘩の強さ
がものをいう荒れ果てた町、己の腕力と度胸を頼りに生きる一匹狼。
その研ぎ澄まされた目はいつ暴走のスイッチが入るかわからない危険
を孕んでいる。映画はそんな主人公の殺伐とした日常に観客を放り込
み、まるで異邦人のごとく方向性不明の不安を味わせてくれる。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

アーサー・クリスマスの大冒険 - 福本次郎

戦争映画とスパイアクションを融合したスタイルのプレゼント配布大作戦は、圧倒的なスリルとスピード感で見る者の目を引き付けて離さない。(点数 60点)

夜空を覆い尽くす巨大なステルス機から数百人のレンジャー隊員が街
に降下、窓や煙突から民家に忍びこんでロックを解除して、子供たち
が寝静まった部屋にプレゼントを置いて誰にも見つからずに撤収する。
戦争映画とスパイアクションを融合したスタイルのプレゼント配布大
作戦は、圧倒的なスリルとスピード感で見る者の目を引き付けて離さ
ない。映画は、クリスマスイブの夜、世界中の子供たちの願いを叶え
るサンタクロース一家と妖精たちの奮闘ぶりから、ブランドイメージ
を守る大切さを説く。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

ペントハウス - 青森 学

世界を舞台にしただけの映画には無いこじんまりとしたスケール感が、ひと味違った映画の面白さを再確認させてくれる。(点数 75点)


(C)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

一代で莫大な財を成した名うての投資家が住む高級アパートに、彼の生活を支えるビルの従業員達。
従業員は様々な人種で様々な事情から業務に従事している。四半世紀以上もドアマンを続けるリタイア間近の老人や、プエルトリコから渡米して永住権を得ようと画策するメイド。
そんな従業員達の血と汗の結晶である年金資金の運用をその投資家に任せた後、彼が巨額の疑獄事件を起こして彼らの年金資金が宙に消えたことから物語は始まる。

この映画の批評を読む »

ツレがうつになりまして。 - 山口拓朗

大切なパートナーとの観賞をオススメしたい。(点数 75点)


(C) 2011「ツレがうつになりまして。」製作委員会

かつて花粉症がじわじわと国民病として台頭してきたように、近い将来、うつ病もまた国民病になってしまうのか? 

そんな推測すら「当たらずといえども遠からず」な気配が漂う今日このごろ、細川貂々のベストセラーコミック原作の映画『ツレがうつになりまして。』は、多くの人が漠然としか把握していない「うつ病」について、正しい情報を伝えるという啓蒙的役割を果たしている。

この映画の批評を読む »

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ - 福本次郎

日々の出来事にはすべて人の思いがこもっていることを思い出させてくれる作品だった。(点数 60点)


(C)2011「RAILWAYS2」製作委員会

妻を労ってやるのが思いやりと考えている夫、しかし妻が求めていた
のは優しさなどではなく夫の理解。家族のために頑張ってきたと信じ
ている彼と、これからは自分のために時間を使いたい彼女は、それぞ
れが転機を迎えて決断を下す。峻嶮な山脈が町に迫り、単線を2両電車
が走る田園、そして人々の小さな日常。平凡な人生にもひとつひとつ
にドラマがあり、日々の出来事にはすべて人の思いがこもっているこ
とを思い出させてくれる作品だった。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

ラブ・アゲイン - 福本次郎

コミカルな演出とエスプリのきいたセリフで最後までテンポよく楽しませてくれる作品だった。 (点数 60点)


(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

テーブルの下で足を絡ませ、磨き上げた靴のつま先で囁きあう男と女。
ディナーの後の愉しみを先取りするかのようなエロティックなショッ
トの直後、冴えないスニーカーを履いた男の足が映される。もちろん
会話は弾まず女は退屈している。そんな、男の魅力磨きを怠った夫を
見限った妻の苛立ちを足元のみで表現する導入部はセクシーなほど洗
練され、たちまち物語の中に引き込んでくれる。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

テイカーズ - 佐々木貴之

アクション以外にも、スタイリッシュな映像が非常にクールであり、近年のクライム・サスペンス作品らしいカッコ良さが魅力的だ!!(点数 75点)


(c)2010 Screen Gems, Inc. All Rights Reserved.

アクション映画にも関わらず、全米では若い女性にウケが良かったという本作は、マット・ディロンをはじめ、ポール・ウォーカー、へイデン・クリステンセン、R&Bシンガーのクリス・ブラウン、ラッパーのT.Iら豪華かつ男前スターが顔を揃えたからだろう。

この映画の批評を読む »

アノニマス:シェイクスピアの匿名作家 - テイラー章子

シェイクスピアが誰なのか、、、一人ではなく、複数の作者が居るのではないか、エドワードではないか、フランシス ベーコンか、クリストファー マーロウかも知れない、、、いまはもう誰にもわからない。(点数 85点)

映画「ANONIMOUS」を観た。邦題がどうなるか まだわからないので 仮に「シェイクスピアの匿名作家」、または「作者不詳」、「筆者不明」などという仮題にしておく。

http://www.imdb.com/title/tt1521197/

シェイクスピアが謎の人物であることは周知の事実だ。
ウィリアム シェイクスピアは、英文学の最高峰、英国を代表する劇作家で詩人。
記録によると、1564年に生まれて1616年に亡くなったことになっている。出身はイングランド地方ストラトフィールド アポン エイボン。父は町長に選出されたこともある皮手袋商人、母は裕福な家庭出身で、3番目の子供として生まれ、ストラトフィールドにグラマースクールで学んだ。
その後、高等教育を受けたかどうか、全くわかっていない。18歳で26歳の女性と結婚したあと どんな職業についていたか、など何の記録もない。
28歳くらいでロンドンに姿を現し 劇場で役者として演じたり、脚本を書くようになった記録がある。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

ドライブ - テイラー章子

ハッピーエンドじゃないところも クールだ。(点数 75点)

監督:ニコラス ウィンデイング レフィン
キャスト
ドライバー  :ライアン ゴスリング
アイリーン  :カーレー ムリガン
雇い主シャノン:ブライアン クラストン
アイリンの夫 :オスカー アイザック
バーニーローズ:アルバート ブロックス
二ノ     :ロン パールマン

http://www.imdb.com/title/tt0780504/

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】