コンテイジョン - 福本次郎

善意や好意が必ずしも「正しい行い」と受け取られるわけではなく、物語はそれらの人々の「良心の質」を問う。(点数 70点)


(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

世界の崩壊が迫っているとき、人は何をなすべきか。科学者としての
責任感から対処法を見つけようとする者、現場に出て指揮を執る者、
自らの信念に基づいて治療法を公開する者。ほとんどの人々は良識を
持ってこの危機を乗り越えようとするが、一方で知人を助けると他者
を犠牲にしなければならない。善意や好意が必ずしも「正しい行い」
と受け取られるわけではなく、物語はそれらの人々の「良心の質」を
問う。ウイルスの幾何級数的な広がりの速さと死の恐怖が伝播する様
子が緊迫感あふれる映像で描かれる。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

アンダー・コントロール - 福本次郎

フクシマ以降、上端から吐き出される白い煙は毒を含んだ悪魔の吐息にしか見えない。(点数 60点)


(C)Stefanescu/Sattel/Credofilm

レンガ造りの古い街並みの近く、たくさんの自動車が走る生活道路の
そば、通勤電車の線路脇etc 人里離れた海岸線にポツンと佇む日本と
は違い、ドイツの原発は人々の暮らしに隣接している。カップを伏せ
た形の巨大な冷却塔は、CO2を出さないクリーンエネルギーとしてかつ
ては人類の叡智と科学の勝利を象徴していたはずだ。しかし、フクシ
マ以降、上端から吐き出される白い煙は毒を含んだ悪魔の吐息にしか
見えない。カメラは、原発施設の内部に入り込み、神殿のごとき原子
炉から廃棄物が保管される地底深くのトンネルまでレンズを向ける。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

インモータルズ -神々の戦い- - 福本次郎

戦闘シーンですら格調高いシンフォニーのようだ。(点数 50点)


(C)2010 War of the Gods, LLC. All Rights Reserved.

天空に浮かぶ大理石の神殿から人間界の営みを観察する神々、強大な
武力と残忍さで世界を支配しようとする邪悪な王、鍛錬された武芸と
不屈の精神で祖国を守ろうとする若者。男たちは力強くしなやか、女
たちは豊満で優美、登場人物はみなギリシア彫刻のような肉体を誇示
し、リアリティよりもイマジネーションを優先させた感覚的なヴィジ
ュアルは巨大津波や肉弾相撃つ戦闘シーンですら格調高いシンフォニ
ーのようだ。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

スクリーム4 - 福本次郎

恐怖を味あわせるより観客の虚を衝いて驚かせる安易なもの。(点数 40点)


(C)2011 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

突然の大音響をバックにゴーストフェイスが飛び出してくる。刃渡り
30センチほどの大きなナイフを振りかざし、逃げ遅れた若者は凶刃に
突き刺され絶叫と共に息絶えていく。そんな中、ホラー映画のカルト
クイズで映画ファンのトリビアを刺激しつつ、過去の映画のセオリー
を次々と崩していく設定が新鮮だ。ところがその過程は、鳥肌が立つ
不気味さや目を背けたくなるおどろおどろしさ、背筋が凍る怖さとは
無縁で、恐怖を味あわせるより観客の虚を衝いて驚かせる安易なもの。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

ハラがコレなんで - 福本次郎

恐ろしくユニークなヒロインを仲里依紗がしかめっ面で熱演する。(点数 40点)


(C)2011「ハラがコレなんで」製作委員会

「OK、私が面倒を見る」。出産間近なのに夫も住むところもない、に
もかかわらずカネに困っている人には全財産を譲り、客のいない食堂
を手伝おうとする。切羽詰まると昼寝をして“風”の流れが変わるの
を待つ。決して笑顔を振りまいたりはしないが、異常とも思えるポジ
ティブシンキングは周囲の人々を巻き込んで人と人の絆を取り戻させ、
“粋”な生き方とは何かを問いかける。そんな恐ろしくユニークなヒ
ロインを仲里依紗がしかめっ面で熱演する。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

ステキな金縛り - 福本次郎

髪を振り乱して周囲の人々を動かすコミカルかつエネルギッシュなヒロインを深津絵理が熱演、スクリーンから強烈な吸引力を放っていた。(点数 60点)


(C)2011 フジテレビ 東宝

一応、裏切り者の誹りを受けて首を刎ねられた無念を晴らしたいとい
った名目はある。ところが、なぜ眠っている人の上に馬乗りになって
金縛りにあわせるのかと法廷で問われると、“幽霊とはそんなものじ
ゃ”と法律家を納得させる答えを持たない。被告の疑いを晴らすため
に召喚された幽霊、姿は見えなくても意志があれば証人とみなされる
場面に死者もまた人間という思想が凝縮されている。映画は殺人事件
を担当する弁護士が落武者の幽霊と心を通じ合わせていくうちに、亡
くした父への感情と仕事に対する自信を取り戻していくまでを描く。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

ラビット・ホール - 福本次郎

繊細なヒロインの心情を、ニコール・キッドマンは時に感情を爆発させてリアルに演じきる。(点数 60点)


(C)2010 OP EVE 2, LLC. All rights reserved.

身近な人々の気配りが癪に障り、慰めの言葉が非難に聞こえる。己を
責めぬいた揚句、もうこれ以上傷つきたくないと防衛本能が他人の些
細な言動に過剰反応し、つい彼女を攻撃的にしてしまう。自分の胸中
を分かってほしい、でも誰にも理解できるはずがない。そんな繊細な
ヒロインの心情を、ニコール・キッドマンは時に感情を爆発させてリ
アルに演じきる。世界中の悲しみをひとりで背負っていると思い込ん
でいて、確かに同情の余地はあるのだが、むしろイヤな女を演じて現
実から逃避しようとする姿が痛々しい。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

1911 - 福本次郎

革命の偉大な成果は、数え切れないほどの無名の兵士や市民の犠牲の上に成り立っていることをあらためて考えさせる作品だった。 (点数 60点)


(C)2011 JACKIE CHAN INTERNATIONAL CINEMA CULTURAL HOLDINGS LIMITED JACKIE & JJ PRODUCTIONS LIMITED All Rights Reserved.

破たん寸前の封建主義、外国による植民地化。朝廷は軍閥に頼り、列
強は既得権益の甘い汁を手放そうとはしない。革命の父・孫文はそん
な二重苦から同時に中国を解放しようとする。彼の壮大な夢は言葉と
して語られるうちに輪郭を持ち始め、同士の血によって形になってい
く。映画は辛亥革命の端緒となった武昌蜂起を軸に、孫文の大統領就
任、ラストエンペラーの退位、袁世凱の暗躍までを描く。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 - 福本次郎

見どころたっぷりの21世紀の三銃士は、3Dで新たな命を吹き込まれていた。(点数 70点)


(C)2011 Constantin Film Produktion GmbH, NEF Productions, S.A.S., and New Legacy Film Ltd. All rights reserved.

運河の水中に潜み、高い橋の上からジャンプし、壁に繋がれた鎖を引
きちぎる。そして地下に隠された通路で待ち受ける罠。アイデア満載
の仕掛けと小道具がCGと見事に融合した視覚効果は大いに目を楽しま
せてくれる。物語はヒーローに憧れる若者が、かつてヒーローだった
男たちの心に再び火を付け、壮大な陰謀に立ち向かう旅を描く。特に、
4人対40人の大殺陣は、日本のTV時代劇のように大勢の悪党の手下をバッサバッサ斬り捨てる痛快感にあふれ、広場にある小物や建物を利用して立体的に動きを見せる場面は息をのむアクションの連続。久しぶりに血沸き肉躍る“本格冒険大活劇“を見た気になった。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

ゲーテの恋 - 福本次郎

愛の素晴らしさが生きる力に変わる瞬間のきらめきにあふれた映像が美しい。(点数 60点)


((C) 2010 Senator Film Produktion GmbH / deutschfilm GmbH /Warner Bros.Entertainment GmbH / SevenPictures Film GmbH / Erfttal Film- und Fernsehproduktions GmbH & Co. KG / Goldkind Filmproduktion GmbH & Co. KG / herb X film Film- und Fernsehproduktion GmbH / Summerstorm Entertainment GmbH / magnolia Filmproduktion GmbH / CC Medienproduktions- und Verwaltungs GmbH)

絶望は創作の源、苦悩は情熱の証。恋に破れた青年は心の痛みをペン
に託し思いをつづる。死が頭をよぎっても、実際に引き金を絞る勇気
はない。一方で言葉は泉のごとく湧きあがり、いつしか苦く切ない思
い出は不朽の文学作品に昇華されていく。まだ自分の進むべき道を決
めかねていた若き日の文豪、映画は彼が自殺してしまいたいほどのつ
らい経験の末に才能を開花させていくまでを描く。直接顔を合わせる
か手紙だけが気持ちを伝える手段、そんな当時の空気が、舗装されて
いない泥だらけの道やろうそくの炎しかない夜に象徴されていた。

法律を学ぶゲーテは試験に落第、書き上げた戯曲も出版には至らず、
小さな町の裁判所の実習生となる。ある日、ダンスパーティでロッテ
という娘と出会い、ふたりは急速に惹かれあっていく。

意識しているのにどちらも相手が行動を起こすのを待っている。恋の
駆け引きというにはあまりにも未熟な意地を張りながら、我慢できず
につい馬を飛ばしてしまう。すぐには会える距離ではないが、胸の高
鳴りを抑えるには近すぎる。一度は入れ違いになるのに帰り道でお互
いの姿を認めた時の喜びが、草原と森、そして廃屋の中で唇を重ね体
を合わせるシーンに凝縮されていた。愛の素晴らしさが生きる力に変
わる瞬間のきらめきにあふれた映像が美しい。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

ミッション:8ミニッツ - 福本次郎

スリルの中にも愛に満ちた物語に変貌していく。(点数 50点)


(C)2011 Summit Entertainment, LLC. All rights reserved.

気が付くと見覚えのない場所にいて、見知らぬ女と会話を交わし、鏡
の中には赤の他人がいる。自分がいったい誰なのか、どこにいるのか、
何をしているのか全く思いあたらずおろおろする。感覚も思考もクリ
アなのに、なぜか目の前の現実が全く把握できない、そんな主人公が
不安のあまりパニックに陥る心情がリアルだ。列車事故犠牲者の生前
の脳内に送り込まれた彼は、はたして歴史を塗り変えられるのか。現
在と過去、映画は時空を超越したプログラムに変換された男が、自ら
の手で運命を切り拓く過程で真実の愛に覚醒する姿を描く。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

フェア・ゲーム - 福本次郎

自分が狙れているという不安に駆られるヒロインの心情が生々しい。(点数 60点)


(C)2010 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

探してみたけど見つからなかったのではなく、最初からないとわかっ
ていた。どうしてもほしい開戦の口実のために、事実を捻じ曲げ上司
が喜ぶ報告をする。そのためには末端の工作員の身を脅かし、まして
や外国人の安全など歯牙にもかけない。映画は、国家に尽くしたのに、
政権から裏切られた末に偽善者呼ばわりされた夫婦が真実を求めて戦
う姿を描く。偽装していた身分が暴露された直後から、それまで見慣
れていた街の風景が一変し、自分が狙れているという不安に駆られる
ヒロインの心情が生々しい。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

パラノーマル・アクティビティ3 - 福本次郎

デニスが次第に孤独に苛まれていく過程に共感を覚える。(点数 50点)


Copyright (c) 2011 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

大人には見えないものも、まだ幼い娘の目ははっきりととらえている。
「それ」はおそらく恐ろしい姿ではないのだろう、彼女とは仲の良い
友人のような関係を築いている。あの悲劇からさかのぼること十数年、
映画は「それ」の犠牲になった姉妹の幼少期にさかのぼり、彼女たち
がなぜ事件に巻き込まれたのかを探る。家屋内の監視カメラとハンデ
ィカメラの映像をドキュメンタリー風に作り込む手法に新鮮味はない
が、さりげない日常が少しずつ歪んでいく違和感自体は健在。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

五日市物語 - 福本次郎

映画はこの町に関わった調査員の視点を通じて、人と自然が昔から共存する五日市という土地の魅力を探っていく。(点数 50点)


(C)2011「五日市物語」製作委員会

緑濃く清流に恵まれ、空気は澄み食べ物はうまい。住民はおおらかで
よそ者でもすぐに受け入れてくれる。都会に住む人間から見ると理想
郷に見える町・五日市。もはや農業や林業は廃れ、交通網の発達で交
易地としての役目も終えたが、それでも今なお人々は故郷の歴史に誇
りを持って保存しようとしている。映画はこの町に関わった調査員の
視点を通じて、人と自然が昔から共存する五日市という土地の魅力を
探っていく。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独 - 福本次郎

彼の音楽は時代を越えて人の心に訴える魅力があることは確かだ。。。 (点数 50点)


(C)Jock Carroll

芸術家に必要なものはオリジナリティ。だが、世間を驚かせるような
斬新なスタイルの演奏も、大衆に受けいてられ広く認知されるにつれ
陳腐になる。その結果、主人公はさらなる革新を求めてますます自分
の殻にこもり偏執的になっていく。映画は、天才ピアニストが、創作
の過程で他人を遠ざけ、孤独にさいなまれながらも自らの存在をアピ
ールしていこうとする姿を描く。多くの謎ゆえに伝説となった人生と
は裏腹に、彼の素顔を知る人々の証言が生々しい。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】