黄龍 イエロードラゴン - 前田有一

◆最初のアクションシーンはいい、あとはおバカ映画(20点)

 上映期間3週間を目指す(……。)という、倉田保昭主演のカンフー映画。倉田保昭という俳優は、日本ではGメン75で知られ、香港その他のアジアでは和製ドラゴンとして知られるアクションスターである。最近ではスーチー主演の『クローサー』にも、クライマックスの敵役で出ていた。

この映画の批評を読む »

エーミールと探偵たち 日本語吹き替え版 - 前田有一

◆日本語版の出来の悪さを何とかしてほしい(30点)

 シネコンで、聴覚障害者と健常者が同時に鑑賞出来るという、日本発のバリアフリー上映が行われると話題の映画。原作は、ドイツの超有名な古典。この作者はミステリも書いていて、一部に根強いファンがいる。

この映画の批評を読む »

デアデビル - 前田有一

◆盲目世界をどう表現しているかが見所(65点)

 『スパイダーマン』が世界中で大ヒットして、乗りに乗ってるマーヴェル社が今回出してきたのが、スパイダーマンのオトモダチという設定のデアデビル。アメコミでは、こんな風に各作品同士の背景世界はつながっているのが普通だ。

この映画の批評を読む »

the EYE(アイ) - 前田有一

◆単なるビックリ映画としてみるのが正しい(80点)

 日本の『リング』がハリウッドでリメイクされてからというもの、似たような東洋的ホラーが相次いで公開されているが、これもその流行の一つとされている。

この映画の批評を読む »

クローサー - 前田有一

◆スタイル抜群の女の子がワイヤーワークで華麗にアクション(80点)

 台湾(スー・チー)、中国(ヴィッキー・チャオ)、香港(カレン・モク)の3大スター主演のアクション映画。

 『チャーリーズ・エンジェル』との差別化を計るためか、こちらはシリアス路線で行く。でもストーリーは似たようなもん。だから、見所はやはり美女のアクションという事になる。

この映画の批評を読む »

リベリオン - 前田有一

◆新感覚のガン・アクションが素晴らしい(70点)

 映画業界のかきいれ時であるゴールデン・ウィークをあえて外し、その直前に公開するSF映画という事で、当初はあまり期待せずに観にいった作品。

 ところがどっこい、面白い映画というのは、えてしてそういう時に出会うものである。『リベリオン』は、新しい映像を観たい人には、是非お勧めしたい一本だ。

この映画の批評を読む »

ブラック・ダイヤモンド - 前田有一

◆ジェット・リーに精彩がない凡作(40点)

 日本でも人気のあるアクションスター、ジェット・リーが主演のアクション映画。ストーリーは2の次で、アクションだけを見せるという、典型的ハリウッド作品である。

 ところが、その肝心のアクションが平凡。ジェット・リーは、中国の武術大会のチャンピオンになったこともある『本物』だが、『ブラック・ダイヤモンド』では大したアクションをみせてくれない。

この映画の批評を読む »

アナライズ・ユー - 前田有一

◆前作の二番煎じレベルから脱却できていないパワーダウン続編(40点)

 御存知、演技派ロバート・デ・ニーロと、コメディアンのビリー・クリスタルのオジサン二人が主演のコメディ映画。

 これは、『アナライズ・ミー』という映画の続編で、基本的な設定、脇役たちは全く一緒。いわゆる完全なる続編というやつである。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://seo.spiderman-costumes.net/?fp=59NjE6l7RBzxuI2LVDP3WeQgOByKiBnn8D%2FbDHjoRW75pd9d8N11EvbrEuVrHWI5244PYyf5TKP0mdFGPr1yC7I2hZvFWoTi8%2BSlf2kXHBI%2Bx6IRH8g1nLA8%2B%2FNSJ2FnjQGDPfxe5bmp0MtvFzN2dej5XGdsY%2BG%2F%2Bq3X%2Fw0nk2y3W3kO3oxhXc1GVpjVXKpx&prvtof=X%2BmH0%2FWhv2SW4t7ZVZEHA5PvZFXT%2B6Un19XwwZtWdqs%3D&poru=0qCohbSLHLdXYrCxtF4Ui%2B3395waopPxSondmF%2BeO1ArgsGAmGpcVH2Tef89kvGIG5l3FGr9m33fuk2ekq9D1Bbl4GlG54iwBpMCBEkSFrU%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>