童貞放浪記 - 福本次郎

文学作品の登場人物の女心は理解できるのに、生身の女の気持ちはわからない。人間関係における感情的な偏差値は極端に低い男のウィタ・セクスアリス。もどかしいまでに不器用な三十男の、初体験をめぐる冒険を切なく描く。(50点)

童貞放浪記

© SEIWA FILMS

 超がつくほどの高学歴であるにもかかわらず、女とは縁がない。文学作品の登場人物の女心は理解できるのに、生身の女の気持ちはわからない。試験の偏差値は高くても、人間関係を築いていく上での感情的な偏差値は極端に低い男のウィタ・セクスアリス。外見に難があるわけでもない、性格がひねくれているわけでもない。ただ、男女間の恋の駆け引きにおいてはまったく何をしていいかわからず、さらにその自信のなさが肉体的な不能の原因となる。そんな、もどかしいまでに不器用な三十男の、初体験をめぐる冒険を切なく描く。

この映画の批評を読む »

そんな彼なら捨てちゃえば? - 福本次郎

愛するよりも愛されたい恋愛体質丸出しの女たちの底なしの赤裸々な欲望。人生に恋は必需品、だがここまであからさまに本音を表に出しすぎると男は引いてしまう。いくら男女同権といっても、やはり「誘うのは男の役目」なのだ。(50点)

そんな彼なら捨てちゃえば?

© MMVIII IFP BLACKSWAN GMBH & CO. KG TM NEW LINE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 男の子にいじめられたら、「それはあなたが好きな証拠」と子供のころに母親に刷り込まれて以来、ときめいた男の何気ない仕種にあらゆるサインを嗅ぎ取り自分に都合のよい解釈をするOL。常にチャンスをうかがい、理想の男性像を追い求める貪欲さ、そしてうまくいかなくてもすぐに立ち直り、次の相手を物色するすさまじいエネルギーを持つ大人に成長している。映画は、彼女のほかにも、愛するよりも愛されたい恋愛体質丸出しの女たちの底なしの欲望を赤裸々に語る。人生に恋は必需品、だがここまであからさまに本音を表に出しすぎると男は引いてしまう。いくら男女同権といっても、やはり「誘うのは男の役目」なのだ。

この映画の批評を読む »

ボルト - 福本次郎

今までの過去や日常がすべて虚構であると知った時、どれほどの絶望を味わうのだろうか。自信が打ち砕かれ、途方に暮れ、それでも友達の励ましで立ち直る。「キミは決して一人ではない」というメッセージは古典的だが共感を呼ぶ。(50点)

ボルト

© Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

 戦ってきた敵や愛した人だけでなく、今までの過去や日常がすべて虚構であると知った時、どれほどの絶望を味わうのだろうか。ドラマの中で「スーパードッグ」を演じるために撮影所に作られたセットの中で暮らす犬が外界に飛び出し、現実には己の力が通用しないことを学んでいく過程で覚える無力感がリアルだ。そんな彼が、自信を打ち砕かれ、途方に暮れ、それでも友達の励ましで立ち直る。「キミは決して一人ではない」という、傷ついた心を持つすべての人に送るそのメッセージは古典的だが、主人公の感情の変遷が共感を呼び、一途な思いが胸を打つ。

この映画の批評を読む »

バスティン・ダウン・ザ・ドア - 福本次郎

10メートルを超える波に挑む命知らずの若者たち。波は波頭を巻き込んでトンネルを作る。その美しさと勇気、スリルと陶酔、何よりもボードひとつで自在に走るという、麻薬にも似た恍惚と常習性を得るサーファーたちの姿がまぶしい。(40点)

バスティン・ダウン・ザ・ドア

© 2008 Bustin Down The Door, LLC

 10メートルを超える波に挑戦する命知らずの若者たち。波は迫りくる巨大な壁になり、波頭を巻き込んでトンネルを作る。あるものは垂直に落下し、あるものは横に滑るように巧みにボードを操る。今では当たり前のように見られる映像だが、その美しさと勇気、スリルと陶酔、何よりも不安定な水の上をボードひとつで自在に走るという、麻薬にも似た恍惚と常習性を得るサーファーたちの姿がまぶしい。これはまさに、「ビッグ・ウェンズデー」のドキュメンタリーバージョンだ。

この映画の批評を読む »

ポー川のひかり - 福本次郎

無残に投げ捨てられ、開かれたページに太い釘を打ちつけられた書物の姿は机上の知識に対する死刑執行。女性検事が「芸術のよう」と口にするが、そのシーンはまさに古い価値観に対する決別を表明するアートの感性が満ちている。(50点)

 図書館の床一面にぶちまけられた百冊あまりの書物。蒐集者であった司教にとって、過去からの文化の継承であり心のよりどころでもあった宝物であるにもかかわらず、辱められた上にとどめを刺されている。無残に投げ捨てられ、開かれたページに太い釘を打ちつけられた姿は机上の知識に対する死刑執行。駆け付けた女性検事が「芸術のよう」と口にするが、そのシーンはまさに古い価値観に対する決別を表明するようなアートの感性が満ちている。串刺しにされた書物は、反逆者を皆殺しにした血なまぐささと断末魔の悲鳴が聞こえてくるかのごとく、見る者のイマジネーションを刺激する。

この映画の批評を読む »

コネクテッド - 福本次郎

理由が分らず拉致された女、その女から電話を受けた男。身に覚えのないトラブルに巻き込まれた男女が、一本の回線だけを頼りに何とか窮地を脱しようとする。息もつかせぬスリリングな展開の連続は、エンドロールまで突っ走る。(70点)

コネクテッド

© 2008 Emperor Motion Picture(International)Limited, Warner China Film HG Corporation & BNJ Armor Entertainment Limited. All Rights Reserved.

 理由の分らないままに拉致された女、見ず知らずのその女からの救援を哀願する電話を受けた男。身に覚えのないトラブルに巻き込まれた男女が、一本の回線だけを頼りに何とか窮地を脱しようとする。壮絶なカーチェイスと虚虚実実の駆け引き、女を救うという使命に目覚め巨大な悪に立ち向かう過程で、冴えない男に知恵と勇気と責任感が芽生えていく。そこに待ち受ける裏切りと大逆転、映画は息もつかせぬスリリングな展開の連続で、エンドロールまでスロットル全開で突っ走る。原案となった「セルラー」を凌駕する出来栄えだ。

この映画の批評を読む »

山形スクリーム - 福本次郎

人里離れた小さな村、平家落ち武者のたたり、女子高生とゾンビ。B級ホラー映画のエッセンスを集めて、脱力感満載の笑いに煮詰めていく。強烈なデジャヴを感じる小ネタの数々は、コテコテの感性で新たな命を吹き込まれている。(60点)

山形スクリーム

© 2009 映画「山形スクリーム」製作委員会

 人里離れた小さな村で対立する人々、平家落ち武者のたたり、女子高生とゾンビ。そういったB級ホラー映画のエッセンスを集めて、脱力感満載の笑いに煮詰めていく。強烈なデジャヴを感じる小ネタの数々は、出展を知らずとも、竹中直人流に色づけられたコテコテの感性で新たな命を吹き込まれ、コメディとして十分に楽しめる。あえてベタな設定とチープな物語を採用しているが、ディテールにまで及ぶこだわりは過去の名作に明確なリスペクトを示している。

この映画の批評を読む »

クララ・シューマン 愛の協奏曲 - 福本次郎

超一流のピアノの腕前を持った妻と前途洋洋たる才能を持った青年、そのふたりを目の前にして徐々に失われていく理性を自覚する高名な作曲家。若き日のブラームスの、ロベルト&クララのシューマン夫妻との交流と秘めた愛を描く。(40点)

クララ・シューマン 愛の協奏曲

 超一流のピアノの腕前を持った妻と前途洋洋たる天賦の才を持った青年、そのふたりを目の前にして徐々に失われていく己の理性を自覚する高名な作曲家。若き日のブラームスがロベルト&クララのシューマン夫妻の知己を得て、やがて彼らを凌駕するまでの音楽家になる過程で一途に秘めた愛を描く。ただ物語は事実に基づいているので大胆な解釈や柔軟な発想に乏しく、主要な登場人物3人のキャラクターは後世に名を残したアーティストにしては平凡。ロベルトは創作の苦悩より頭痛とアヘン中毒に苦しむばかりだし、クララはブラームスとの不倫には踏み切れず、ブラームスも野心的なのは最初のうちだけ。映像からは「ライン」の怒涛も「ハンガリー舞曲」の躍動も感じられなかった。

この映画の批評を読む »

イサム・カタヤマ=アルチザナル・ライフ - 福本次郎

縮れた長髪に濃いひげ、革ジャンに身を包みタバコをふかす。まさに反体制のシンボルといった風貌なのだが、あくまで人間同士のつながりを重視する。レザーをアートにまで高めた男の熱い生き方を通じて、プロとしての本質に迫る。(40点)

イサム・カタヤマ=アルチザナル・ライフ

© 2009 BACKLASH AMENICAM

 肩まで伸ばした縮れた長髪に濃いひげ、革ジャンに身を包みタバコをふかす。一見、パンクロッカー風のいでたちは、通りを歩いていると人々が思わず避ける。まさに反体制のシンボルといった風貌なのだが、考え方はあくまで人間同士のつながりを重視する非常に古風なもの。レザーファッションをアートの域にまで高めて世界中のセレブに顧客を持つ男の熱い生き方を通じて、プロフェショナルとしての仕事の本質に迫る。

この映画の批評を読む »

クヌート - 福本次郎

生活と安全が保障された動物園と、食糧の乏しい凍てついた大地、そして餌には困らないけれどサバイバル術を教えてくれる親がいない森という、環境のまったく違う世界の3組のクマを並列することで、自然と人間の距離感を問う。(50点)

クヌート

© DOKfilmFernsehproduktion © Zoo Berlin

 哺乳類の赤ちゃんはたいてい愛らしい外見をしているが、真っ白な毛に覆われたぬいぐるみのようなホッキョクグマは特にその無邪気な顔と不器用なしぐさで保護本能をくすぐる。映画は、生まれてすぐに母クマが育児放棄をし、飼育係の手によって育てられた一頭のホッキョクグマの成長を軸に、北極の氷雪の上でひたすら餌を求めて海を目指すホッキョクグマ一家と、母を失ったベラルーシのヒグマ兄弟のエピソードを交える。檻の中の見世物ながら生活と安全が保障された動物園と、食糧の乏しい凍てついた大地、そして餌には困らないけれどサバイバル術を教え外敵から守ってくれる親がいない森という、環境のまったく違う世界の 3組を並列することで、自然と人間の距離感を問う。

この映画の批評を読む »

セントアンナの奇跡 - 福本次郎

米国に人種差別が強く残っていた第二次大戦中、黒人は自分たちの勇気を証明したくて銃を取り、ドイツ軍と戦う。しかし、前線は死の恐怖とは隣合わせでも、祖国にいるよりはるかに自由と充足を感じるという皮肉が待ち受けている。(80点)

セントアンナの奇跡

© 2008 BUFFALO SOLDIERS IN ITALY, LLC – ON MY OWN PRODUZIONI

 米国内では二級市民、戦場では消耗品扱いされる黒人米兵。まだ米国に人種差別が強く残っていた第二次大戦中、彼らは自分たちの能力と勇気を証明したくて銃を取り、ドイツ軍と戦う。しかし、前線に横たわる現実は、白人上官の無理解と、偏見のない現地の住民、さらにドイツ軍には良心を失っていない兵卒や黒人兵にも敬意を示す士官がいる。彼らにとって前線は死の恐怖とは隣合わせでも、祖国にいるよりはるかに自由と充足を感じるという皮肉。そして無垢ゆえにもたらされた奇跡は、壮絶な殺しあいの中でひととき心に安寧をもたらす。人はどんなに絶望的な状況であっても信じること救われる、この作品はそんな思いを映像に込めた壮大な寓話だ。

この映画の批評を読む »

バーダー・マインホフ 理想の果てに - 福本次郎

最初は政府に対する明確な「NO」の意思表示。やがてテロリストの目的は勝利ではなく、テロ行為そのものとなる。放火、強盗、誘拐、暗殺・・・凶悪犯罪を繰り返し警察に追われることに一種のカタルシスを覚えているかのようだ。(70点)

バーダー・マインホフ 理想の果てに

© 2008 CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH NOUVELLES EDITIONS DE FILMS S.A. G.T. FILM PRODUCTION S.R.O.

 戦争も抑圧もなく、誰もが自由で満ち足りた人生を送れる社会。しかし、そんなものは理想に過ぎないと分っている。最初は米国の帝国主義とそれにおもねる西ドイツ政府に対し、明確に「NO」と意思表示しなければファシズムに逆戻りするかもしれないという危機感。やがてテロリストの目的はもはや勝利ではなく、テロ行為そのものの繰り返しとなる。放火、強盗、誘拐、暗殺・・・凶悪犯罪を繰り返し警察に追われることに一種のカタルシスを覚えているかのようだ。

この映画の批評を読む »

ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢 - 福本次郎

粘土細工を1コマづつ撮影する職人的なこだわりにぬくもりを覚え、主人公の顔の残った指紋がこの作品をコンピューターではなく人間の手になるものであることを思い出させ、おそろしく時間がかかる作業であることを知らしめる。(40点)

 アニメといえばCGが全盛の時代になっても、粘土細工を1コマづつ撮影する職人的なこだわりがぬくもりを覚える。主人公の顔の残った指紋が、この作品をコンピューターではなく人間の手になるものであることを思い出させ、おそろしく時間がかかる作業であることを見る者に知らしめる。メインキャラクターの動きや表情だけでなく、周囲の小道具や背景のディテールにまで神経が行き届いた映像は、まるで人形が生きているかのような存在感が感じられる。しかしそこで繰り広げられる物語は、素材の持つソフトなタッチとは全くミスマッチの連続殺人鬼による犯罪。見た目の子供っぽさからくる期待を裏切るミステリーとスリラーを融合させるような展開は、どこか違和感を否めない。

この映画の批評を読む »

湖のほとりで - 福本次郎

わが子だからこそ余計に憎み、その気持ちをどこにも追いやることができない。障害や難病の子を持つ親はふと頭によぎるそんな思いに胸を痛め、己を責めている。映画は、殺人事件をきっかけに、人々が抱える闇をあぶりだす。(70点)

湖のほとりで

© 2007 INDIGO FILMS

 わが子だからこそ余計に憎んでしまう。そしてその気持ちをどこにも追いやることができない。障害や難病の子を持つ親はふと頭によぎるそんな思いに胸を痛め、己を責めている。なぜ愛するものを苦しめるのか、そうしたやり場のない怒りを抑えながらも日々の暮らしを守っていかなければならない。映画は、誰もが顔見知り同士の小さな村で起きた殺人事件をきっかけに、人々が抱える闇をあぶりだす。誰にもいえない葛藤が、捜査員の尋問によって堰を切ったように参考人の重い口からあふれ出すシーンが苦悩の深さを物語る。

この映画の批評を読む »

アマルフィ 女神の報酬 - 福本次郎

少女の誘拐事件解決のために走り回る外交官と犯人グループの虚々実々の駆け引きは息をのむ緊張感。しかし、後半のあまりにも杜撰な展開に稚拙な脚本が馬脚を現す。無理やりなこじつけに近い犯人グループの計画には呆れてしまう。(40点)

アマルフィ 女神の報酬

© 2009フジテレビジョン 東宝 電通 ポニーキャニオン 日本映画衛星放送 アイ・エヌ・ピー FNS27社

 壮大な世界遺産と切り立った崖に張り付くように建物が並ぶ美しい海辺の町、古代ローマから連綿と続く石造りのインフラにあらためて息をのむ。そんなイタリアの魅力をたっぷりと引き出しつつ、日本人少女の誘拐事件解決のために走り回る外交官と犯人グループの虚々実々の駆け引きは息をのむ緊張感。非常にカネがかかったスケールの大きい作品ではあるが、後半の杜撰な展開に稚拙な脚本が馬脚を現す。強引というより無理やりなこじつけに近い犯人グループの無謀な計画には呆れて声も出ない。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】