ブンミおじさんの森 - 福本次郎

まるで夢の中で夢を見ているごとき不思議な体験。それは「インセプション」風の挑発に満ちたものではなく、森羅万象が時間の概念を超越してたゆとう感覚だ。(点数 40点)


(C)A Kick the Machine Films

緑濃いジャングルの深淵、そこは死者と精霊が帰っていくところ。命
が尽きかけた人間は穏やかな気持ちで、人生に迷っている者は吸い寄
せられるように足を踏み入れていく。もはや現世との境界は曖昧にな
り、生老病死の四苦から解放された心が浄化されていく。ところが、
恐ろしく緩慢な話法はイマジネーションを刺激するには程遠く、理解
を越えたメタファーの数々には戸惑うばかりだ。せめて森の木々に瑞
々しい生命力が感じられるほどの深い美しさが映像にあれば印象は違
ってきたと思うのだが…。

この映画の批評を読む »

ランナウェイズ - 福本次郎

彼女たちの内面に対する踏み込みが今一歩甘く、そこからは成功の甘美な愉悦や裏切りのほろ苦い蹉跌が味わえない。(点数 50点)


(C)2010 Runaways Productions, LLC. All Rights Reserved.

反逆、そして挑発。ロックンロールがまだ男の聖域だった’75年、時代
に敢然と牙を剥き立ち向かっていった少女たちは、「女のリビドー」
を解放する歌で同性の圧倒的な支持を得る。それは自由に生きたい魂
の叫び、男の楽しみを自分たちも享受したい欲望。しかしその虚像は、
1人の男のプロデュースによって未熟な彼女たちが演じさせられていた
に過ぎない。映画は初めてメジャーになったガールズバンドのあまり
にも短い栄光と挫折を通じて、人生のはかなさを描く。

この映画の批評を読む »

大韓民国1% - 福本次郎

根性を見せるのにグランドを走るだけでなく、せめて「GIジェーン」みたいに頭を丸めて筋骨隆々の肉体を作るくらいの強固な決意を見せてほしかった。(点数 40点)

選びぬかれた最優秀の兵士が集まる韓国軍の精鋭部隊。
その“男の世界”に志願した娘は、厳しい訓練以上に、好奇心と嫉妬に苦しめられる。
女性差別を公然と口にする上官、下心を持って近づいてくる同僚、そして女だからとなめた口をきく兵卒、他の者も「お手並み拝見」と
彼女を遠巻きに見つめているだけで決して手助けはしない。
そんな男たちの中で自らの意思を貫き通すヒロインの姿が健気で愛らしい。

この映画の批評を読む »

ショパン 愛と哀しみの旋律 - 福本次郎

ショパンの放蕩ぶりをもっと深く掘り下げれば新しいショパン像が楽しめたのだが…。 (点数 40点)


(C) 2002, A Jerzy Antczak Production, All Rights Reserved.

ハートがとろけるような甘いメロディから激情を鍵盤に叩きつける力強い旋律まで、喜怒哀楽をピアノで表現するショパン。
芸術家がパトロンなしでは生きていけなかった時代、年上の女流作家の庇護と寵愛を受けながら作曲に励んでいく。
しかし、映画は彼の音楽家としての創作の苦悩や葛藤よりも、愛人とその子供たちとの関係を通じて天才の孤独を描こうとする。
自分と音楽を愛せても他人は愛せない、その一方で他人に甘える術に長けている、名曲の陰に隠された作曲家の実像は人間的な魅力に乏しかった。

この映画の批評を読む »

再生の朝に -ある裁判官の選択- - 福本次郎

いくら理論で考えても、行動を促すのは感情なのだ。物語は彼の変化を通じて命の尊さを考えさせる。(点数 50点)

近代的国家の官吏として、情に流されず厳格に法を解釈するのが主人公の矜持。
しかし、中国社会ではコネと義理人情が世の中を動かしているという実情のもと、彼は恨みを買って娘を失う悲しみに沈んでい
る。
そんな裁判官が時代と共に、己の信念が世の中と乖離していると自覚する。
裁判では頑固なまでに持論を曲げなかったこの男が、屁理屈をこねるように急に法の盲点を突く姿が、人間らしさを取り戻した証拠。
いくら理論で考えても、行動を促すのは感情なのだ。物語は彼の変化を通じて命の尊さを考えさせる。

この映画の批評を読む »

神々と男たち - 福本次郎

彼らにとって神とは、自らの死をもって理性と感情を完結させた後、そこから始まる新たな何かなのだろう。(点数 60点)


© Wild Bunch 2010

修道士たちは、その夜だけは大いに食べ、ワインのグラスを傾け、楽しげに語り合う。
何を話しているのかはわからない、だが覚悟を決めた清々しい笑顔は徐々に酔いが回るにつれ、涙ぐむ者、眉根をひそめる者、物思いにふける者と、己の人生を振り返り、最後の選択に間違いはなかったかどうかを反芻するような憂いを含んだ表情になっていく。
神にささげた身、たとえ殺されても使命を果たすことに意義を見出す彼らの篤くかたい信仰、一方でどこか現世に対する未練を垣間見
せる、そんな修道士の人間的な姿が胸を打つ。

この映画の批評を読む »

悪魔を見た - 福本次郎

映画は連続猟奇殺人犯と工作員の葛藤を通じ、人の胸に巣食う悪の本質に迫る。(点数 70点)


(C)2010 PEPPERMINT&COMPANY CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

泣き叫ぶ女を切り刻み、その感情を弄び、怒りと絶望を楽しみながらゆっくりと殺す。
まるで被害者の怨念を貪り食うことでエネルギーを得ているかのような歪んだ男をチェ・ミンシクが怪演。
レクター博士を思わせる狂気と瞳の奥に宿る知性、ただ心が血に飢えているだけでなく、体から発散する強烈な腐臭が人知を凌駕した邪悪を体現している。
その悪意は同じ欲望を持つ者に感染し、彼に復讐を誓った男さえも同じ色に染めていく。
映画は連続猟奇殺人犯と工作員の葛藤を通じ、人の胸に巣食う悪の本質に迫る。

この映画の批評を読む »

ツーリスト - 福本次郎

あまりにも強引なこじつけは、それこそ「驚愕の結末」と呼ぶにふさわしい。(点数 40点)

偶然の出会いなのか仕組まれた必然なのか。
旅行中、美女に声をかけられた男が彼女と道行を共にする。
その先で待ち受けていたのは、高級ホテルのスイートルームと武装した物騒な男たち。
訳が分からないまま逃げまどう男は、自分がいつの間にか、ギャングが行方を捜している横領犯に仕立て上げられていたことを知る。
不運にもトラブルに巻き込まれた男、正体を隠した女、そして手紙だけで姿を見せない謎の男。
映画はミステリーにアクションを絡ませて予想もしない方向に舵を取る。

この映画の批評を読む »

コリン - 福本次郎

もはや希望はどこにもない、愛しあったぬくもりさえ今は忘却の彼方。
救いのない暗く深い諦観が胸に突き刺さる作品だった。 (点数 40点)


(C) 2008 NOWHERE FAST FILM PRODUCTIONS

薄れゆく意識と理性の中で、わずかに灯る記憶の火を手繰り寄せる。
それは誰かを確かに愛した感覚。
体に侵入したウイルスが脳に達したとき自分は人間ではなくなってしまう恐怖と闘ううち、その気持ちでさえ徐々に萎んでいく様子がリアルだ。
苦悩にのたうちまわりながらも、やがて苦悩すら感じなくなる。
この映画を見ていると、人間は思考することで人間たりえると改めて痛感する。

この映画の批評を読む »

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 - 福本次郎

孤独になって初めて気付く「人は一人では生きていけない」という真実、ユースチフの成長していく姿が物語を支えていた。(点数 50点)


(C) 2010 Twentieth Century Fox and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.

仲間への信頼と命がけで危険に飛び込む勇気、血沸き肉躍る冒険の旅に必要なものはその過程で身につけていくしかない。
皮肉屋で弱虫なくせに独立心は旺盛な少年が、未知への好奇心と慣れない船旅への不満の間で揺れながら、自己犠牲の精神を育んでいく。
映画は三たびナルニアを訪れた兄妹に新たなキャラクターを加え、形を持つ「悪」には対抗できても、「恐怖」「欲望」「偏見」といった心の中に芽生える負の感情にはなかなか打ち勝てない人間の弱さを描く。

この映画の批評を読む »

英国王のスピーチ - 福本次郎

リーダーに必要な資質は、言葉が持つ魔力を自分の魅力にする能力であることをこの作品は見事に証明していた。 (点数 80点)

数千の目に射竦められて萎縮し、つい口籠る。
緊張のあまり頭の中が真っ白になる場面は胃を締め付けるような緊迫感で主人公の気持ちを再現する。
期待が不安に変わり最後には失望をあらわにする、聴衆の表情が見えているだけにますます焦りが募り、とうとう退席してしまう。
映画はそんな彼が言語療法士の指導のもと吃音を矯正し、苦難の時を乗り越えるシンボルになるまでを描く。
こういう事実が活字になり映像化される、あらためて“開かれた英王室”を実感する。

この映画の批評を読む »

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW - 福本次郎

決着をつけなければならない運命の糸に導かれた
4人の男たちの思いが、無数の銃弾とともに交錯する。(40点)


(C) Formula Entertainment All Rights Reserved.

固い友情で結ばれた男と男、愛と憎しみに翻弄される兄弟、二つの裏
切りと三つの復讐。決着をつけなければならない運命の糸に導かれた
4人の男たちの思いが、無数の銃弾とともに交錯する。流麗なカメラワ
ークが紡ぎだすスタイリッシュな映像は犯罪組織に生きる者たちの理
想を反映し、それを追う刑事の泥臭い人生と好対照をなす。だが、そ
こで描かれる物語はウエットな感情を強調し過ぎ、非常に重い。

この映画の批評を読む »

ヒア アフター - 福本次郎

命あるうちに真剣に誰かを愛せ、映画はそう訴えかける。(60点)


(C)2010WARNERBROS.ENTERTAINMENTINC.

死者は恐れるべきものなのか、それとも生きている人々にそっと寄り
添って見守ってくれているのか。
死後の世界は特別な人のみが覗き見
られる特殊な現象なのか、目に見えないだけで遍在しているのか。

能者、臨死体験者、そして兄弟をなくした少年、物語は、死を身近に
感じる体験をした人々を通じて“あの世”を肯定する。
そこにはもは
や時間や空間の概念はなく、あるのは死者の思念のみ。
とらえ方は違
っても、この世には死者の「伝えたかった思い」が満ちている。
それ
は生きている者の心にあり、気づかれるのを待っている。

この映画の批評を読む »

あしたのジョー - 福本次郎

人は一人で生きているのではないことを学ぶ(50点)

鎖骨は浮き、頬はこけ、腰回りは枯れ木のごとく痩せこけていても、
落ちくぼんだ眼窩から発せられる鋭い光が燃え盛る命の炎を象徴する。

ストーブに囲まれたフロアの上で減量着を着こみ、練習後は倉庫に自
分を閉じ込めて水への誘惑を断つ。そんな、ボクシングにおける厳し
い減量をリアルに再現した伊勢谷友介の気迫は見事。

すでに贅肉など
どこになく、まるで水分はもとより骨まで削ったかのような肉体は美
しさを通り越して死相すら漂わせていた。

この映画の批評を読む »

洋菓子店コアンドル - 福本次郎

キャラクター設定がユニーク(50点)



(C)2010『洋菓子店コアンドル』製作委員会

鈍感だが一生懸命、ドジなのに自信たっぷり、厭味を言われてもへこ
たれず、どんな時にもまっすぐにぶつかっていくヒロインは、つい応
援したくなるほどキュートだ。

彼女が一人前のパティシエとして成長
していく姿と、人生のどん底をさまよう伝説のパティシエが立ち直っ
ていく過程をシンクロさせる構成は、甘さの中にビターを利かせたチ
ョコムースのような絶妙な味わいを見せる。

彼らが作る“食べた人が
幸せになるスィーツ”は、鮮やかな色使いと柔らかな舌触りで再現さ
れ、見る者の心までとろけさせてくれる。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】