悲しみのミルク - 福本次郎

ペルーの人々が抱える内戦の傷跡といまだに残る先住民と白人の格差をさまざまメタファーで描く。(点数 60点)


(C) Courtesy of Wanda Vision

哀切な旋律に乗せて語られる壮絶な体験。恐怖は母の精神を切り苛み、
子宮にいた娘にまで伝染する。夢や希望を抱けなくなり感情を殺した
娘は老母の世話に明け暮れている。暴力の時代はとっくに終わった。
それでも消えない殺戮とレイプの記憶。彼女自身に起こったのではな
いが、繰り返し母に聞かされているうちにわが身の出来事のように刷
り込まれている。映画はそんな娘の姿を通じ、ペルーの人々が抱える
内戦の傷跡といまだに残る先住民と白人の格差をさまざまメタファー
で描く。

この映画の批評を読む »

婚前特急 - 福本次郎

願いが成就したのに、満ち足りていること自体に物足りなさを覚える彼の複雑な感情が妙に共感できた。(点数 60点)


(C) 2011『婚前特急』フィルム・パートナーズ

情熱的な恋でもなく、深く静かな愛でもない。ただ自らのスケジュー
ルを満たすために5人の男と付き合っているヒロイン。彼らは彼女にと
ってボーイフレンドではなくセックス付きのアクセサリー。そんな女
が“結婚”を真剣に考え始めた時、誰を選ぶのか? 美人を鼻にかけ
ていつも高飛車で自己チュー、それは心から人を愛した経験がない寂
しさの裏返しというひねくれたキャラクターを、吉高由里子がコミカ
ルに演じてその毒気と嫌味を消している。

この映画の批評を読む »

高校デビュー - 福本次郎

独特のハイテンションな世界観を最後まで維持し続けたこの映画のパワーに押されっ放しだった。(点数 70点)


(C) 2011『高校デビュー』製作委員会 (C) 河原和音 / 集英社

思いこんだら一直線、でも勘違いも甚だしい。中学時代は部活に明け
暮れ、高校では恋する乙女に変身すると決心した少女のモテ修行を描
く。なんといってもヒロインを演じた大野いとのぶっ飛んだキャラク
ターが大いに笑わせてくれる上、ベタなギャグに意表をついたボケ・
すかさず入れる鋭いツッコミなど脚本のセンスが抜群だ。カワイイ服
に身を包みオシャレなシチュエーションのデートに憧れる形から入る
スタイルは軽薄だが、相手を心から思うという恋愛の本質よりも「恋
をしている女」に見られたい願望を臆面もなく表に出す彼女のメンタ
リティがいかにも現代的な“肉食系女子”だ。

この映画の批評を読む »

わたしを離さないで - 福本次郎

わずかな希望すら許されないコピーたちの姿に、自由の大切さを再認識させられた。 (点数 60点)


(C)2010 Twentieth Century Fox

感情があり、他人を思いやる気持ちもあり、考えて行動する知能もあ
る。なのに体は自分のものではない。それでも彼らは誰かを助けるた
めだけの人生を粛々と受け入れる。もっと生きたいという本能を抑え
つけて。物語は臓器提供者として生まれ育てられた子供たちの日常を
丁寧に掬い取り、はたしてクローンにも魂があるのかと問いかける。
冷たく沈んだトーンの映像と哀切を帯びた音楽が、彼らの苦悩よりも
あきらめ、夢よりも先のない未来を象徴し、救いのない物悲しさが胸
を締め付ける。

この映画の批評を読む »

名前のない少年、脚のない少女 - 福本次郎

感覚は刺激しても決して感情や想像力にまで訴えてこなかった。(点数 40点)

凡庸と評されるのはクリエーターにとって屈辱以外のなにものでもな
い。だが、それを避けるためにあえて語らず解説せずただ茫洋とした
映像を投げ出すだけでは、誰も非凡とは認めないだろう。メタファー
が暗示する主人公のおかれた状況と象徴が明示する彼の心理状態は何
とか理解できるものの、恐ろしく断片的なシーンの連続はエピソード
として成立していないのだ。

この映画の批評を読む »

ザ・ファイター - 福本次郎

負け犬たちが放つ強烈な体臭を、躍動感あふれる映像が見事に再現していた。(点数 70点)


(C) 2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED.

育ててくれた恩もあるし、今も心配もしてくれる。それを理解してい
るし、感謝もしている。その上で、この人たちと一緒にいると自分は
一生羽ばたく機会に恵まれず終わることも分かっている。誰よりも濃
い絆で結ばれた兄、すべてをなげうって応援してくれる母。映画はや
っと才能が開花しようとした矢先に、家族という重荷に道を閉ざされ
そうになったボクサーの苦悩を描く。

この映画の批評を読む »

BADBOYS - 福本次郎

豊を中心にした構成にすれば、段野や石本といった登場人物のキャラクターも生きてきたはずだ。。。 (点数 40点)


(C) 2011田中プロダクション・少年画報社 / 「BADBOYS」製作委員会

己の拳がどれほど通用するのか試したい。そもそもケンカに明け暮れ
る悪ガキの動機は、誰が一番強いのか自分の目で見届けたいというも
のだろう。同じ思いを持つものが集まり、殴り合い、優劣をつける。
その過程で友情を築き、自己を磨き、挫折を乗り越え、度胸を据え、
男として成長していく。映画は、「思いきり暴れる」という彼らの欲
望をパワフルにとらえ、疾走感あふれる映像で若き情熱を表現する。

この映画の批評を読む »

ほしのふるまち - 福本次郎

彼らの揺れ動く心情を見事に表現していた。(点数 60点)


(C) 2011「ほしのふるまち」製作委員会

何になりたいのか、何だったらなれるのか。そろそろ進路を決めなけ
ればいけないのに、世界の広さを知れば知るほど己の無力を思い知る。
挫折感と焦燥感ばかりが募り、周囲の者がみな敵に見えてしまう。そ
んな少年の繊細な感情をハンディカメラが隅々まで覗き込み、ふがい
ない自分に対する怒りと諦観、そして希望と再生を丁寧に掬い取る。

この映画の批評を読む »

SP 革命編 - 福本次郎

屋外での移動が主だった「野望編」とは対照的に、閉鎖空間で繰り広げられる活劇は息が詰まる緊迫感に満ちている。(点数 40点)


(C)2010 「SP」 プロジェクトチーム

国会議事堂内で武器の携帯を認められているのはSPのみ。出入り業者
に対するチェックはおざなりで、書類の確認だけで簡単に爆発物も持
ち込める。セキュリティの杜撰さはそのままわが国の危機管理の甘さ
を皮肉っているかのようだ。映画は国会の警備の盲点を突いたテロリ
ストたちがごく短時間で内閣全員が出席する議会を支配下に収め、彼
らが唱える“革命”を国民に呼びかける姿を追う。屋外での移動が主
だった「野望編」とは対照的に、閉鎖空間で繰り広げられる活劇は息
が詰まる緊迫感に満ちている。

この映画の批評を読む »

塔の上のラプンツェル - 福本次郎

音楽で感情を表現し歌詞で夢を語る、まさにミュージカルの醍醐味というべき興奮を堪能させてくれる。(点数 70点)


(C) Disney Enterprises, Inc.

己の力で未来を選ぶ自由への憧れを歌い上げ、苦悩に満ちた現実から
逃れたい思いをメロディにのせ、生きている喜びと人生の希望をリズ
ムに刻む。ヒロインと青年が胸に浮かんだ言葉の数々を高らかに朗唱
したナンバーの数々は、耳によくなじみストレートにハートに届く。
映画は、幽閉された少女が青年に導かれる外界への冒険の旅のなか、
音楽で感情を表現し歌詞で夢を語る、まさにミュージカルの醍醐味と
いうべき興奮を堪能させてくれる。

この映画の批評を読む »

漫才ギャング - 福本次郎

映像から迸るエネルギーは2時間20分近い上映時間の長さを感じさせなかった。(点数 60点)


(C)2011「漫才ギャング」製作委員会

まるで早口のコントを見ているがごとき軽快なテンポで繰り広げられ
る若手芸人の物語には、お笑いの楽屋裏とほろ苦い青春が凝縮され、
映画自体が壮大な漫才の様相を呈している。偶然の出会いから人生を
変えようとする決意、夢に向かってチャレンジする情熱、暴力と挫折、
ささやかな恋。いささか強引な展開は、計算されたボケだけでなくな
にげなく放たれたボケに対しても瞬時にツッコむ反射神経が必要とさ
れるツッコミ役同様、観客のツッコミセンスを試しているのだ。

この映画の批評を読む »

ファンタスティックMR. FOX - 福本次郎

彼をヒーローに見せかけた短慮な男として描いているが、それでも家族への責任は全うさせているところに好感が持てる。(点数 50点)


(C)2010 Fox and its related entities. All Rights Reserved.

型にはまった日常よりも、思いのままに生きる方が人生は有意義。で
も、そんな振る舞いは何かを犠牲にしないと成り立たないし、スリル
は味わえても他人に迷惑をかけるから、おとなしく暮らしていたほう
がいいよという教訓にも感じられる。主人公のキツネはきちんとネク
タイを締めキメ台詞を吐く気障な男。彼が家畜を盗んで妻にとがめら
れると、それが“野生”だとわけのわからない言い訳をするアホらし
さに笑える。表情豊かな動物の人形が演じるキャラクターは非常に人
間臭くて憎めない。

この映画の批評を読む »

ランウェイ☆ビート - 福本次郎

高校生ならではの怖いもの知らずの突破力で道を切り開いていく過程がパワフルで楽しめた。(点数 50点)


(C) 2011「ランウェイ☆ビート」製作委員会

ファッション誌から抜け出したようなスカート男子、いつも涼しげな
目もとで誰にでも笑顔を向け、たちまちリーダー的存在になっていく。
高校生が仲間を集め、力を合わせて困難を乗り切り、目標に向かって
突っ走る。そういう物語のテーマはスポーツか音楽と相場は決まって
いたが、この作品では服飾を取り上げる。男子高校生が古い足踏み式
のミシンを器用に操る姿には新鮮な驚きがあった。

この映画の批評を読む »

トゥルー・グリット - 福本次郎

純粋に「正義」を執行できるのは自分や自分の身内が理不尽な目にあった者の復讐心だけという、正義の本質を見事についていた。(点数 80点)


(C)2010 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

時になだめ時に脅し好条件を勝ち取るタフな交渉力、おだてあげつつ
哀願しここぞというタイミングでカネをチラつかせる粘り強い説得力。
14歳のヒロインは並みの大人では太刀打ちできないほどの回転の速い
頭と、決してへこたれない強靭な精神力を持っている。そのまっすぐ
な視線が醸し出す真摯さと整った唇から飛び出す言葉の数々は彼女の
信念をうかがわせる。この少女を演じたヘイリー・スタインフェルド
の圧倒的な存在感が、むさくるしいオッサンばかりの西部劇の世界に
凛とした美しさをもたらしている。

この映画の批評を読む »

ホームカミング - 福本次郎

気軽に楽しめる敬老映画になっていた。(点数 50点)


(C) ホームカミング製作委員会

歳月と共に夢は色あせ、若者は去っていく。サラリーマン一生の目標
だった一戸建て住宅、ローン返済に懸命に働いてきたのに、やっと“
マイホーム”が生活の中心になると隣人の顔も知らない。そんな男の
困惑や驚きがコミカルに描かれる。住人の平均年齢が70歳に手が届こ
うとする、かつて「ニュータウン」と呼ばれた街、気がつくと家族以
外に知人がいないというご近所と無縁の彼が直面する現実がとても身
につまされる。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】