地獄でなぜ悪い - 中野 豊

園子温監督初のバイオレンス・コメディにおののき笑う (点数 75点)


©2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

ヤクザの組長の愛娘ミツコ(二階堂ふみ)は幼少時代にハミガキ粉のCMで一世風靡をした過去を持つ。劇中CMのキャッチとなる歌(全力歯ギシリ Let’s GO♪)とダンスが本作の魅力のひとつでもあることから、31種のはみがき「ブレスパレット」とのコラボにより「ガガガはみがき」が誕生!←これは実話。

この映画の批評を読む »

野いちご - 中野 豊

スウェーデンの偉大な監督が生んだ名作の一本 (点数 85点)


(C)1960 AB Svensk Filmindustri

スウェーデンが生んだ愛すべきもの、それは車VOLVO(笑) とベルイマン監督です。

ハリウッド外映画の三大巨匠といえば、黒澤明、イタリアのフェリーニ、そしてスウェーデンのベルイマンでしょう。そのベルイマンの脂ののった時期の3作品がリバイバル公開されます。

今回ご紹介する『野いちご』を挟んで『第七の封印』、『処女の泉』が連続公開されます。

ファンの方は全て観ませんか?『夏の夜は三たび微笑む』も機会があればオススメの逸品です。

この映画の批評を読む »

華麗なるギャツビー - 中野 豊

華麗なる3Dラブ・ストーリー! グレイト・ムービー! (点数 90点)


© 2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved

F・スコット・フィッツジェラルドの小説が原作ですが、本編は1974年のフランシス・フォード・コッポラ脚本、ロバート・レッドフォード主演版の物語により近い。

舞台は1920年代のニューヨーク。中西部より出てきた青年ニックは証券会社での仕事のためニューヨーク郊外のロングアイランドに越してきます。
ニックが暮らすのは質素な家ですが、隣には毎夜豪華絢爛なパーティが開かれる豪邸です。
そのギャツビー邸のシャンパンを浴びチャールストンに興じるセレブたちの饗宴は1920年代、禁酒法の下 セレブのカタルシスとみることができるし、日本だとバブル期狂乱のイケイケDISCOを連想しました。
このあたりの演出は監督バズ・ラーマンの新解釈で、そのまま『ムーラン・ルージュ』のデジャヴのよう。

この映画の批評を読む »

フィギュアなあなた - 中野 豊

等身大の美少女フィギュアと青年のエロティック・ファンタジー (点数 60点)


主演女優 佐々木心音 at 角川試写室

石井隆はコミックスの『名美』から扇情的に展開するノワール作家としてファンだったので『死んでもいい』以降の映画監督としてのブレイクには歓喜しました。石井監督は「エロス+タトス」をフィルムに焼付けた『ヌードの夜』『死んでもいい』『夜がまた来る』『GONIN』などの忘れられない佳作を連発。そして今回は、自身の短編コミックス「無口なあなた」を、空気人形(カンヌでニュースの是枝監督作品タイトル)のようにふくらませて映画化しました。

この映画の批評を読む »

コズモポリス - 中野 豊

マンハッタンを走るリムジンを主舞台とした金融ホラー。(点数 80点)


©2012-COSMOPOLIS PRODUCTIONS INC./ALFAMA FILMS PRODUCTION/FRANCE 2 CINEMA

色白で吸血鬼然とした風貌の、28歳にして巨万の富を得たエリック・パッカーは、散髪へ行くとリムジンに乗り込みます。
クローネンバーグ初期の作品で『ラビット』(1977)を連想すると、いつ彼が吸血鬼に変貌してもおかしくないのですが、実はエリック自体が金という血を吸い肥大化したサイバー・ヴァンパイアなのだとわかってきます。
エリックを演ずるロバート・パティンソンが『トワイライト』シリーズのヴァンパイアだという確信犯的配役。

この映画の批評を読む »

フライト - 中野 豊

高度3万フィート……。飲んだら乗るな!乗るなら飲むな!(点数 85点)


©2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

オープニング、とある一室、全裸の女性がショーツを身に付ける。
横のベッドでは気だるそうに男が目覚めます。
この二人がこの後の世紀の大事件にかかわるキャビンアテンダントとパイロットです。

フロリダ州オーランド発アトランタ行きの旅客機に乗り込む機長(デンゼル・ワシントン)は抜群の操縦テクニシャンで激しい乱気流を鮮やかにスルーします。が、突然の急降下とともに機体が制御不能に陥り、最後の手段「背面飛行」で機体を水平に保ちながら、草原に決死の不時着に挑むのです。

この映画の批評を読む »

黒部の太陽 - 中野 豊

エネルギー問題がとりざたされる今、もう一度観たい。関西電力黒四ダム工事の実録映画。(点数 75点)


©1968 石原プロモーション

1968年邦画が斜陽に向かい始めたころ、スタープロダクションの三船、石原プロが提携、当時としては破格の3億9千万、現在に換算すると13億2千万超の巨費が投じられました。

この映画の批評を読む »

鈴木先生 - 中野 豊

「家政婦のミタ」でブレイクした長谷川博己が妄想教師を、独自のメソッドを駆使して演じる学園ドラマ。(点数 65点)


©2013 映画「鈴木先生」製作委員会

勉強不足で、本原作がコミックスで、それが更にテレビドラマ化されていたことを筆者は知りませんでした。

物語は現代の教育現場を先生・生徒両視点でつづります。時にコミカルに時にシリアスに……。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

フリーランサー NY捜査線 - 中野 豊

ヤクザではない、マフィアでもない。ニューヨーク市警「全員悪人」。(点数 65点)

(C) 2011 GEORGIA FILM FUND THREE, LLC

警官だった父親を面前で殺され、自分が乗っていた車は爆破されるも九死に一生を得たジョナス(カーティス“50セント”ジャクソン)は15年後、幼馴染みたちと警察学校を卒業し、敬愛する父の職をついだのです。出勤初日から教育係と称する先輩警官たちはコンプライアンス遵守どころか、人種差別的発言の連呼・ドラッグ常用・女あさり・罪人から賄賂と仰天の有様……。

この映画の批評を読む »

シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語 - 中野 豊

あの「シルク」が3D映画化されました。それもドキュメンタリーとしてではなく。(点数 75点)


(C)2011 Cirque du Soleil Burlesco LLC. All Rights Reserved.

本作は第25回東京国際映画祭の公式オープニング作品として上映され、上戸彩さんがオフィシャル・ネビゲーターをつとめたことからみてもこの秋最大の話題作であることは確かです。
「太陽のサーカス」と言われる公演体験者、1億人。ひとつの団体としてはべらぼうな集客、ということはそれだけ観衆を熱狂させる完成度だということでしょう。

この映画の批評を読む »

私の奴隷になりなさい - 中野 豊

性癖は人それぞれ。そんな情報溢れかえる日常に潜む「奇憚クラブ」を現代視点でみせます。(点数 50点)


(C)角川書店

累計35万部を突破した、サタミシュウの新官能小説の代表作の映画化です。ごく普通の生活を送るワーキングウーマンが、あるきっかけでドMに変貌……。ハードな描写から主演女優をみつけることが出来るのかと危惧された本編は、史上最強のエロス神(笑)檀蜜の存在によって映画化が実現されました。
葬儀関係の仕事を経て29歳での遅咲きデビューのグラビアアイドルで、最近ではちょくちょくテレビにも顔をだしています。その彼女が初演技でもってフルヌードでスクリーンデビューを果したのです。

この映画の批評を読む »

ハイザイ~神さまの言うとおり~ - 中野 豊

沖縄は北町(ちゃたん)美浜へ行った気分になるさーねー」と語りたい、男女6人によるスタイリッシュな今風コメディ。(点数 55点)


(C)2012「ハイザイ 神さまの言うとおり」製作委員会

本作は、2010年に沖縄の 北谷町 美浜にオープンした複合娯楽商業施設「デポアイランド」という器の中で青春するチャンプルーテイストな美味しさが評判で、沖縄国際映画祭 長編プログラムLaugh部門に出品されました。

出演は『桐島、部活やめるってよ』の落合モトキ。彼が演じる原沢にアパレル経営者と間違えられ誘拐される小熟女看護師にともさかりえ。ナイチャー旅行者カップルには深水元基と吹田早哉佳、こっくりさんの予言に翻弄される女子高生に「ラッキーガールズ」(沖縄のアイドルグループ)のALISAとMIINA。そして芸人「笑い飯」の西田幸治やミュージシャンのスネオヘアーが脇を固めています。

この映画の批評を読む »

ディクテーター(独裁者)身元不明でニューヨーク - 中野 豊

「独裁」とはどれほど笑えるのか? こんなに可笑しなモノなのだとわかってしまう、今だからつくることのできるパロディ映画の一撃!(点数 65点)


(C) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

いかにも社会派らしいタイトルですが、中身はワディア共和国のトチ狂った将軍様と影武者が現代NYの市井と政治に溶け込んだフリをして大騒動……。その時世界は動くのか?それがまったく動かないという現代。
世界征服を目論むワディア共和国のアラジーン将軍様は、自分が法律、反抗分子どころか少しでもお気に召さない向きは即刻「首切」してしまうツワモノなのでした。

この映画の批評を読む »

クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち - 中野 豊

「狂馬・巴里」です。世界的なハダカ・アートショーの裏表を魅せるフィジカル・エンターテインメント・ドキュメンタリー。(点数 80点)


(C)2011 – IDEALE AUDIENCE – ZIPPORAH FILMS, INC. TOUS DROITS RESERVES – ALL RIGHTS RESERVED

ヌードが猥褻なら、第一にそれを創った神こそが断罪させなければならいわけで、そんな思いでパリへ行った折に「Crazy Horse」に吸い込まれてしまうのは、健康な人間にはごく自然なのだと思います。
びっくりしたのは訓練した女性の動くヌードの美しさは目から鱗が落ちる思いでした。世にミスなんとかだのと美しい健康美のコンテストが存在するのならば、水着なしで踊るべきではないのだろうか?と妄想させられました。

この映画の批評を読む »

プレイ 獲物 - 中野 豊

愛娘を助ける時間はあと僅か。脱獄犯人×女刑事×連続性犯罪者 危なすぎる争いの行方は?(点数 70点)


(C)2011 / BRIO FILMS – STUDIOCANAL – TF1 FILMS PRODUCTIONS – Tous Droits Reserves

獄中の強盗犯フランクは、妻のアンナと5歳の愛娘アメリと平穏に暮らせる日を待ちわびています。
そんな折、同房の穏やかな男モレル(未成年者暴行容疑者)が冤罪によって釈放されることになるのでした。
フランクは大金を狙う連中から妻子を守るべく、モレルにあるメッセージを託すのですが……。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】