96時間 - スタッフ古庄

◆父やりすぎ!!(68点)

 「ニキータ」「レオン」「TAXI」などなど、知らない人はいないのではないでしょうか、万人受けするヒットメーカー、リュック・ベッソンさん!

この映画の批評を読む »

ナイトミュージアム2 - スタッフ古庄

◆夢があっていいですね♪(65点)

 夜になると博物館の展示物が動き出す! そんな夢あふれる映画、「ナイトミュージアム」。子供向けかと思いきや、大人もがんがん笑えるまさに娯楽映画です!!

この映画の批評を読む »

G.I.ジョー - スタッフ古庄

◆好きな人は好き、かも?(45点)

 アメリカで人気のフィギュアシリーズ「G.I.ジョー」

 私は、自分が生まれる10年以上前のことなので・・よく知りませんでしたが、日本でもタカラが1970年に「G.I.ジョー」の生みの親、ハブロス社と提携し、“ニューG.I.ジョー”としてフィギュアを発売、人気を博したそうですね!

この映画の批評を読む »

そんな彼なら捨てちゃえば? - スタッフ古庄

◆あるある!あると思います!(笑)(60点)

 まず、幼いころを思い出してください。

 "好きな子をいじめて気を惹こうとした"思い出はありませんか?(笑)

この映画の批評を読む »

セントアンナの奇跡 - スタッフ古庄

◆自分にもっと歴史の知識があればよかったのですが(70点)

 実話を織り交ぜて綴られたジェームズ・マクブライトさんの同名原作「セントアンナの奇跡」をスパイク・リー監督が映画化。

この映画の批評を読む »

アマルフィ 女神の報酬 - スタッフ古庄

◆女神の報酬って?(50点)

 女神の報酬? まず、サブタイトルがついた要因がわからないです(笑) サブタイトルがつくことでネーミングとしては「007/慰めの報酬」みたいでかっこいいですがー・・内容にはなんら関係ないです。たぶん(笑;)深読みすればわかったのかもしれませんが、普通に観ていてもわかりません。。

この映画の批評を読む »

サンシャイン・クリーニング - スタッフ古庄

◆思わずたじろぐ職業とは(70点)

 自殺や殺人現場、孤独死の人の部屋・・・血肉、体液が飛び散る場所を綺麗に後処理(掃除)をするプロがいることをご存知でしょうか?

この映画の批評を読む »

ディア・ドクター - スタッフ古庄

◆127分(80点)

 すごい引力がこの作品にはあります。

 サスペンスでもミステリーでもなく、ど派手な演出があるという訳ではありません。ただ、現在の日本社会が抱える様々な問題を、そこから起こりえる出来事を、日常的に描いた作品です。

この映画の批評を読む »

MW-ムウ- - スタッフ古庄

◆ちょっと腐女子が喜びそうな図(50点)

 手塚治先生の作品「MW-ムウ-」。

 生々しい性描写や猟奇的殺人場面が描かれており、子供の目にさらすことのできない手塚作品の一つ。(作品紹介)だそうです。。

この映画の批評を読む »

トランスフォーマー/リベンジ - スタッフ古庄

◆トランスフォーム!!(70点)

 『バッドボーイズ』『ザ・ロック』『アルマゲドン』そして前作の『トランスフォーマー』などなど、どれもテンポ良く繰り広げられるわかりやすいストーリー。

この映画の批評を読む »

真夏のオリオン - スタッフ古庄

◆ライトな戦争映画(50点)

 ん? ん。戦争ものにしてはほのぼのとした印象を受けました。。

 第二次世界大戦終戦間近の日本海軍、イ-77をはじめとする潜水艦と、アメリカ海軍駆逐艦との戦いを通して艦内の内情や友情と艦長:倉本(玉木 宏)の淡い恋を描いた作品です。

この映画の批評を読む »

ターミネーター4 - スタッフ古庄

◆ターミネーターがいっぱい(60点)

 ダダン・ダン・ダダン!ダダン・ダン・ダダンッ!!♪

 お馴染みの曲にのって未来からやってきた殺人ロボット、ターミネーター。

この映画の批評を読む »

ROOKIES-卒業- - スタッフ古庄

◆ヤンキーとスポ根(75点)

 いや?!いいっすね♪ 青春!!

 昨年ドラマで放映され、人気となった原作森田まさのりさんの漫画「ROOKIES」「かったり?(だるい)」っと・・・(笑) 一見、努力や根性とは無縁の生活を送っていそうなヤンキー達が、【甲子園出場】という共通の夢に向かって、汗まみれ、泥まみれになり青春を謳歌する! というギャグ満載のスポ根物語だ。

この映画の批評を読む »

重力ピエロ - スタッフ古庄

◆ぐっと心に響く映像付き名言集(75点)

 生命遺伝学大学院生の兄:泉水(加瀬亮)

 芸術的な才能を持つ弟:春(岡田将生)

 優しい父に元モデルのキレイな母。

 一見、至極普通の幸せな家族・・・・。

この映画の批評を読む »

天使と悪魔 - スタッフ古庄

◆ラングドン教授と行く弾丸観光ツアー♪(75点)

 2006年に話題となりなりました『ダ・ヴィンチ・コード』。『天使と悪魔』はその第二段です!

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】