ファスター 怒りの銃弾 - 中野 豊

ドライバー(運転手)、コップ(刑事)、キラー(殺し屋)! 三つ巴のノンストップ・バトルアクションに目がくらみます。(点数 60点)

主人公がドライバー!故にカーアクションが大きな見所で、いかにも車種「スポーツカー=シャベル」と「フェラーリ360」の爆音に陶酔してしまうカーマニアもいることでしょう。

ドライバー役には、プロレス界のスーパースターから俳優に転身し、『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』、『スコーピオン・キング』などのヒット作を放ってきた‘ザ・ロック’ことドウェイン・ジョンソンが、10年間の刑期を終えて出所し、かつて自分と兄を陥れた連中への復讐を5日間でやりとげようという堕天使を演じます。
ドライバーを追う定年間際の刑事に『バーバー』、『チョコレート』などのカメレオン名優ビリー・ボブ・ソーントンが扮します。
ソーントンの起用が本作の成功の鍵でした。

この映画の批評を読む »

ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー - 中野 豊

若き天才ポップスターのステージライブ・記録映画 最強の3D映像に、感動・熱血 必至!(点数 75点)


(C) 2011 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

正直、アメリカの少年スター・ドキュメンタリーだという本作の試写を観るべ
きか悩みました。彼のファン用映画ではないのかと思たからです。

ところが、どっこい!観賞は大正解!
一気に彼のファンになっている自分が居ました。

この映画の批評を読む »

クロエ - 中野 豊

夫のケータイmailをチラ見した妻の疑心暗鬼が引き金となって、ある女の人生を狂わせてしまう恐ろしくも悲しい愛憎劇。(点数 80点)


(C) 2009 Studio Canal All Rights Reserved.

倦怠期に入った夫婦間の「疑惑」によって、一家の輪がねじれていきます。

偽りの裂け目から本当の感情が顔を出す恐ろしさを描出する氷のように冷たい映画ですが、性別・年齢・職業・身内他人問わずに人を愛する素晴らしさもまた感じさせてくれます。

この映画の批評を読む »

抱きたいカンケイ - 中野 豊

‘セフレ’という棚に置かれたカップルが、牡丹餅(ぼたもち)になるまでを楽しく描く、逆進行形の今時な事情と情事。(点数 60点)


(C) 2011 DW Studios L.L.C. All Rights Reserved.

主人公エマ(ナタリー・ポートマン)は、週80時間も働き詰めのワーカホリックな医師。
ある日、15年前にサマー・キャンプで言い寄ってきたアダム(アシュトン・カッチャー)と偶然再会。
勢いでイタしてしまうも、その時エマがアダムに持ちかけたのは、セックスだけの契約でした。

この映画の批評を読む »

生き残るための3つの取引 - 中野 豊

韓国の「弱肉強食・競争社会」を背景に、殺人犯捏造という警察のカムフラージュにおののく社会派サスペンス。(点数 55点)


(C)2010 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved

本作は、水谷豊主演の刑事ドラマ『相棒』に似た高揚感を感じさせます。真実を権力側の都合のいいフィクションにすりかえるというテーマは、普遍的であると同時に「今の時代」を映し出します。

惜しい(点数が低目)のは、主演のファン・ジョンミンを除く役者陣のオーバーアクトと、物語の前半を焦らずにみせて欲しかった。
登場人物の相関関係をスマートに描ききれていません。

この映画の批評を読む »

4デイズ - 中野 豊

災害エンタテインメントの是非を問う!(点数 棄権)


(C)2009 Unthinkable Clock Borrower,LLC.All Rights Reserved.

東北関東大震災の被災地の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

本作は4月の公開を見合わせることに決定いたしました。
このような映画が作られていたという「情報」として、読んでいただければ幸
いです。

個人が核爆弾をつくりテロを実行? その時「アメリカ」は、どのように対処し
ようというのだろうか。キーワードは、原題でもある、UNTHINKABLE(思いもよら
ぬこと)・核・テロ・人権・人命・拷問・家族、そして有事の際の国家の対応…
…。

この映画の批評を読む »

トゥルー・グリット - 中野 豊

1969年の名作『勇気ある追跡』の21世紀フルモデルチェンジ版光来! ジェフ・ブリッジスのコーエン(好演)が光る、泣いて笑って感動のウェスタン。(点数 85点)


(C)2010 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

イントロダクション。 ある老境を迎えた女のモノローグ(回想)で幕が開きま
す。

—若い女が父親の仇を倒した実話です。
私が14歳の時、トム・チェイニーが賭
けに負けた腹いせにある男を撃とうとしたのです。
それをとめようとした父を撃
ち殺し、金貨二枚と馬を奪って逃げました。—

この映画の批評を読む »

恋とニュースのつくり方 - 中野 豊

仕事にも恋愛にも全力投球!アラサー女子の頑張りに元気をもらえるサプリメント・ムービー(75点)


(C)2010ParamountPictures.Allrightsreserved.

戦争・暴力・殺人をテーマにした映画が溢れかえる昨今、感動したり考えさせられたり悩んだり、苛立ったりもします……。
厳しい現実社会から、一瞬でも夢を見たい時だからこそ琴線に触れる、リニューアルされた渋谷○9を装ったような(笑)軽妙・洒脱なブランド映画です 。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】