容疑者Xの献身 - スタッフ古庄

◆「実に・・おもしろい!実に・・興味深い!」天才物理学者と天才数学者の頭脳戦!!(70点)

 月9ですでにお馴染み(?)のガリレオ先生!スクリーンに登場です♪

この映画の批評を読む »

アイアンマン - スタッフ古庄

◆ヒーローになるのも楽じゃない!!(65点)

 この「アイアンマン」、原作は1963年(なんと45年前!!)に出版された米人気コミック♪

 「ファンタスティック・フォー」「X-メン」「スパイダーマン」「ハルク」っと続き、今回コチラも実写化です☆(最近ホント原作漫画の実写化多いなぁ。。)

この映画の批評を読む »

おろち - スタッフ古庄

◆ある日突然、顔や皮膚が醜く爛れだしたら(68点)

 「グワシッ!まことちゃん」やホラー漫画で有名な楳図かずおさんの作品「おろち」シリーズが実写化♪今回の映画「おろち」は、1969年?1970年に「週刊少年サンデー」で掲載されていた「おろち」の9つのオムニバスストーリーの内2つ、「姉妹」と「血」が融合された作品となっています。

この映画の批評を読む »

ウォンテッド - スタッフ古庄

◆アクションの新境地開拓(90点)

 この作品、実にかっこいいっ!!の一言です!!

 いやぁ?どんどんVFXですか?レベルUPしてますね?!どこまでいくんだろう。。

この映画の批評を読む »

シャッター - スタッフ古庄

◆心霊写真・・お持ちですか・・?(65点)

 本作品、8割は日本でのできごと♪でもハリウッド映画なんでもちろん主演カップル(ジョシュア・ジャクソン/レイチェル・テイラー)、主要脇役数人も外国人さんなんですが、そのほかすべてが日本人&日本の景色なので、観始めちょいと調子が狂っちゃう(笑)

この映画の批評を読む »

ハンコック - スタッフ古庄

◆ヒーロー作品・・長年気になり続けたこと♪(70点)

 ヒーローで嫌われ者!?なりうることではありませんかっ!?

この映画の批評を読む »

デイ・オブ・ザ・デッド - スタッフ古庄

◆進化するゾンビくん♪(65点)

 ご存知の方も多いと思います!“ゾンビ”という名を世界に広めたジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ三部作『Night of the Living Dead』『ゾンビ』『死霊のえじき』♪

この映画の批評を読む »

ベガスの恋に勝つルール - スタッフ古庄

◆普通に面白い(60点)

 「あははぁ?」っと普通(?)に何も考えず楽しめる映画です♪

 第一ありえないですから!!(たぶん♪)

この映画の批評を読む »

ダークナイト - スタッフ古庄

◆わけがわからない程の超ど迫力っ!!(90点)

 数年前、いえ数十年前ですか?一世を風靡したこうもり男、バットマン。個人的にはあまり好きではなく、おもしろい!!っと思ったこともほとんど無かったので、今作品に対しても興味が非常に薄かったのですが・・(バットマンビギンズも観てません 汗;)

この映画の批評を読む »

ハプニング - スタッフ古庄

◆地球からミツバチが姿を消したら、人間の寿命は4年!だそうです(驚)(68点)

 「シックス センス」で一躍有名となり、毎回ラストに大どんでん返しが用意されているということで、「アンブレイカブル」「サイン」「ヴィレッジ」と立て続けに、話題作を提供してくれたM・ナイト・シャマラン監督。

この映画の批評を読む »

崖の上のポニョ - スタッフ古庄

◆幼児版(?)人魚姫ならぬ金魚姫♪・・・かわいいけどね・・(60点)

 『ハウルの動く城』から4年!宮崎駿監督待望の新作です!宮崎駿監督の完全オリジナル作品で、CGを使わず、ほぼ手描きの長編アニメーションです。

この映画の批評を読む »

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 - スタッフ古庄

◆おい、鬼太郎っ!(68点)

 シマシマちゃんちゃんこにカランコロン下駄、"ゲゲゲの鬼太郎"をご存じない方はいないでしょう(笑)

この映画の批評を読む »

クライマーズ・ハイ - スタッフ古庄

◆熱い!熱い!激闘の7日間!!(65点)

 「半落ち」著者で知られる横山 秀夫さんの小説が原作。2005年にはNHK二夜連続放送にて、佐藤浩一さん主演でドラマ化もされています。

この映画の批評を読む »

REC/レック - スタッフ古庄

◆注:体調が万全なときにご観ください0(75点)

 「ブレアヴィッチ・プロジェクト」「クローバー・フィールド」同様の撮影法で作られた作品。こちらはスペイン映画です♪

この映画の批評を読む »

西の魔女が死んだ - スタッフ古庄

◆"千と千尋の神隠し"実写版特別編♪(?)(65点)

 本作品は、10数年前に発売された著:梨木香歩さんの小説「西の魔女が死んだ」をそのまま忠実に映画化したものだそうです。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】